calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞 先取り展望

0

    大阪杯 実際の買い目
    【月見亭】複勝 5,14 ワイド 5−14 三連複軸2頭流し 5,14−総流し
    【びぜんや】単勝 4,6,7,8 複勝 4,6,7,8 馬連フォーメーション 6,8−1,2,4,5,6,7,8,10,14,15 ワイドボックス 4,6,7,8 三連複 4−6−8

     

    月見亭「積極果敢に大胆不敵に、自ら動いて王座を奪取!」
    びぜんや「大阪杯を勝ったのはスワーヴリチャード。向正面から果敢にスパート、四角で先頭に並びかけるとそのまま威風堂々押し切った」
    月見亭「G気任呂覆なか見ない勝ち方だったわね。スローペースと見て向正面から上がっていった馬はいたけれど、スワーヴは上がっていくというより差し切ろうとするような勢いでハナまで行った。この辺の勝負勘はさすがミルコ・デムーロね」
    びぜんや「ルメール騎手も武豊騎手も不在の舞台で、千両役者の手綱さばきが光ったね。大外の不利を帳消しにし、直線でモタれる懸念も先頭で直線に向けば薄れる。やられてしまえばコロンブスの卵ではあったけれど」
    月見亭「5度目の挑戦で悲願のG祇覇。古馬になってさらに活躍が期待される」
    びぜんや「次はどこに向かうのかな? 成長力のあるハーツクライ産駒だけに、まだまだ上を目指せそうだ」
    月見亭「2着はペルシアンナイトが豪快に伸びてきた」
    びぜんや「こちらは距離に一抹の不安があるだけに、じっと脚を溜めて直線に賭ける競馬を選択。目論見通り最速上がりをマークして突っ込んできたが1頭強い馬がいたね」
    月見亭「3着はキミの◎アルアイン」
    びぜんや「前めのポジションで流れに乗り満を持して進出。堂々のレースぶりを見せたが、スワーヴリチャードとミルコが一枚上、さらに直線に賭けたペルシアンナイトに皐月賞のリヴェンジを果たされてしまった」
    月見亭「私の◎ダンビュライトは2番手で競馬をしたものの徐々に後退、6着」
    びぜんや「番手で流れに乗る選択は悪くなかったけれど、スワーヴリチャードにプランを壊されてしまったな。器用でタフだが地力に劣るだけに力押しで来られるとしんどかった」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○△)でハズレ、馬券はペルシアンナイトの複勝が当たっただけで獲って損」
    びぜんや「僕は(××◎)でハズレ、馬券はアルアインの複勝が掠っただけ。盛大に獲って損で、ま、配当は参加賞みたいなもんだ」
    月見亭「まぁ、当たっただけ良しとしよう。さて来週はいよいよクラシックの開幕戦、阪神マイルで桜花賞」

    びぜんや「今週の仁川の桜は見事だったなぁ。さて、来週まで残ってくれるかどうか」
    月見亭「ラッキーライラックが人気を集めることになりそうだね。阪神ジュベナイルフィリーズに続いてチューリップ賞も完勝し、デビューから無敗の4連勝。ここも無傷で通過するか」
    びぜんや「シンザン記念で直線一気、牡馬をあっさり一蹴して見せたのがアーモンドアイ。東の切れ者が、桜の舞台で勢力図を刷新する」
    月見亭「フィリーズレビューを勝って桜戦線に殴りこんできた新星がリバティハイツ。上がりのかかる展開ならここも一気に」
    びぜんや「3連勝でアネモネSを制し、桜切符をつかんだのがハーレムライン。重賞初登場、関西圏初登場の秘密兵器の走りに注目」
    月見亭「アユサンとの姉妹桜花賞制覇が期待されるのがマウレア。デビューからマイル戦ばかりを使われてきた、純粋培養のお嬢様」
    びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズ2着のリリーノーブルはチューリップ賞をひと叩きしてリヴェンジの舞台に挑む。どんな逆転の策を練って来るのか」
    月見亭「フェアリーSの勝ち馬がディープインパクト産駒のプリモシーン。キャリア3戦の新鋭が積極果敢に強豪に挑む」
    びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズ4着のトーセンブレスはフラワーC2着からの距離短縮ローテで阪神に帰ってくる。かつての黄金ローテが逆襲の呼び水となるか」
    月見亭「紅梅Sの勝ち馬・モルトアレグロも虎視眈々。1ハロンの延長をどうこなすか」
    びぜんや「僕のPOG指名馬・レッドサクヤエルフィンS勝ちの実績を引っ提げて参戦。右回りなら崩れないし、これが重賞初参戦でも楽しみは大きい」
    月見亭「フィリーズレビュー3着で桜切符をもぎ取ったのが私のPOG指名馬・デルニエオール。オルフェーヴルの全妹がクラシックの大舞台で黄金の輝きを放つ」
    びぜんや「シンザン記念でアーモンドアイに食らいついたのがツヅミモン。母・カタマチボタンは桜花賞でダイワスカーレット、ウオッカに続く3着。その母を越えることが出来るか」
    月見亭「新潟2歳S、ファンタジーSと2着に入っている実力者・コーディエライト復活にも期待」
    びぜんや「穴は展開の鍵を握りそうな2頭、ラブカンプーサヤカチャン
    月見亭「クイーンC2着のフィニフティに未知の魅力。スカーレットカラーはチューリップ賞を叩いて前進」
    びぜんや「ちなみに中山メインは芝6ハロンのハンデ戦、春雷S」
    月見亭「前走はダートで度外視、タイセイスターリーに注目。御年12歳のステイヤー、サイモントルナーレ先生が登録しているけれどもこれは果たして……?」
    びぜんや「ここは中山巧者・ペイシャフェリシタの名前を挙げておこう」


    予想成績:月見亭1勝1分
    月見亭 (−○△)想定回収率 -4,510円・27.3%
    びぜんや(××◎)想定回収率 -6,200円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック