calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

マイラーズC予想 byびぜんや

0

    ゴールデンウイークは岩手・水沢に帰省。
    弟夫婦に先月子どもが生まれたということで、お土産に競走馬のぬいぐるみを買って行って、英才教育を施すことにしました。
    問題は競走馬の選定。ドゥラメンテだシンハライトだ、ここはオジュウチョウサンだろう、いや実家の誰がぬいぐるみに大生け垣障害かくっついている意味わかるのよ、というような議論があった末、芦毛の個性派、ゴールドシップのぬいぐるみを買っていくことにしました。
    現役前期は私がラジオNIKKEI杯2歳Sや日本ダービーで軸にしていましたし、現役後半は月見亭が再三◎を打っていた馬。「週刊萌馬」からのプレゼントとしてはいいチョイスでしょう。
    ……ゴールドシップといえば、月見亭が10番人気・デニムアンドルビーとの2頭軸で勝負した宝塚記念で盛大に出遅れたりとか、私がためらいもなくバッサリ切った春の天皇賞を勝ったりとか、こてんぱんにやられた方の記憶が強かったりもするんですが。


    ◎9 モズアスコット
    デビューは3歳の6月と遅れ、ようやく3戦目で勝ちあがりましたが、そこからあれよあれよの4連勝。重賞初挑戦の阪神Cで1番人気というのはさすがに過大評価だった気がしますが、それでも外を回りながら0.2秒差の4着に入って見せました。
    前走・阪急杯は逃げたダイアナヘイローがまんまとペースを握る中、17番枠から終始外を回らされる厳しい競馬で2着。重賞初勝利近しを印象付けました。
    今回、休み明けの上位人気馬も多い中で、阪急杯をひと叩きしているのは大きなアドヴァンテージ。当然前走からの上積みが見込めます。
    マイルも守備範囲で距離延長は問題ありませんし、千四で培ったスピードは開幕週の馬場で生きてくるはず。脚質的に阪神内回りから京都外回りへのコース替わりも買い材料です。

     

    ○4 エアスピネル
    菊花賞で3着、ダービーでも4着と掲示板を外しておらず距離の融通の利く馬ですが、4勝すべてを挙げているのはマイル戦。ことに京都芝外回りの1600mではデイリー杯2歳Sと京都金杯を勝ち、昨年のマイラーズCとマイルCSで2着と、トップクラスのレースでパーフェクト連対をマークしています。
    となれば今回もここは上位争いは必至。開幕週の馬場に対応するスピードも、瞬発力勝負に対応できる切れ味も兼ね備えており、もちろんスタミナ勝負になっても問題なし。どんなレースでも勝ち負けに持ち込む懐の深さはライヴァルにないものです。


    ▲8 ロジクライ
    一昨年のシンザン記念ではジュエラー、レインボーライン、ファインニードルといった好メンバーを向こうに回してV。当然、クラシックでの活躍が期待されるところでしたが、骨折でリタイア。結局2年近くの休養を余儀なくされました。
    それでも復帰3戦目となった節分Sを逃げ切って、2年1か月ぶりの勝利を挙げると、続く前走・六甲Sでは澱みのない流れを3番手で追走し、残り1ハロンで抜け出すとあとは後続を突き放す一方。着差以上の楽勝で素質馬健在を示しました。
    今回は一気の相手強化とはなりますが、シンザン記念のメンバーを考えればここでも勝負になっておかしくありません。京都は【2,1,0,0】と得意にしていますし、脚質的に開幕週の馬場は合うはずで、甦ったダークホースの一撃なるか、注目です。


    △3 ベルキャニオン
    もともと共同通信杯でイスラボニータの2着に入っていた素質馬。
    前走・東京新聞杯はダービー以来3年8か月ぶりの重賞挑戦ということで13番人気の低評価。しかしレースでは外を回りながらもしっかりと伸び、リスグラシューから0.3秒差の7着。G宜チ馬が揃ったメンバーの中でも見劣りしない結果を残して、潜在能力の一端を示しました。
    左回りに良績が集中してはいますが、皐月賞でイスラボニータから0.5秒差、昨年の米子Sでもレコード決着の4着と右回りでも好走しており、京都へのコース替わりは問題ありません。
    いざとなったら逃げることも出来る先行力は、開幕週の京都で大きな武器になるはず。暖かくなると調子の上がってくる春男の一発に期待します。


    ×は阪神Cで◎に先着している5 サングレーザーと、京都金杯を勝った10 ブラックムーンを指名します。


    買い目は◎からの馬連流し。ヒモには開幕週の馬場が合う1 ヤングマンパワーを加えた6点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    マイラーズ・・エアスピネル フローラ・・ラブラブラブ
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/04/22 10:01 AM