calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

有馬記念予想 byびぜんや

0

    まだホープフルSも、岩手の桐花賞も残ってはいますが、ここが暮れの大一番ということで年末のご挨拶を。

     

    今年も「週刊萌馬」をご贔屓いただき、ありがとうございました。

    今年は皐月賞で(◎○×)と会心の的中を果たすも、その後失速して夏には大連敗を喫するなど、浮き沈みの激しい1年でした。

    桜花賞と皐月賞で高配の単勝を的中させ、いい気になって穴狙いに走ったのが敗因のような気がします。成功体験に囚われるのは危険……。

    来年は年男になりますし、穴狙いは月見亭に任せてもう少し堅実に、と思っていますが。

    ……出来るかなぁ。

     

    ◎はシュヴァルグラン

    同世代のキタサンブラックがスプリングSで重賞初勝利を挙げたころは、まだ1勝馬で、重賞に格上挑戦しては掲示板がやっとで跳ね返されていた馬。
    3歳秋にオープン入りし、4歳春に阪神大賞典を勝ってキタサンブラックへの挑戦権を得ましたが、天皇賞・春で3着と返り討ちに遭うと、その後宝塚記念、ジャパンC、有馬記念、今年に入っても大阪杯、天皇賞・春と通算6連敗。今年の宝塚記念ではじめてキタサンブラックに先着しましたが、こちらが8着、相手が9着という後方での争いでは威張れるものではありませんでした。
    しかし、京都大賞典を叩いて臨んだ前走・ジャパンCではキタサンブラックを余力たっぷりに捉えると、そのまま後続を突き放してV。積年のライヴァルの引退前に黒星をつけ、G欺蘊〕を挙げることが出来ました。
    昨年6着という結果から中山への対応が不安視されていますが、阪神内回りの阪神大賞典を勝っており、小回りの対応は問題ないはず。昨年のJCではレースの大勢が決したところを外から差しての3着と、内容のないレースぶりでしたが、今年は手ごわいライヴァルをマークしてきっちり勝ち切っており、この1年での進境も明らか。昨年からの上積みは大きく、昨年の着順を大きく上回ることが可能とみていいでしょう。
    最強世代の、晩稲のヒーローがグランプリのトップチェッカーを受けると見ます。


    ○はキタサンブラック
    3歳春には皐月賞でさえも距離不安をささやかれ、ドゥラメンテ、サトノクラウン、リアルスティールの陰に隠れた存在だった馬。それが2年半の後、菊花賞、天皇賞・春など中長距離のG気韮蕎,魑鵑押⇒馬記念でファン投票1位に支持されて引退レースを迎えることになるとは何人が予想していたでしょうか。
    そのキタサンブラックにとって、引退前にどうしても取っておきたいのがグランプリのタイトル。有馬記念では一昨年、ゴールドアクターとサウンズオブアースの前に後れを取り、昨年は新鋭・サトノダイヤモンドの軍門に降っています。
    とはいえ、過去2年とも勝ち馬とは1馬身も離されておらず、コース適性は問題ありませんし、前走・ジャパンC3着は落鉄を敗因に挙げることが出来ますから、ここでの勝ち負けを疑う材料はありません。
    スピードと先行力が問われる中山は、この馬の個性を生かすのに絶好の舞台。スプリングSで名を上げた中山で、ラストステージを華々しく飾ります。


    ▲はミッキークイーン
    一昨年の三冠牝馬も昨年は未勝利に終わっていましたが、今年は始動戦の阪神牝馬Sを貫録勝ち。さらに宝塚記念では牡馬の一線級を相手に3着に入って、女王健在を示しました。
    休み明けの前走・エリザベス女王杯は3着に敗れましたが、前残りの流れの中最速上がりを発揮して勝ち馬からクビ+アタマ差まで追い詰めたもので、勝ちに等しい濃い内容の3着。もともと休み明けはあまり走らない馬ですから、今回は使った上積みも期待できます。
    使い込まれた馬が多く、タフな不良馬場を使われた馬もいる中で、叩き2走目のフレッシュな状態で走れるのはアドヴァンテージ。有馬記念は昨年も差のない5着に来ていますし、秋華賞や忘れな草賞を勝っているように、器用さの要求される小回りコースは得意にしていて、伏兵と侮れない実力者です。


    △はトーセンビクトリー
    母は01年の3着馬・トゥザヴィクトリー、全兄に10年11年と連続3着のトゥザグローリー、14年2着のトゥザワールドがいる、グランプリ御用達血統の良血馬。当然、トーセンビクトリーにもここで穴を開けてくれそうな期待が持てます。
    中山牝馬Sで重賞初勝利を挙げており、コース相性は抜群。クイーンSで6番人気の低評価を覆して2着に入っているように、小回りのコース、やや力のいる馬場は合っています。
    前々走・府中牝馬Sは休み明け+苦手の東京で完全に度外視できますし、前走・エリザベス女王杯も展開不向きが敗因。いざとなれば逃げることも出来る先行力と、その血に眠るグランプリ適性は大きな武器で、さすがにアタマはないまでも、2、3着で穴を開ける可能性は少なくないと見ます。


    ×はスワーヴリチャード
    前走・アルゼンチン共和国杯では折り合いよくレースを進め、直線で楽に抜け出すと、あとは後続を突き放す一方の楽勝劇。結果的に56キロのハンデはダービー2着馬を見くびり過ぎだった……という結果になりました。
    そのダービーも、うまく立ち回った勝ち馬に対し、正攻法で進めての3/4馬身差で、勝ちに等しい内容。この器用さの違いや、皐月賞6着の結果から中山適性を不安視する声もありますが、皐月賞は全馬がスムースに立ち回れなかったようなごちゃついたレース。その中で0.4秒差6着なら適性が皆無と断言することはできません。
    もちろんここは前走より大幅に相手が強くなっており、試金石と言える場面。ここを勝てば、来年はキタサンブラックに代わり、古馬戦線の中心を担うことになるでしょう。


    もう1頭の×はルージュバック
    前々走・オールカマーではいつもにない先行策から、直線では内を衝くというニューモードを披露してV。昨年の中山牝馬Sではハンデが2キロ軽いシュンドルボンとクビ差の2着に入っており、一瞬の切れ味がものをいう小回りの中山は意外に合っています。
    前走・エリザベス女王杯は9着に敗れていますが、もともと牡馬相手にはいいところを見せるのに、牝馬相手には手を抜くブリっ子キャラ。牝馬相手の敗戦は無視しちゃっていいでしょう。
    オールカマーや毎日王冠で牡馬の一線級に勝っているように実力は確かですし、オークス2着の戦歴からこの距離も問題なし。オールカマーの時と同じ北村宏騎手に手綱が戻るのも心強く、妙味のある1頭と言えます。


    ◎10 シュヴァルグラン
    ○2 キタサンブラック
    ▲13 ミッキークイーン
    △5 トーセンビクトリー
    ×11 ルージュバック
    ×14 スワーヴリチャード

     

    買い目は◎の単勝と、◎からのワイド流し。ヒモには中山記念で一流どころにひと泡吹かせたコース巧者・9 サクラアンプルールと、前走で最速上がりを発揮したステイゴールド産駒・8 レインボーラインを加えた7点。△の単複も買います。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    阪神カップ、馬連的中! 最後は・・キタサン祭りだ!
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2017/12/24 1:35 PM
    〔 中山11R 第62回有馬記念 〕 【予想印】 ◎ 10 シュヴァルグラン ○ 14 スワーヴ
    • むらけん's blog 〜競馬予想〜
    • 2017/12/24 1:38 PM
    <有馬記念> ◎14スワーヴリャード 〇02キタサンブラック ▲10シュヴァルグラン △01ヤマカツエース 馬連 1‐2‐10‐14 BOX馬券 コメント: 有終の美を飾りたいキタサンの夢を 空気を読めない外人騎手が打ち砕くと見ました。 本命はスワーヴ
    • ノースさんの競馬日記
    • 2017/12/24 1:51 PM
     今回のダウジングでの競馬予想は 有馬記念を予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2017/12/24 2:14 PM
    明日はもう有馬記念なのかと毎年驚いているような気がする。12月はあっという間に時間が過ぎる。 本命は◎キタサンブラック。有馬記念は一昨年が3着、昨年2着と来たら、引退レースとなる今年こそ1着に。絶好の枠を引き当てた武豊騎手。その手でキタサンブラックを勝
    • My Sweet KEIBA
    • 2017/12/24 4:04 PM
    ◎〔9〕サクラアンプルール ○〔10〕シュヴァルグラン ▲〔14〕スワーヴリチャード △〔3〕クイーンズリング △〔5〕トーセンビクトリー △〔11〕ルージュバック △〔13〕ミッキークイーン ≪3連複≫ 9−10−14 3−9−10 5−9−10 9−10−
    • FUKUHIROのブログ・其の四
    • 2017/12/24 6:31 PM