calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

アメリカJCC予想 byびぜんや

0

    野菜、とくに葉菜類が値上がりしていますねぇ。

    まぁ、毎年のことと言えば毎年のことですし、テレビで見る東京のスーパーの野菜のお値段よりははるかに常識にかかってる感じではあるのですが、信州は夏の終わりとかになるとびっくりするくらい野菜が値崩れすることもあったりするので、やはりダメージは大きいのです。

    ほうれん草1把とキャベツひと玉と白菜ひと株買ったら、馬券で軽くひと勝負できるじゃん……。

     

    ◎11 トーセンビクトリー
    前走・有馬記念では逃げ込みを図るキタサンブラックに外から迫って一瞬見せ場を作るシーン。最後は不利もあり14着まで後退しましたが、中山牝馬Sを制したコース巧者の片鱗は見せました。
    良績がコーナー4つのコースに集中しているだけに、2200mへの距離短縮は大きなプラス材料。切れる脚がないだけに、ゆったりとしていて粘り強さを生かせる中山外回りは合っていそうです。
    前週には牝馬同士の愛知杯があったにもかかわらずここを選んできたのは、男馬相手でも中山ならば勝負になるという自信の表れでしょう。
    コーナーふたつの府中牝馬Sでも、G気離┘螢競戰構王杯でも大きく負けてはおらず、牡馬相手でもこの条件なら、好戦必至と見ます。


    ○5 ゴールドアクター
    15年のグランプリウィナーが登場です。
    オールカマーで始動のはずが復帰に手間取り、結局有馬記念もスキップしてここから始動という経緯、しかも次の目標が先にあるはず……と考えシルシはひとつ落としましたが、中山芝2200mは一昨年のオールカマーを勝つなど【2,1,0,0】と得意にしていますし、休み明けのフレッシュな状態の時の方が結果を残せるタイプ。そしてなにより前走・宝塚記念2着で健在ぶりを示しているとなればこれ以上評価を落とすこともできません。


    ▲7 ダンビュライト
    昨年は牡馬クラシック三冠レースを皆勤し、皐月賞では12番人気の低評価を覆してアルアインから0.1秒差の3着、ダービーではレイデオロから0.4秒差の6着、極悪馬場の菊花賞でもキセキから0.8秒差の5着と、常に上位を争って見せました。
    前走・サンタクロースSでは菊花賞の反動を見せることもなく、好位から押し切る盤石の横綱相撲で勝利。「最強の1勝馬」の名を返上して、ここに乗り込んできました。
    トップクラスを戦い抜いた経験値の高さと、コースも距離も馬場状態も問わない万能性は大きな武器。
    古馬の一線級とはこれが初対戦となりますが、ここも易々と突破しそうな器です。


    △1 レジェンドセラー
    デビュー2戦目から8戦連続で1番人気に支持されるなど、その素質が期待されていましたがなかなか勝ち切れず、クラシックとは無縁。昨年の今頃は500万条件で辛酸をなめていました。
    しかし夏の函館で2勝目を挙げると、札幌での4着を挟み、京都で3勝目。
    準オープンへの昇級初戦にはシュヴァルグランやビートブラックを輩出した西の登竜門・オリオンSを選びましたが、ここでは中団後方から長くいい脚を使って3頭による接戦を制してV。昇竜の勢いでオープンまで駆け上がりました。
    重賞初挑戦がG兇箸いΔ里漏擇任呂△蠅泙擦鵑、目下の勢いはやはり魅力。極端な上がり勝負は向かないタイプだけに、ロングスパートを決めやすい中山の外回りは合いそうです。11頭立てのレースでは3戦3勝というのも面白いデータで、3連勝でのタイトル獲得も十分ありそうです。


    ×はセントライト記念でアルアインを一蹴したコース巧者・3 ミッキースワローを指名します。


    買い目は◎からの馬連流し、○▲のタテ目も抑えた計5点で。

     

    ■ おまけ ■ 東海S予想

    ◎9 ディアデルレイ/前走は競りかけられる厳しい展開から快勝。充実期に入りここでも。
    ○8 テイエムジンソク/前走で潜在能力開花。厳しいマークをかいくぐれるか。
    ▲10 オールマンリバー/勝ち味に遅いが相手なりに堅実、ここでも上位有望。
    △12 ドラゴンバローズ/急流からの底力比べは歓迎。中京得意な「萌える男」。

    ×14 ゴールデンバローズ/前走は長休明けで度外視。見限れない素質馬。
    ×4 サルサディオーネ/レパードSで波乱呼んだサウスポー。好枠から自分の形なら。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <アメリカジョッキークラブカップ> ◎03ミッキースワロー 〇07ダンビュライト ▲05ゴールドアクター △01レジェンドセラー 馬連 1‐3‐5‐7 BOX馬券 コメント: 厳冬期の別定戦でいつも10頭前後少頭数になるので 人気通り
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/01/21 7:50 AM
    JCC・・ゴールドアクター 東海S・・ゴールデンバローズ
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/01/21 9:27 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は AJCCを予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/01/21 11:18 AM
    2017年は有馬記念を本命対抗で的中させて締めくくることが出来たので、2018年最初の予想記事も何とか的中させて好スタートを切りたいところ。 AJCCの本命は4歳馬◎ミッキースワロー。中山芝2200mは2戦2勝と好成績。 対抗は武豊騎手と新コンビを組む○ゴールドアク
    • My Sweet KEIBA
    • 2018/01/21 5:33 PM