calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ヴィクトリアマイル 先取り展望

0

    NHKマイルC 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 7,10−総流し
    【びぜんや】単勝 12,17 複勝 12,17 枠連フォーメーション 1,8−3,5 馬連ボックス 1,2,3,7,11,17


    月見亭「胸のすくような大外一気! 府中に弾けた笑顔と末脚!」
    びぜんや「NHKマイルCを勝ったのはケイアイノーテック。道中は後方2番手で脚を溜め、直線で大外に持ち出すと、豪快な追い込みを決めてゴール直前差し切った」
    月見亭「テン乗りの藤岡佑介騎手はこれがG欺蘋覇。弟・藤岡康太騎手がG欺蘊〕を挙げたのと同じレースで、笑顔をはじけさせた」
    びぜんや「もともと後ろから来る馬ではあったけれど、前走は中団で巧く立ち回った馬を後方に下げるんだからやはりこれは大胆な騎乗。京都新聞杯でも人気薄を勝利に導いており、乗れてる騎手の思い切った騎乗に勝利の女神がほほ笑んだ」
    月見亭「ケイアイノーテックはこれまで重賞で差して届かずのレースが続いていたけれど、ここで大願成就。強い相手とぶつかってきた経験が実を結んだわね」
    びぜんや「ただ今回はハマり過ぎた感じもある。末脚に特化するのか、脚質に幅を加えるのか、今後どう経験を積んでいくのか注目したい」
    月見亭「2着は先に抜け出したギベオン」
    びぜんや「巧く立ち回ったかに見えたが、結果としては早く先頭に立ち過ぎたか。勝ちに行く競馬をしたが、勝ち馬の決め手が一枚上だった」
    月見亭「3着にはキミの◎レッドヴェイロンが突っ込んだ」
    びぜんや「後ろから外を回すのはレースプラン通りだっただろう。しかし勝ち馬の決め手が、2着馬の立ち回りがわずかに上だった。実績を考えれば健闘だけど、勝ち馬さと同タイムまで迫っただけに惜しい3着」
    月見亭「私の◎パクスアメリカーナは直線での不利もあって6着」
    びぜんや「大外を回せるだけの決め手がなく、ごちゃつくところで立ち回る形になったのは痛かった。もう一列前、ギベオンの位置でレース出来ていればあるいは……」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−▲−)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(×−◎)でハズレ、馬券はレッドヴェイロンの複勝が当たったけれども獲って損。11−17、151倍の馬連を持っていただけに悔しいアタマ差だった」
    月見亭「さて、来週も東京マイルを舞台のG機6力4歳牝馬を古馬が迎え撃つヴィクトリアマイル」

    びぜんや「中心不在の混戦メンバーだなぁ。G鞠錬菊、G毅加綰錬監のメンバーは春天よりも豪華だが」
    月見亭「まず名前を挙げるとしたらリスグラシューかしらね。阪神JF、桜花賞、秋華賞と2着で東京新聞杯を完勝。クラシック惜敗馬の活躍が目立つレース傾向とも合致する」
    びぜんや「アドマイヤリードの阪神牝馬S4着は、斤量差を考えれば勝ちに等しいと言えるもの。連覇への視界は良好だ」
    月見亭「ターコイズS、京都牝馬S、阪神牝馬Sと重賞3連勝中の赤丸急上昇馬がミスパンテール。ハンデG掘∧鳴蝪猫掘■猫兇半,辰道弔垢錬猫気里漾」
    びぜんや「高松宮記念ハナ差2着惜敗からここに臨むのは15年の桜花賞馬・レッツゴードンキ高速馬場を味方に3年ぶりのG汽織ぅ肇襪覆襪」
    月見亭「昨年のオークス馬ソウルスターリングも登録。天秋6着、ジャパンC7着の実績はここに入れば上位。怪物と称された実力を再び解き放つ」
    びぜんや「昨年の桜花賞馬レーヌミノルがマイルG毅仮〔椶鯀世ΑマイルCSでも見せ場を作って4着、持続力のある末脚は東京で威力を発揮する」
    月見亭「昨年のNHKマイルCを勝ったアエロリットは好メンバーの揃った中山記念で2着に入って力を示した。スムースに先行できればとにかくしぶとい」
    びぜんや「中山牝馬Sを逃げ切ったカワキタエンカはマイルへの距離短縮が課題となるか。ひとり旅に持ち込めればそうやすやすとは捕まらない」
    月見亭「去年のこのレース、11番人気で2着に突っ込んで波乱の立役者となったのがデンコウアンジュ。アルテミスSでのメジャーエンブレム喰いなど、東京マイルではよく走る」
    びぜんや「愛知杯の勝ち馬がエテルナミノル。ユートピアSを勝った実績もあって府中のマイルも心配ない」
    月見亭「ジュールポレールは去年のこのレースの3着馬。阪神牝馬Sをひと叩きして、去年以上の結果を狙う」
    びぜんや「東京マイルではおなじみの血統が、レッドヴェイロンの半姉・レッドアヴァンセ。阪神牝馬Sでは実績馬相手に結果を残し、一族悲願のG騎佑蠅膨む」
    月見亭「穴はローズSで実力馬をひと呑みにしたラビットランに、NHKマイルC2着馬・リエノテソーロ
    びぜんや「重賞実績豊富なクインズミラーグロはマイル2戦目で慣れが見込める。府中の直線でワントゥワンの大外一気が炸裂」
    月見亭「ちなみに京都ではダートのハンデ戦・栗東Sが」
    びぜんや「低調なメンバー構成で、ブラゾンドゥリスにチャンス到来」
    月見亭「叩き2走目のトラキチシャチョウに、距離短縮で新味が出たりしないかしら」


    予想成績:びぜんや2勝2敗3分
    月見亭 (−▲−)想定回収率 -16,230円・25.2%
    びぜんや(×−◎)想定回収率 -12,530円・42.3%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック