calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

弥生賞 先取り展望

0

    中山記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 1,4 三連複軸2頭流し 3,4−総流し
    【びぜんや】単勝 1,3 複勝 1 馬連流し 10−1,2,3,4,5,6,7 ワイドボックス 1,3,10 三連複 3−4−10


    月見亭「中山の急坂を上った先に、輝く未来が見えてきた!」
    びぜんや「中山記念を勝ったのはウインブライト。マルターズアポジーとアエロリットが大逃げする展開を、中団を先導する位置から追走。馬群が詰まった直線入り口で鋭く前を捉え、そのまま差し切った」
    月見亭「3番手以降で進めた馬が後方に沈む展開の中、1頭だけ違った脚色で差し切った。福島記念、中山金杯と続いた好調がここでも持続したわね」
    びぜんや「前2走がハンデ戦だったので軽視したが、さすが強力世代のトライアル勝ち馬というところを見せたね。使われた強みもあったかな」
    月見亭「このまま大阪杯に進むなら、阪神内回りでの立ち回りに注目だね」
    びぜんや「一瞬の脚が使えるし、マイル路線でのパフォーマンスを見てみたい気もするけどね」
    月見亭「2着にはキミの◎アエロリットが入った」
    びぜんや「直線でマルターズアポジーに突き放されたところからそのまま沈むかに思われたけれども、よく盛り返した。休み明けとしては上々の内容で、これは大きな2着」
    月見亭「大逃げを打ったマルターズアポジーが粘って3着」
    びぜんや「G気任和りないけれど、気持ちよく行かせればG兇任睇遒譴覆い海箸鮗┐靴燭諭O劇屬兵禿珍欝骸蠅箸眤が合ったようだ」
    月見亭「私の◎ペルシアンナイトはスタートで後手を踏み、最後は大外から追い上げたものの5着」
    びぜんや「中山記念で一番やっちゃいけない競馬をやってしまったなぁ。マイネルハニーが先行勢に絡んで、前を潰してくれればまた違ったんだろうけど、そのマイネルハニーも出遅れてた……」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(−◎−)でハズレ。馬券は人気過剰と思いつつ一応ウインブライトを抑えといて正解だったよ。馬連が的中だ」
    月見亭「さて来週からはクラシックのトライアルがスタート。日曜中山メインは皐月賞トライアル・弥生賞」

    びぜんや「中心は朝日杯フューチュリティSで破格の末脚を披露して圧勝したダノンプレミアムだ。果たして中山芝2000mで同じ切れ味を発揮できるか」
    月見亭「3連勝で東スポ杯2歳Sを制したワグネリアンが強敵。勝つごとに、相手が強くなるごとに着差を広げる成長力は驚異。距離経験があるのも強みだね」
    びぜんや「京都2歳Sを勝ち、G気望些覆靴織曄璽廛侫襭咾韮加紊貌ったのがジャンダルム。皐月賞という高みを制するために、まずはこの前衛峰を突破したい」
    月見亭「シクラメン賞で圧巻のレコード勝ちを収めたのがオブセッション。未知の魅力を秘めたディープインパクト産駒が、いよいよ重賞舞台でヴェールを脱ぐ」
    びぜんや「弥生賞と同舞台の芙蓉Sを勝っているのがサンリヴァル。小回り向きの先行力を生かして、皐月賞切符をもぎ取りに行く」
    月見亭「セントポーリア賞2着からの登録はリビーリング。順調に使われてきた強みで、休み明けの実績の足許をすくう」
    びぜんや「4戦目で勝ち上がった叩き上げトラストケンシンはその勢いをここに繋げられるか」
    月見亭「さて、ここから先は“穴馬枠”なわけだけど」
    びぜんや「残る4頭は芝で未勝利なんだよなぁ。実績上位のメンツが濃いのと、皐月賞のステップが多彩になったことで回避馬が続出したっぽい」
    月見亭「まぁ、それでも何が起こるかわからないのが競馬だし」
    びぜんや「3番人気のマツリダゴッホが躓いて落馬し、そのあおりを食って後続の有力馬が軒並み不利を受け、芝未勝利の12番人気・トーセンシャナオーが勝ったセントライト記念なんてのもあったが……。それ、予測出来んだろ?」
    月見亭「それでもダートで新馬勝ちした1戦1勝馬のアサクサスポットは可能性がゼロじゃなさそう。血統的には芝をこなしても不思議じゃないし」
    びぜんや「しかしヒヤシンスS11着のニシノトランザムは、芝スタートで置いてかれてたしなぁ……」
    月見亭「芝で2戦2敗、川崎でようやく勝ち上がったアラウンも厳しいよねぇ。というか、ホントに出てくるのかな?」
    びぜんや「究極の大穴候補はヘヴィータンクだ。なんせ未出走。未知の魅力にあふれているというか、未知そのものでしかない!」
    月見亭「未出走馬も出られるのね、弥生賞」
    びぜんや「確かのちにアルゼンチン共和国杯で3着に入るジュネーブシンボリが、青葉賞でデビューして4着というのがあったはずだ。トライアルは未出走でも出られるんだね」
    月見亭「トライアルって意外と何でもありなのね」
    びぜんや「ちなみに阪神のメインはオープンの大阪城S。ここは叩き2走目のプラチナムバレットに期待だ」
    月見亭「アストラエンブレムはここを勝って弾みをつけたいところ。グァンチャーレにトラスト、バンドワゴンとなかなかいいメンバーが揃ったね」


    予想成績:びぜんや3勝2敗3分
    月見亭 (−×−)想定回収率 -21,600円・6.1%
    びぜんや(−◎−)想定回収率 +38,240円・266.3%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック