calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

エリザベス女王杯 先取り展望

0

    アルゼンチン共和国杯 実際の買い目
    【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,3−総流し
    【びぜんや】単勝 2,16 馬連流し 4−2,3,6,10,13,14 ワイド流し 16−2,4


    月見亭「威風堂々! 古馬の群れを置き去りにし、府中に覇を唱えた獅子心王!」
    びぜんや「アルゼンチン共和国杯を勝ったのは僕の◎、3歳馬のスワーヴリチャード。中団の内で脚を溜め、直線空いたところをすかさず進出。一気に突き放す横綱相撲で快勝した」
    月見亭「さすがはダービー2着馬、格が違ったって感じね。最後は直線でおいでおいでをするような競馬だった」
    びぜんや「ハンデ56キロは恵まれたよな。不安視されていた折り合いも問題なし。G兇任牢錣違ったということだね」
    月見亭「2着には真ん中から勢いよく進出したソールインパクト」
    びぜんや「先行策から、抜け出したスワーヴリチャードをめがける形で進出。スムースに運べたけれども今回は相手が強かった」
    月見亭「3着は内を立ち回ったセダブリランテス」
    びぜんや「じりじりと伸びたが上位には差をつけられた。仕上がり途上の分もあったし、距離も長すぎたか。連勝が止まったが力を測るうえでは意味のある敗戦だった」
    月見亭「私の◎デニムアンドルビーは最後方から大外を伸びたものの8着」
    びぜんや「大味なレースになってしまうのはいつものこと。2着以下とは差のないところまで持ち込んでいて、まぁ、今回は展開が向かなかったってことだね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−×)でハズレ、馬券もハズレ。道中軸2頭が先頭と最後尾ではどういう展開になっても厳しいよねぇ」
    びぜんや「僕は(◎−−)で単勝的中。僕の◎が勝つのは皐月賞以来だね。しかし馬券はヒモ抜け。ヒモ荒れという狙いは当たっていたが、選んだ相手馬は8着以下に枕をそろえて討ち死に。予想が下手すぎる……」
    月見亭「さて、来週は年末までG汽薀奪轡紂そのスタートが京都でのエリザベス女王杯!」

    びぜんや「G犠,素呂4頭、今年重賞を勝っている馬が9頭と、なかなかの好メンバーが揃ったな」
    月見亭「結構どこからでも入れそうなメンバーだよねぇ」
    びぜんや「その中でも中心はドバイターフを勝ったヴィブロスということになるかな。秋華賞勝ちの戦歴もあってコース相性も問題なし、さらにここで勲章を増やすか」
    月見亭「挑む新興勢力の筆頭は今年の秋華賞馬ディアドラ。ハイレベルと言われる3歳牝馬のG汽Εぅ福爾、3連勝の勢いに乗って」
    びぜんや「前哨戦の府中牝馬Sを制したのがクロコスミア。先行しての粘り腰は昨年のローズSでも証明済み。時計のかかる馬場も合いそうだ」
    月見亭「オールカマーを勝った切れ者・ルージュバックが2年ぶりに関西遠征を敢行。男勝りの女武者が、酔わせる走りを披露する」
    びぜんや「京都巧者のスマートレイアー京都大賞で牡馬を一蹴。7歳のヴェテラン牝馬が9度目のG議戦で悲願達成なるか」
    月見亭「牝馬重賞戦線の中心選手・ミッキークイーンは宝塚記念3着から直行でここへ。一昨年の二冠牝馬が、ここで新たなタイトルを加えるか」
    びぜんや「昨年の勝ち馬・クイーンズリング連覇を狙う。今年は勝ち星なしとはいえ差のない競馬をしている。ここで復活して役者の違いを示したい」
    月見亭「阪神JF、桜花賞、秋華賞と関西G気韮垣鈩続2着のリスグラシューが、シルバーコレクターの異名返上に燃える。晩成のハーツクライ産駒、満開の花を咲かせる時が来た」
    びぜんや「オークス2着、秋華賞3着のモズカッチャンにとって、1ハロンでも距離が延びるのはプラス。立ち回りの巧さを生かして一発を狙う」
    月見亭「愛知杯、マーメイドSと今年重賞を2勝して本格開花を宣言したのがマキシマムドパリ。かつての秋華賞3着馬が本気でG騎佑蠅鯀世Α
    びぜんや「重賞3勝、スプリンターズS3着のある末脚自慢ウキヨノカゼが登録。距離がどうかだが、平坦コースでロングスパートを決められれば」
    月見亭「愛知杯3着、中山牝馬S3着、福島牝馬S3着、マーメイドS2着、クイーンS3着と、今年の牝馬重賞戦線で大活躍だったのがクインズミラーグロ。コーナー4つの競馬なら崩れない、久々のG吃饌罎集大成の走りを」
    びぜんや「01年の覇者・トゥザヴィクトリーの娘が中山牝馬Sの勝ち馬・トーセンビクトリー。先行力を武器に大物食いを演じ、母娘制覇の快挙を成し遂げる」
    月見亭「穴はパワーアップして再登場、昨年5着のプリメラアスール
    びぜんや「ヴィクトリアマイル3着のジュールポレールは秋風Sを勝って再加速。同レースで波乱を呼んだデンコウアンジュの末脚を警戒」
    月見亭「サッカーなら天皇杯と皇后杯になるんだけれど、競馬では天皇賞とエリザベス女王杯になるのよねぇ」
    びぜんや「馬主でもある女王陛下に対する敬意であると同時に、競馬の祖国への敬意でもあるよね。いつかは女王陛下の持ち馬に遠征してきてほしいものだ」


    予想成績:びぜんや3勝3分
    月見亭 (▲−×)想定回収率 -18,600円・0%
    びぜんや(◎−−)単勝的中! 想定回収率 +12,730円・168.4%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック