calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

NHKマイルC予想 byびぜんや

0

    ゴールデンウイーク後半は岩手に帰省。土曜夜遅くに松本に戻ってきて、そのままこの予想を書いています。
    いつもなら東北道を帰ってくるんですが、今回は目先を変えて全通した常磐道を通って松本まで。途中では南相馬鹿島SAに立ち寄ったんですが、ここは「相馬野馬追」で知られ(私の記憶が確かならホッコーパドゥシャが相馬にいたはず……)、山元トレセンも近い、競馬者にもなじみの深い土地。馬をテーマにした土産品も多く、なかなか目移りしてしまいました。


    さらにそこから南に走ると、そこは未だに福島第一原発事故の影響が残る土地。
    春だというのに人の手が全く入っていない田圃や、その側に積み上げられた、黒いビニールをかけられた大量の汚染土には胸が痛みました。

    同地は事故前には叔母夫婦が住んでいた地でもあり、これからどのように復興が進んでいくのか、長い期間がかかりそうですがしっかり関心を持って見て行きたいと思います。


    ◎はレッドヴェイロン

    前走・アーリントンCでは行き脚つかずに後方から外を回らされる厳しい展開。それでも直線では最速上がりをマークして鋭進。内を立ち回ったインディチャンプとの際どい3着争いを制して、この舞台に乗り込んできました。
    2走前の未勝利戦ではハナを切ってラストを最速34.2秒の上がりでまとめ、後続に5馬身差をつけて完封しており、要するに他馬に邪魔されずスムースに立ち回れれば最後は長くいい脚を使う、という特性がうかがえます。
    それだけに広い東京マイルは絶好の舞台。外枠を引いたのも馬群に包まれないという意味でプラスに出るはずです。
    初勝利は1800mで挙げていますからタフなコースにも対応可能ですし、逃げても追い込んでも競馬が出来、かつ4戦連続で最速上がりをマークしている堅実な末脚を持っているのは大きな武器。
    トライアル3着馬の逆襲に期待します。


    ○はカツジ
    前走・NZTでは立ち遅れて後方2番手からの競馬。
    それまでが先行策で実績を残してきた馬だけにこれは万事休すかと思いましたが、外を回って追い上げると、最後は内で粘るケイアイノーテックをアタマ差捉えてのトップゴール。脚質に幅を加えると同時に、G競ラスでは多少の不利も不利にならない、力の違いを示しました。
    今回は相手が強化されますが、G杵対馬は不在というレベルの低さですから、スタートさえ決めれば勝ち負けになるはず。切れる脚が使えるタイプではないだけに、小回りの中山より直線の長い東京の方が持ち味を生かせます。


    ▲はタワーオブロンドン
    重賞2勝、ここまで馬券を外しておらず、連を外したのも朝日杯フューチュリティS3着のみという無類の堅実派。
    始動戦となった前走・アーリントンCでも直線で狭くなるシーンもありながら、ライヴァルをあっさりひと呑みして着差以上の完勝劇を演じています。
    京王杯2歳Sでは上がり33.2秒の瞬発力勝負をものにし、クローバー賞ではレースの上がりが36.0秒という消耗戦で2着と、どんな展開でも着実に末脚を伸ばして勝ち負けに絡んでくる万能性は大きな武器。
    叩き2走目の上積みが期待でき、ダノンプレミアムのような強敵がいない今回、上位争いは必至です。


    △はテトラドラクマ
    東京では【2,1,0,0】と100%連対、他場では【0,0,0,2】で掲示板にも載れていないという極端な府中巧者です。
    前走・クイーンCでは3着馬に徹底マークされ、息の入らない逃げになりながらも、消耗戦を粘り通して重賞初勝利。東京マイルに不可欠なタフさを見せました。
    スタートの速さに裏付けされた先行力は、今の東京の馬場にぴったり。ロスなく立ち回れ、ポジションを取りやすい内枠を引いたのも追い風です。あえて桜花賞を見送ってここに賭けてきた本気度にも注目。

    3年連続での牝馬Vがあるとすればこの馬でしょう。


    ×は朝日杯は2着以下と僅差、シンザン記念は馬場、NZTは展開が敗因。巻き返し見込めるファストアプローチと、一線級と互角の戦いを続けてきた末脚自慢ケイアイノーテックを指名します。


    ◎17 レッドヴェイロン
    ○1 カツジ
    ▲7 タワーオブロンドン
    △3 テトラドラクマ
    ×2 ファストアプローチ
    ×11 ケイアイノーテック


    買い目は◎の単複と、シルシの6頭の馬連ボックス。×はパドック次第で変えるかもしれません。

     

    岩手競馬予想はお休みします。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    NHK・・パクスアメリカーナ 新潟・・ハクサンルドルフ
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/05/06 9:37 AM
    <NHKマイルカップ> ◎03テトラドラクマ 〇07タワーオブロンドン ▲16ミスターメロディ △11ケイアイノーテック 馬連 3‐7‐11‐16  BOX馬券 コメント: 2年年続で牝馬が勝っているレースなので 同じ東京のクイーンC
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/05/06 10:20 AM