calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

スプリングS 先取り展望

0

    金鯱賞 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 5,7−総流し
    【びぜんや】三連単フォーメーション 1,9→1,9→3,5,7


    月見亭「威風堂々前哨戦を制し、戴冠目指していざ西へ!」
    びぜんや「金鯱賞を制したのは僕の◎スワーヴリチャード。好位でレースを進め、粘るサトノノブレスをきっちり差し切って格の違いを示した」
    月見亭「まずは1.6倍の一番人気に相応しい横綱相撲で前哨戦をクリア。本番では右回りだけが課題になるって感じね」
    びぜんや「馬体面ではもうひと絞り出来そうだから。やっぱり問題はそこだね。本番まで中2週でどう対策してくるのか、見ものだ」
    月見亭「2着には逃げたサトノノブレスが粘った」
    びぜんや「ブービー人気に甘んじていたけれど、このレースでは好走歴多数のヴェテラン。甘く見てはいけなかったね。展開を味方につけあわやのシーンを作った」
    月見亭「3着には私の◎サトノダイヤモンドが最速上がりで突っ込んだ」
    びぜんや「エンジンのかかりは遅かったが、それでも4着以下には2馬身半差をつけたんだから流石。今回がベストの状態でなかったのは戦前から明白で、次は大きな上積みが期待できる」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−◎)でハズレ、馬券も同じく。サトノ丼を狙えばよかったのか……」
    びぜんや「僕は(◎−△)で単勝的中も、馬券の方はハズレ。典型的な“アタマ堅くてヒモ荒れる”ってレースだったな」
    月見亭「さて、来週は中山でスプリングS、阪神で阪神大賞典」
    びぜんや「いよいよ皐月賞のトライアルに、春天の前哨戦と、G競掘璽坤鵑燭韻覆錣世覆 ここはスプリングSにしようか」

    月見亭「中心は朝日杯フューチュリティSの2着馬・ステルヴィオ。ここ2戦はダノンプレミアムの後塵を拝し続けているけれど、強敵不在のここを勝って本番に弾みをつけたい」
    びぜんや「長休明け、デビュー2戦目の共同通信杯でいきなり2着に入ってみせたのがサトノソルタス上積みの期待できるここは初タイトル獲得のチャンスだ」
    月見亭「モーリスの全弟という注目の良血ルーカス。実績のある距離に戻ってその才能を証明したい」

    びぜんや「ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリンはセントポーリア賞で抜群の切れ味を発揮してここへコマを進めてきた。ここを勝って偉大な北海道の先達、コスモバルクの足跡を追う」
    月見亭「同舞台の若竹賞を制したのがレノヴァール。コース相性を武器に実績馬に立ち向かう」
    びぜんや「出世レースの百日草特別を勝ったのがゴーフォザサミット。共同通信杯をひと叩きし、ここで本気の権利獲り」
    月見亭「あすなろ賞で圧巻の逃げ切りを演じたのがエポカドーロ。ここは直線の坂が鍵になるけれど、脚質的に小回りを味方にできそう」
    びぜんや「重賞3戦すべてで掲示板に載っている堅実派がカフジバンガード豊富な経験を武器に上位進出を目指す」
    月見亭「穴は京成杯4着のライトカラカゼに、アイビーSの勝ち馬・コスモイグナーツ
    びぜんや「初芝のすみれSで3着に入ったビッグスモーキーはひと叩きした上積みも見込める。初勝利を挙げた勢いでバールドバイの台頭もあるか」
    月見亭「阪神大賞典は京都記念を勝ったクリンチャーに注目」
    びぜんや「ステイヤーズSを3連覇した当代きっての長距離砲・アルバートが阪神に初登場で果たして」


    予想成績:びぜんや4勝2敗4分
    月見亭 (▲−◎)想定回収率 -25,700円・6.2%
    びぜんや(◎−△)単勝的中! 想定回収率 +34,600円・227.7%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック