calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

フェアリーS 先取り展望

0

    ホープフルS 実際の買い目
    【月見亭】単勝 1 複勝 1 三連複軸2頭流し 1,10−総流し
    【びぜんや】馬連流し 15−5,7,9,10,11,12,13


    月見亭「夢は時空を超えて春の中山へ、そして府中へ! 飛躍を確信させた魅惑の末脚!」
    びぜんや「新設G機Ε曄璽廛侫襭咾僚藺絏者となったのはタイムフライヤー。後方待機で脚を溜めて直進で鋭進。食い下がるジャンダルムを振り切って人気に応えた」
    月見亭「小回り中山にもかかわらず、道中は実質最後方での待機策。それで差し切るんだから切れ味は相当」
    びぜんや「豪快な競馬で、これは人気が出そうだね〜。勝負根性も非凡で、これはクラシックを完全に視野に入れたと言えるだろう」
    月見亭「朝日杯を勝ったダノンプレミアムとどっちが最優秀2歳牡馬になるかも注目点」
    びぜんや「僕なら朝日杯の着差と時計に注目してダノンに1票を投じるかな。でもクラシックへの期待値は、中山で後方からライヴァルをねじ伏せたタイムフライヤーの方が高い」
    月見亭「2着はキミの◎ジャンダルム」
    びぜんや「中団待機から長くいい脚を使って距離不安を払拭した。勝ち馬に食らいつく根性も見せたし、乗り方ひとつで逆転可能と見るよ」
    月見亭「3着は最後、豪快に大外を伸びてステイフーリッシュ」
    びぜんや「デビュー戦で見せた非凡な末脚がここでも発揮されたが、エンジンがかかるのが遅すぎた。競馬を覚えてくればさらに怖い存在になりそうだ」
    月見亭「私の◎リュヌルージュはインで脚を溜めたものの伸びず11着」
    びぜんや「勝負どころで置いて行かれ、最後は外に出して伸びたけれども届かず。ちぐはぐな競馬になったし、ここは家賃も高かったかな」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(△×−)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(○◎▲)で馬連・三連単が的中、馬券は馬連が的中。なんとか有終の美を飾ることが出来たけど……馬連よりワイドの方が配当ついたな」
    月見亭「さて、これで2017年秋の予想バトルが終了」
    びぜんや「今季は5勝2敗で僕の勝利。夏の13戦全敗からよく盛り返したよ。ただ◎が勝ったのは1戦だけというのはいただけないな」
    月見亭「最後は穴をねらいすぎて失敗した気もするわ」
    びぜんや「さて、例年なら1月5日の金杯から年始の競馬がスタートするわけだが」
    月見亭「今年は1月6日の東西金杯から3日間開催。ウチは通常営業で日曜の重賞を展望しよう」
    びぜんや「中山のフェアリーSだな」

    月見亭「メンバー中唯一のオープン馬がアルテミスSを逃げて2着に入ったサヤカチャン。小回りの中山ならその逃げ脚の魅力が倍増」
    びぜんや「僕がPOGで指名したオハナも登録。祖母がノースフライトという快速血統で、コース替わりも不安なし」
    月見亭「私が某POGで指名しているライレローズも登録。未勝利戦を押し切った先行力は、小回りの中山で生きてきそう」
    びぜんや「ジーナスイートは父・ステイゴールド、母はメジロマックイーン産駒の重賞2勝馬・ディアジーナという黄金配合。ここが母の夢をたどる出発点になる」
    月見亭「新馬戦で3着以降に6馬身差をつけたのがレッドベルローズ。ここも勝って大器の相を示せるか」
    びぜんや「トロワゼトワルは休み明けのアルテミスSでラッキーライラックの4着。叩いた上積みが見込めるし、相手も手頃になって期待が高まる」
    月見亭「スカーレットカラーは白菊賞でリリーノーブルの2着。実質500万クラスのメンバー相手なら格上と言える実力者」
    びぜんや「プリモシーン豪快な末脚で未勝利戦を突破。溜めれば切れるディープインパクト産駒がこの舞台でどんな走りを見せるか」
    月見亭「穴は中山マイルの新馬戦を勝ってここに直行デュッセルドルフと、カンナS4着の戦歴があるシスル
    びぜんや「マイル経験豊かなグランドピルエットに、時計のかかる馬場が合いそうなジョブックコメン
    月見亭「同日の京都メインは新春名物の超長距離レース・万葉S。ダイヤモンドS2着のラブラドライトがここから始動」
    びぜんや「タマモベストプレイの2連覇なるかにも注目だ」


    「週刊萌馬」秋の予想バトル
    びぜんや5勝2敗7分け
     

    今期の的中
    【月見亭】
    マイルCS(○◎−)
    有馬記念(○△×)
    想定回収率 -36,870円・15.1%
     

    【びぜんや】
    毎日王冠(△○◎)
    秋華賞(○△×)
    アルゼンチン共和国杯(◎−−)
    阪神JF(△▲×)
    ホープフルS(○◎▲)
    想定回収率 +44,440円・202.4%


    萌馬POG
    ■月見亭指名馬
    シーリア【0,1,0,1】355万円
    ダイワメモリー【1,0,0,1】700万円
    シンハラージャ【0,0,0,1】110万円
    ミルコメダ【0,0,0,2】50万円
    スターリーステージ【1,2,1,0】1,080万円
    イグレット【0,0,1,2】330万円
    ネプチュナイト【0,1,0,2】250万円
    デルニエオール【1,0,0,1】850万円
    ローズサクシード【0,0,0,3】0円
    合計【3,4,2,13】獲得賞金 3,725万円


    ■びぜんや指名馬
    レッドサクヤ【1,0,0,1】850万円
    レッドヴェイロン【0,2,0,1】530万円
    トゥザフロンティア【1,1,0,1】1,344万円
    ブラックジルベルト【0,2,1,1】610万円
    ヴォルフスブルク【0,4,2,2】1,060万円
    ライトページェント【0,0,0,2】0円
    リシュブール【1,2,0,0】980万円
    オハナ【1,0,0,0】700万円
    アリストライン【0,0,0,1】0円
    合計【4,11,3,9】獲得賞金 6,074万円

     

    2歳のうちに9頭ずつが出走し、今期のPOGは早くから楽しめるものになっています。ただ、勝ち上がり数が少なく、オープン馬も不在。なんとか1頭でも多くクラシックに出てほしいものですが。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック