calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞予想 byびぜんや

0

    先日の地元紙1面トップには、「カジノ入場料6000円」の見出しが。
    公営ギャンブルの存在しないアンチギャンブル県のオピニオンリーダー紙として、カジノ反対の論陣を張り、問題を提起すべく大きく扱ったようですが。
    しかし当日、全国紙では防衛省の日報問題などの方が大きく扱われていて、それと比べると地元紙は、「カジノ嫌い、カジノ反対」と言いつつカジノが気になって気になってしょうがないツンデレっ子みたいになっていたのがちょっと面白く感じられました。

    ……依存症対策という意味では、ウインズでも入場料を徴取するとか、ネット投票に年会費を設けるとかも一案かもしれませんねぇ……。


    ◎はレッドサクヤ

    5歳上の全姉・エバーブロッサムはデニムアンドルビーやアユサンに先着してオークス2着、10歳上の半姉・キュートエンブレムはメイショウベルーガの追撃を振り切ってフローラS3着、そして11歳年上の半姉・エイジアンウインズはヴィクトリアマイルであのウオッカを破る大金星。
    春の大レースで大物食いを演じてきた名物一家のお嬢様です。
    赤松賞では先に先頭に立って目標にされる形になりながら、マウレアから0.1秒差の4着。続く自己条件戦では外を伸びてインディチャンプから0.2秒差の2着。使える脚が一瞬で先頭に並ぶことは出来ても突き放すことが出来ず惜敗を続けていましたが、それでも常に重賞級のメンバーと互角の戦いを演じてきました。
    そして前走・エルフィンSでは待機策から大外を回って足を伸ばし、最後は内からしぶとく伸びるノーブルカリナンを抑えてV。体質が強化されて長くいい脚を使えるようになりました。
    賞金を加算できたことでここへはゆっくりとしたローテで臨むことが出来、調教でもさらなる上積みを感じさせる動きを披露。ヨーイドンの瞬発力勝負になれば厳しいですが、最内に入ったラッキーライラックが早めに動き、他の有力馬がそれに呼応して流れが速くなるようなら、この馬の出番が来るはず。
    桜の女神の名を持つ春の申し子が、桜の舞台に舞い降ります。


    ○はアーモンドアイ
    2戦1勝の成績を残し、初の関西遠征、そして重賞初挑戦となった前走・シンザン記念では、直線を向いてもまだ後方2番手という位置取り。
    先行してペースを握った2頭がそのままワンツーフィニッシュを決めようかという展開の中、一頭だけ桁違いの末脚で大外から追い込んで鮮やかに差し切り勝ち。今年の3歳重賞の中で、間違いなく衝撃度ナンバーワンの快勝劇でした。
    東京マイルの未勝利戦では上がり33.5秒という破壊力を発揮して後続を3馬身半突き放しており、シンザン記念では道中13秒台もあったスローペースも、渋った馬場もものともしない差し切り勝ち。一瞬の切れ味は世代屈指のものがあって、瞬発力勝負になりやすい阪神外回りは合いそうに思えます。
    ここまでも間隔を開けながら使われており、シンザン記念以来のぶっつけでも問題なし。坂のあるコースも多頭数のレースも東京で克服済みで、ここで一気に世代の勢力図を塗り替えても驚きません。


    ▲はラッキーライラック
    新馬戦、アルテミスS、阪神JF、チューリップ賞と危なげなく4連勝。無敗の桜花賞馬誕生への期待がいやがうえにも高まります。
    前走・チューリップ賞は阪神JFで2着、3着に敗れた馬がリヴェンジを狙って徹底マークしているのを受けて立ち、結局はここまで4戦で最大の着差となる2馬身差で返り討ちにする強い内容。コンスタントに33秒台を叩き出せる強靭な末脚が武器で、どんなレースも一瞬でひっくり返す決定力を持っています。
    今回は勝負付けの住んでいない強敵も出て来ますし、よりマークが厳しくなる中での1枠1番。ここをいかにしてマークをかいくぐり、馬群を捌いてくるのか、注目されます。


    △はリリーノーブル
    白菊賞を勝って中1週で臨んだ阪神JFでいきなり見せ場を作り、ラッキーライラックから3/4馬身差の2着に好走。積極的に勝ちに行ったというよりは、逃げ馬がだらしなくて早目に先頭に立たされて目標になった形で、展開ひとつで逆転もあったかと思わせる2着でした。
    今季の始動戦となった前走・チューリップ賞ではラッキーライラックをマークする位置から脚を伸ばしたものの、逆に突き放されての3着。末脚勝負では分が悪く、今回は先行策から持続力を生かす競馬をしてくるはず。桜花賞は時にレッツゴードンキやレーヌミノルのような持続型の先行馬が穴を開けており、人気を落としてきそうなこの馬にも警戒が必要と見ます。
    前走をひと叩きした上積みは当然見込めますし、血統的にも脚質的にも、土曜の雨の影響でライヴァルの切れ味が鈍る馬場になれば大歓迎。逆転の可能性も見えてきます。


    ×はアンコールプリュ
    前走・フィリーズレビューでは立ち遅れ、さらにカラ馬ら割って入られて、後方からの競馬を強いられる、いきなり最悪の展開。それでも直線ではあきらめずによく伸び、5頭による2着争いを制して連対確保。3連勝こそならなかったものの、桜花賞切符をしっかり手にしました。
    気性面などを考慮しこれまでは1400mを中心に使われていましたが、もともとはこの阪神マイルでデビューしており、距離延長にも不安なし。馬群に収めて脚を溜められる内枠はこの馬の脚質を考えればプラスに働くはずです。
    中京のつわぶき賞では33.5秒という豪快な上がりをマークしており、外回りへのコース替わりは吉と出そう。
    波乱の使者となるなら、この馬でしょう。


    もう1頭の×はトーセンブレス
    大勢逆転を狙うなら、常識にとらわれず、ライヴァルと違う戦略を選ぶことが大事。
    18頭の出走馬のうち11頭がマイル戦からのステップ、6頭が距離延長というメンバー構成の中、唯一の距離短縮ローテを選んだこの馬が気になります。
    始動戦となった前走・フラワーCはかつてダンスインザムードやシーザリオ、キストゥヘヴンやオウケンサクラが桜花賞へのステップに選んだいにしえの黄金ステップ。
    ここでトーセンブレスは久々の影響か初めてのコーナー4つのコースに戸惑ったか、発馬で後手を踏み、コーナーでももたつくシーンがありながら、外々を回って自慢の末脚を炸裂させて連対を確保。阪神JFでラッキーライラックと並ぶ最速上がりをマークした末脚の破壊力を改めて誇示しました。
    ひと叩きした上積みに加え、走り慣れたマイルに戻るのも買い要素。阪神JFの4着馬と同じ馬だと思って甘く見ると、痛い目に遭わされそうです。


    ◎5 レッドサクヤ
    ○13 アーモンドアイ
    ▲1 ラッキーライラック
    △9 リリーノーブル
    ×4 アンコールプリュ
    ×7 トーセンブレス


    買い目は◎の単複と、◎からの馬連流し。ヒモには赤松賞で◎に勝っている17 マウレアを加えた6点。さらに○−××のワイド2点を抑えます。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    軸はマウレア
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/04/08 1:19 PM
    <桜花賞> ◎01ラッキーライラック 〇13アーモンドアイ ▲09リリーノーブル △16フイニフティ 馬連 1>>>9、13、16 流し馬券 コメント: 本命は4連勝中のラッキーライラックです。 1枠からは勝ち馬が出ていないとかいろい
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/04/08 1:43 PM