calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

香港国際競走予想 byびぜんや

0

    香港国際競走の舞台・シャティンは漢字で書くと「沙田」。
    そしてわが松本市には「信州三宮・沙田(いさごだ)神社」なる場所がありまして。
    時々散歩がてらお参りに行っていたりします。
    さて、明日は天気が良ければ、出走馬の無事と萌馬の活躍を願って、新しく建てられた御柱を見物がてらちょっとお参りに行ってきましょうかね。


    ■香港ヴァーズ予想
    凱旋門賞2着の実力者・ハイランドリールがここでラストラン。
    当地でも一昨年勝利、昨年2着と実績があり、今年も好調を持続となれば、ここは素直に信頼でしょう。自分でレースを作れるのも強みです。


    ◎1 ハイランドリール/実績断然。力の違い見せつけ花道飾る。
    ○8 トーセンバジル/前走でシュヴァルグランに先着。マジックマンの手綱も心強い。
    ▲12 キセキ/菊花賞馬が勇躍香港挑戦。ダメージなければここでも。
    △2 タリスマニック/前走で◎に先着。勢い維持して。
    ×6 イーグルウェイ/距離延長のローテが不気味な香港の大将格。

     


    ■香港スプリント予想
    my萌馬・ワンスインナムーンの一発がないか。今年は高松宮記念以外崩れていませんし、前走ではタフな粘り腰を見せました。好枠から先行してロスなく立ち回るのが勝利のシナリオ。父・アドマイヤムーンも香港で好走していますし、遠征地での好調も伝えられ、案外この遠征が能力を開花させそうな気もします。
    それにしてもこの馬の香港名「毎月一回」はなんとかならなかったものか。まるで資源ゴミの回収日みたいじゃないか……。


    ◎13 ワンスインナムーン/充実期に入りG気任盡せ場。スムースなら一発ある。
    ○2 ラッキーバブルズ/前走は不利が重なった。実力通りなら首位争い。
    ▲1 ミスタースタニング/注目集める新星。才能は本物か。
    △9 ブリザード/スプリンターズSでも好走。地元に戻り反撃必至。
    ×12 レッツゴードンキ/レースセンス光る。スピードとタフネス兼備の大和撫子。

     


    ■香港マイル予想
    横一線のメンバーですが、始動戦のシャティンT7着から前哨戦のジョッキーズクラブマイル2着としっかり調子を上げてきたG毅仮’蓮Ε悒譽鵐僖薀乾鵑法。前走より斤量が減り、定量戦になるのもプラスでしょう。良馬場ならサトノアラジンも差はないはず。


    ◎2 ヘレンパラゴン/ここ目標に上昇中の実力者。
    ○4 サトノアラジン/前2走は道悪で度外視。ここはまとめて面倒見る。
    ▲13 ランカスターボンバー/BCマイル2着の実力者。スピードあり当地も合いそう。
    △7 シーズンズブルーム/前哨戦制した昇り龍。
    ×10 ビューティージェネレーション/相手強化どうかも自分のペースで運べれば。

     

     

    ■香港カップ予想
    my萌馬のスマートレイアーは、昨年のヴァーズよりはこちらが合いそう。京都記念、京都大賞典で戦ってきた相手を考えればここでも通用の器ですし、トリッキーなコースが合う自在性と決め手を兼ね備えています。秋華賞2着と同じ距離での悲願の戴冠に期待します。


    ◎12 スマートレイアー/距離不問、展開無用のマルチヒッター。切れ味生かしたい。
    ○2 ネオリアリズム/春に同舞台で快勝。再び炸裂するかモレイラの魔法。
    ▲4 ワーザー/当舞台4勝のスペシャリスト。ここに照準。
    △5 ステファノス/この距離合う。異国で一発狙ういぶし銀。
    ×1 ドーヴィル/前走は距離が短かったか。経験豊富なジャーニーマン。
    ×3 ポエッツワード/欧州の強豪相手に互角の戦歴。不気味だ。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック