calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

シルクロードS 先取り展望

0

    アメリカJCC 実際の買い目
    【月見亭】複勝 7 三連複軸2頭流し 3,7総流し
    【びぜんや】単勝 11 複勝 11 馬連流し 11−1,3,5,7 5−7 三連複 5−7−11


    月見亭「秘めた力がついに覚醒! 輝き始めた才能の結晶! アメリカJCCを制したのは私の◎ダンビュライト!」
    びぜんや「マイネルミラノが澱みないラップで逃げるのをただ1頭追走。直線でそれを仕留めると、そのまま2馬身差をつけて押し切った」
    月見亭「3歳クラシック路線では善戦どまりだったけれど、ここにきて2連勝。勝ち癖がついて、今年の飛躍も期待できそう」
    びぜんや「マイネルミラノが後続に脚を使わせる逃げを打ったのに対し、力でねじ伏せに行ったんだから強い勝ち方。次は大阪杯らしいが、好走を期待してよさそうだ」
    月見亭「2着に後方からミッキースワローが追い込んだ」
    びぜんや「長くいい脚を使って見せたが、2着まで。得意の瞬発力勝負にならなくても連に絡んで見せたのは地力の証明だが、勝ち馬に比べると経験の浅さが見えたかな」
    月見亭「3着にマイネルミラノが逃げ粘り」
    びぜんや「後続の不甲斐なさに助けられた部分は否めないが、レースを引き締めるいい逃げを打った。8歳の今年も楽しみだ」
    月見亭「キミの◎トーセンビクトリーは後方から脚を伸ばしたものの5着まで」
    びぜんや「大外枠だったにしても、前につけられなかったなぁ。有馬記念のダメージも残っていたか」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎○−)で単勝・馬連的中、馬券は総流しで人気薄のマイネルミラノも拾っていて三連複的中。なかなかの好配当だったよ」
    びぜんや「僕は(▲×−)でハズレ、馬券も同様でした」
    月見亭「さて、来週は京都がシルクロードS、東は早くも東京開催が始まって根岸S」
    びぜんや「迷うところだけれど、シルクロードSかねぇ」

    月見亭「実績最上位は去年の高松宮記念勝ち馬・セイウンコウセイ。重賞初出走で初連対を果たしたこのレースで、復活のきっかけを掴みたい」
    びぜんや「セントウルSの勝ち馬・ファインニードルが始動。ここをしっかりものにして、春のビッグタイトルに繋げたい」
    月見亭「カーバンクルSを連覇したナックビーナスも登録。惜敗続きにピリオドを打って、今度は連勝街道だ!」
    びぜんや「北九州記念の勝ち馬・ダイアナヘイローは京都で7戦して一度も馬券圏内を外していない。鉄砲実績もあって、いきなりから」
    月見亭「コイウタの仔、ミッキーラブソングはタンザナイトSでひと波乱起こしてここへ。金杯3着の良血馬がここにきて復活気配」
    びぜんや「キングハートは京都【2,1,1,1】のコース巧者。使い詰めのオパールSでは苦杯を喫したけれど、リフレッシュなったここで復活だ」
    月見亭「明け8歳のヴェテラン・ラインミーティアはアイビスSDを制した快速自慢。伏兵視は禁物な老雄
    びぜんや「ロードクエストは初の6ハロン戦となったカーバンクルSで3着と結果を出した。距離慣れが見込める今回はさらに前進」
    月見亭「去年3着、一昨年4着のセカンドテーブルが3年連続の参戦で闘志を燃やす。過去2年は人気薄を覆しての激走、当然今年も」
    びぜんや「かつての桜花賞3着馬・アットザシーサイドも登録。時計のかかる馬場も合うし、潜在能力を解き放つのは今」
    月見亭「フィリーズレビューの勝者・カラクレナイは京都金杯僅差6着で存在感を見せた。初めての電撃戦で、鮮やかな末脚が甦れば」
    びぜんや「ディバインコードが11走して、馬券を外したのはNHKマイルCの1度だけ。無類の堅実派だけに初の6ハロン戦でも軽視できない」
    月見亭「重賞2勝のアクティブミノルが、淀短距離Sで復活の狼煙を挙げた。セントウルSを10番人気で逃げ切り、高松宮記念では16番人気で4位まで追い上げた風雲児」
    びぜんや「ディープインパクト産駒のアレスバローズは、南総Sを勝ってオープン入り。重賞初挑戦でどんな走りを見せるか、注目だ」
    月見亭「穴は道悪巧者のフミノムーンに、平坦コースに戻ってタマモブリリアン
    びぜんや「なんと明け10歳で重賞初挑戦となるのがユキノアイオロススマートカルロスは前走でクラスに目処。ここはハンデも軽くなりそうだ」
    月見亭「一方、東京開幕週に組まれているのが根岸S。ここは連覇を狙うカフジテイクと、実績馬ベストウォーリアの戦い」
    びぜんや「岩手から参戦のラブバレットは、昨年のこのレースでも見せ場を作っている。交流重賞でも再三好走しているし、差はないぞ」
    月見亭「ノンコノユメもそろそろ復活してくれないかな」


    予想成績:1勝1敗1分
    月見亭 (◎○−)単勝・馬連的中! 想定回収率 -7,850円・9.8%
    びぜんや(▲×−)想定回収率 -5,470円・37.1%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック