calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

朝日杯フューチュリティS 先取り展望

0

    阪神ジュベナイルフィリーズ 実際の買い目
    【月見亭】単勝 12,17 複勝 12,17 三連複軸2頭流し 12,17−総流し ワイド 12−17
    【びぜんや】単勝 13,18 複勝 13 馬連流し 18−4,6,7,11,13 三連複軸2頭流し 13,18−4,6,7,11


    月見亭「仁川の坂の頂点で、鮮やかに開花した黄金の遺伝子!」
    びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのは、オルフェーヴル産駒のラッキーライラック。道中は中団外目を折り合いよく追走。直線で先に抜け出したリリーノーブルをめがけて鋭進、瞬く間に切って捨てた」
    月見亭「上がりは最速の33.7秒。父譲りの破壊力を見せた、ってとこね」
    びぜんや「しかも引退レース以外では粗削りだった父と違い、早くも完成された雰囲気がある。来年のクラシックでも大崩れしなさそうなムードがあるね」
    月見亭「外国人騎手が席巻していたこの秋、石橋脩騎手がここで気を吐いたのもニュース」
    びぜんや「有力騎手がこぞって香港に行っていたという事情はあるが、ここでチャンスをしっかりものにしたのは素晴らしい。このコンビで桜舞台に行ってほしいものだ」
    月見亭「2着は先に抜け出したリリーノーブル」
    びぜんや「好位から早め先頭、というよりは、前に行った馬がだらしなくて思ったより早く先頭に立たされてしまった感じだった。展開の綾だね」
    月見亭「3着は内から伸びたマウレア」
    びぜんや「前走で馬群の中での競馬を覚えたこともあり、上手な競馬をしていたね。ただ前走もそうだったが、一瞬で勝負を決める決め手がないのがつらい」
    月見亭「私の◎ソシアルクラブは見せ場なく8着に敗退」
    びぜんや「血統を評価されてはいたが、まだ1勝馬。さすがにG気浪戮重かったかね。時計はちゃんと詰めてきているし、この経験を春に繋げたい」
    月見亭「キミの◎ロックディスタウンは先行策から伸びず、9着」
    びぜんや「外枠で折り合いに苦労し、脚を溜められなかった。若さを露呈したね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△−)でハズレ、馬券もさっぱり引っかからず」
    びぜんや「僕は(△▲×)で馬連的中だけど、馬券の方は木端微塵だったよ」
    月見亭「さて、どんどん年の瀬は押し迫っていく。来週は2歳牡馬のG機朝日杯フューチュリティS」

    びぜんや「ここ3年、ふた桁人気馬が馬券に絡んでいる難解なレース。それだけ実力が伯仲しやすいレースなんだろう」
    月見亭「それじゃあ出走馬をチェックしていこう」
    びぜんや「前哨戦の京王杯2歳Sを勝ってここに臨むのが、タワーオブロンドン。3勝は世代トップの勝ち鞍、ここも破壊力抜群の末脚で白星を重ねるか」
    月見亭「サウジアラビアロイヤルCでレコード勝ちしたのがダノンプレミアム。天性のスピードを武器に、無敗の連勝をさらに伸ばす」
    びぜんや「函館2歳Sで世代最初の重賞ウイナーとなったのがカシアス。逃げてよし、差してよし、まさに『蝶のように舞い蜂のように刺す』スタイルが板についている」
    月見亭「新潟2歳Sで長い直線を押しとおったのが良血馬・フロンティア。前走は不利で度外視、ここも長い直線を粘りに粘る」
    びぜんや「小倉2歳Sを勝ったスピードスターがアサクサゲンキ。うまく脚を溜められればここでも通用」
    月見亭「デイリー杯2歳S3着のケイアイノーテックは、阪神マイルで新馬勝ち。叩き2走目で実績のあるコースに戻る今回は期待大」
    びぜんや「ダノンスマッシュは京都のもみじSで3馬身差の圧勝。1ハロンの延長をこなせれば」
    月見亭「ファストアプローチは札幌2歳Sでロックディスタウンとクビ差の2着。強敵と対戦した経験をここにぶつける」
    びぜんや「ステルヴィオはコスモス賞勝ち、サウジアラビアロイヤルC2着と堅実。前走で見せた豪快な末脚が再び炸裂するか」
    月見亭「穴は新馬戦を5馬身差でぶっちぎったムスコローソに、長い直線で末脚生かせそうなライトオンキュー
    びぜんや「中距離からの転身・ケイティクレバーに未知の魅力。道営から転入した札幌2歳S3着馬ダブルシャープも」
    月見亭「朝日に、将来を意味するフューチュリティと、まさに若駒の戦いにふさわしいレース名」
    びぜんや「勝ち馬より2、3着馬に将来活躍する馬が多いような気がするのは、ちょっと微妙な感じもするけどな」


    予想成績:びぜんや4勝1敗5分
    月見亭 (×△−)想定回収率 -30,740円・9.9%
    びぜんや(△▲×)馬連的中! 想定回収率 -80円・99.8%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック