calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

京都記念予想 byびぜんや

0

    明日は今年最初の現地観戦で、東京競馬場に行ってきます。……今夜は雪予報なのがちょっと心配ですが。
    いつの間にか皐月賞の有力ステップとなっている共同通信杯を生観戦するのはこれが初めてで、楽しみです。
    府中を主戦場にするようになって10年が経ち、もう生観戦していない重賞なんて殆ど残ってないだろうな……と思って数えてみたら、フェブラリーS、天皇賞・秋を筆頭にまだ10以上のレースが残っていました。秋は毎年毎日王冠ばかり見てるので、他のレースをあまり見てなかったのですね……。
    さて、東京競馬場の重賞生観戦、コンプリートするのはいつになることやら。


    ◎10 アルアイン
    昨年の皐月賞馬がここから始動します。
    その皐月賞は荒れた馬場でごちゃついた展開となり、4コーナーでは躓いて手応えが怪しくなるシーンもありながら、しぶとく伸びてV。この渋太さ、勝負根性はハイレベルな今回のようなレースでこそ生きてくるはずです。
    京都は新馬戦を勝ったあと2連敗していますが、シンザン記念6着は勝負どころで致命的な不利を受けたものであり、菊花賞7着は距離と極悪馬場が敗因。良馬場でスムースなレースが出来れば崩れることはないはずです。むしろ毎日杯、皐月賞と立て続けに好時計を出して見せたように、豊富なスピードと息の長い末脚が持ち味なだけに、京都の外回りは合うはず。このコースなら2200mもこなせるでしょう。
    使い込むよりフレッシュな状態の時の方が力を発揮できるタイプですし、ケイコではパワーアップ&ヴォリュームアップした姿を披露。ここは皐月賞馬の底力に期待します。


    ○6 レイデオロ
    昨年は日本ダービーを制し、ジャパンCではキタサンブラックに先着して2着。古馬となった今年は日本のエースとしてドバイに乗り込むべく、ここから始動します。
    京都芝2200mは東京芝2400mとまったく違ったキャラクターのコースであり、ダービー馬と京都記念の双方を制した馬は戦後まもなくのマツミドリ以降長く不在。マカヒキもキズナもウオッカもここでは苦杯を喫している……というのは気になるデータですが、レイデオロの場合は小回りの中山を得意とし、ダービーでは早目に先頭を窺う奇襲戦法を敢行して勝利するなど自在性も兼備していますから、途中に坂のある京都の外回りもこなせそう。
    古馬との戦いを経験しているのも強みで、アルアインにとってはやはり手ごわい宿敵です。


    ▲7 クロコスミア
    京都外回りは逃げ・先行馬が波乱を演出してきたコース。昨年の女王杯で9番人気の低評価ながら早め先頭から粘り込み、あわやのシーンを演出して2着に入ったこの馬が再び波乱を呼びそうです。
    今回は内に入ったプリメラアスールが逃げそうですが、それなら控えて番手からでもレースが出来るので問題なし。時計のかかる馬場は得意ですから、今の京都はマッチしそうです。
    ローズSでシンハライトの2着に入った実績があり、昨年は府中牝馬Sでヴィブロス、アドマイヤリードを抑えて逃げ切るなど潜在能力はG亀蕁若い頃にあったムラっ気も昨夏あたりから影を潜めており、ここも好勝負出来そうです。
    このメンバー相手でも54キロで走れるなら好勝負になるはず。自分の形に持ち込めれば、そう簡単には崩れません。


    △5 モズカッチャン
    昨年は桜花賞こそ出走できませんでしたが、オークス2着、秋華賞3着、そして女王杯勝ちとG祇鐇で常に上位を争ってきた実力者。牡馬の一線級相手となるここでも勝ち負けが期待できます。
    新馬戦で6着、ローズSで7着と、馬券圏内を外した2回はともに使い出しのレースだっただけに、3か月ぶりとなる今回はどうかというところですが、前掲の2回はコーナーふたつのレースで、しかも阪神。コーナー4つのコースでは【3,1,1,0】、京都では【1,0,2,0】と安定した成績を残していますから、今度は勝負になっても不思議ありません。
    メンバーとコース形態を考えれば、この馬の苦手な瞬発力勝負になる可能性は低そうで、牡馬相手でも一発の期待は十分に持てます。


    ×は京都はパーフェクト連対、2200メートルにも自信のある4 クリンチャーを指名します。


    買い目は◎○→◎○→▲△×の三連単フォーメーション6点と、◎→▲△×の馬単マルチ6点。


    ■ おまけ ■ 共同通信杯予想
    ◎9 ステイフーリッシュ/前走の末脚に見どころ。コース替わりはプラス。
    ○12 グレイル/前走で素質と勝負根性を示した。ここも期待大。
    ▲1 サトノソルタス/未知の魅力に名手の手綱。
    △2 カフジバンガード/豊富な重賞経験が武器。左回りなら崩れない。
    ×6 オウケンムーン/叩き2走目で上積み十分。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    共同・・グレイル 京都・・クリンチャー
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/02/11 8:11 AM