calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

エリザベス女王杯予想 byびぜんや

0

    女王杯デーの京都第9レースは黄菊賞。

    ここにウオッカの仔、タニノフランケルが出走します。

     

    この黄菊賞、かつては芝1800mで行われていたと記憶しているんですが、その頃にウオッカが出走したことがあるんですよね。

    デビュー2戦目、後方追走から外を勢いよく進出してきたウオッカですが、最後の最後、先行したマイネルソリストを捕まえきれずに2着に終わり、初めての黒星を喫しています。

    思えば格下の相手にあっさり負けることも多かった同馬がその片鱗(?)を見せていたレース。

    さて、息子はどんな走りをしてくれるのでしょうか。

     

    ◎はスマートレイアー

     

    始動戦となった前走・京都大賞典は、直線を向いたところで後方2番手という位置取りでしたが、そこから内を衝いて極上の切れ味を発揮。シュヴァルグラン、サウンズオブアースといった牡馬の一線級を一蹴して、重賞4勝目を挙げました。
    前走や、出遅れながら直線だけでライヴァルを呑み込んだ14年の阪神牝馬Sのような豪快な追い込みを決めたかと思えば、昨年には東京新聞杯を逃げ切るなど、戦法は自由自在。それだけにトリッキーな京都外回りは合っており、この舞台では2年前の女王杯でマリアライトから0.1秒差の5着、今年の京都記念ではサトノクラウンとマカヒキの間に割って2着という好走歴があります。
    7歳牝馬がG気鰺ゾ,靴秦偉磴ない、というのは気になるところですが、それは牝馬重賞路線が整備されておらず、有力牝馬が5〜6歳で引退していたこれまでの話。現在は調教技術も進歩して競走馬の現役寿命は延びていますし、前走を見ればこの馬が7歳になっても衰えていないのは明らか。
    7歳牝馬のG犠,舛箸いΑ⊃靴靴て擦鬚海海ら拓きます。


    ○はヴィブロス
    ご存知、ドバイターフの勝ち馬です。
    そのドバイターフはモレイラの神がかり的な手綱さばきによってもたらされた勝利でしたが、同時にヴィブロスの頑健さと操縦性の高さ、そして瞬発力がなければなしえなかった勝利。身体能力の高さはメンバーの中でも随一のものがあります。
    前走・府中牝馬Sは斤量の2キロ軽いクロコスミアが逃げて勝ちパターンに持ち込んだところを、猛追してのクビ差2着。地力の高さは示しましたし、今回は使っての上積みが期待できます。
    兄姉の活躍舞台から想起すれば、2ハロンの距離延長も問題ないはず。
    世界を制した末脚で、実力牝馬を圧倒します。


    ▲はトーセンビクトリー
    01年の覇者・トゥザヴィクトリーの次女です。
    2歳時にクラリティスカイの2着に入り、3歳秋には連勝のあとローズSで3着に入って秋華賞に駒を進めるなど才能の片鱗を見せていましたが、本格開花は今年に入ってから。
    オープン再昇格2戦目となった中山牝馬Sでは、好位追走から積極的な競馬で後続を封じ重賞初勝利。前々走・クイーンSは大逃げを決めたアエロリットこそ捕まえられなかったものの、3着以下には1馬身1/4差をつけて連対を確保しました。
    前走・府中牝馬S5着は良績のない府中で、G鞠呂妨爐靴藤亜ィ撹炭垢覆蘊綵侏茲瞭睛董瞬発力勝負では分が悪くなるタイプだけに、持久力を生かせる京都へのコース替わりはプラスで、逆転が期待できます。
    1番人気に推されると凡走し、人気が落ちると激走する気ままで天邪鬼なお嬢様が、人気を大きく落としたここで穴をあけそうな予感がします。


    △はモズカッチャン
    小倉芝1800mの未勝利戦、中山芝1800mの500万条件と、コーナー4つのコースを連勝して台頭すると、重賞初挑戦となったフローラSでは12番人気を覆しての勝利。さらにオークスでも内を進出してソウルスターリングに食い下がり、見せ場たっぷりの2着に好走。レースを使われるごとに、距離を伸ばすごとにレース内容を進化させました。
    この秋も始動戦のローズSでは見せ場なく7着に敗れましたが、続く秋華賞では落鉄しながらも内を巧く立ち回り、3着に入っています。
    春の内容から測れば、叩いて3走目となり、距離が1ハロン延長された今回はさらに高いパフォーマンスを発揮できるはず。内目の枠を引いたことで、この馬の武器である立ち回りの巧さをいかんなく発揮できます。
    オークス、秋華賞でとどかなかったタイトルを、今度こそつかみます。


    ×はディアドラ
    桜花賞34.9秒、オークス33.9秒、秋華賞35.7秒。
    距離もコースも馬場状態も問わず、牝馬三冠レースすべてで最速上がりを叩き出した若き末脚職人です。
    春のクラシックには手が届きませんでしたが、秋華賞では中団から先に抜け出したモズカッチャンをめがけて鋭進。そのまま1馬身1/4突き放してG汽織ぅ肇襪鮗蠅砲靴泙靴拭
    そのコンスタントな末脚と、3連勝中の勢いはやはり脅威。桜花賞とオークスの間に矢車賞を挟んだり、秋はライヴァルより早く札幌のHTB賞から始動したりしていて、これが今年8戦目というのは気になりますが、馬体は細化するどころか、HTB賞466キロ→紫苑S478キロ→秋華賞490キロと成長中。ハードな調教も消化しており、連戦のダメージは感じられません。
    強いと言われる3歳牝馬の代表として、恥じないレースをしてくれるものと思います。


    もう1頭の×はクイーンズリング
    昨年は春に京都牝馬Sを勝ち、秋には府中牝馬Sを制して、その勢いで女王杯に乗り込み、メンバー中最速となる33.2秒の上がりを使って粘るシングウィズジョイを捉えて、G欺蘊〕を挙げました。
    それに比べると今年は3戦して馬券に1度も絡めておらず、力が衰えたようにも見えますが、3戦すべてが渋った馬場で切れ味を生かせませんでしたし、阪神牝馬S15着は落鉄、ヴィクトリアマイル6着は早めに動いて差し馬向きの流れに巻き込まれ、府中牝馬S4着は逆に出遅れて逃げ馬が残るペースにはめられたもの。力勝負で負けたレースはひとつもありません。
    一連のちぐはぐな流れは確かに気になりますが、良馬場でスムースに運べれば結果は違ってくるはずです。


    ◎12 スマートレイアー
    ○16 ヴィブロス
    ▲3 トーセンビクトリー
    △5 モズカッチャン
    ×7 クイーンズリング
    ×11 ディアドラ


    買い目は◎からの馬連総流し17点と、◎○からシルシの各馬への三連複軸2頭流し4点


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    中牝馬Sは休み明け、そして久しぶりの国内競馬だったのでリズムがあわなかったのであろう。クビ差届かずの負けではあったが追い込みはまずまず、国内牝馬には負ける要素はなさそうだ。対抗にはディアドラをあげる。目下3連勝、ひと夏を越して実力が開花したような気が
    • 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)
    • 2017/11/12 8:34 AM
    ◎ジュールポレール
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2017/11/12 9:18 AM
    <エリザベス女王杯> ◎05モズカッチャン 〇16ヴィブロス ▲07クイーンズリング △17ルージュバック 馬連 5‐7‐16‐17 BOX馬券 コメント: 短期免許で来る外人騎手がこの時期は多いからか エリザベス女王杯は外人騎手の活躍が目立つ記憶が あるの
    • ノースさんの競馬日記
    • 2017/11/12 9:19 AM
    本命と対抗はすぐに決まったが、3番手以下がなかなか難しかった。マイルールの6頭から漏れた中にも、3着ならありそうな後ろ髪引かれる馬が何頭かいる。 ☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生! エリザベス女王杯 ◎ヴィブロス ○モズカッチャン ▲クイーン
    • 顔出しNG presents 太いの堅いの
    • 2017/11/12 4:25 PM