calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

菊花賞予想 byびぜんや

0

    松本市に「イオンモール」がオープンし、1か月が経ちました。

    駅前にあった「アリオ」が「イオンモール」の開業を機に、敵前逃亡ともいえる撤退をするなど、近郷近在の商圏地図を塗り替えるクロフネ……じゃなかった、“黒船襲来”なのですが。

    鉄道模型の専門店や紅茶の専門店が入っていて、結構気になってはいるんですが。

    未だ、イオンモールには行ってなかったりします。

    夫婦ともども保守的で、あまり新しいものに飛びつきたがらない性分というのもありますが。

    それよりなにより、道の狭い城下町にできた大型店舗ということで、クルマの渋滞が激しいらしいんですよねぇ。

    駅から歩いていけないこともないんですが、ここのところは週末と言えば雨降りで歩くのが億劫ですし、都会と違って電車やバスの数も少ないので、それを調べていくのもちと面倒。

    そろそろ紅茶の買い付けに行きたいところではあるのですが、行きかねています。

     

    ◎はアルアイン

    とにかく実績が断然。
    皐月賞、毎日杯勝ちに加えて千両賞ではキョウヘイ、カワキタエンカという実力派を撃破。日本ダービーではうまく立ち回ったレイデオロやマイスタイル、決め打ちで追い込みに賭けたアドミラブルらに先着を許しはしましたが、正攻法の競馬で0.3秒差の5着なら崩れたと評価する必要はありません。
    唯一掲示板を外したシンザン記念は不利を受けての6着。常に一線級と戦い続け、勝ち負けを争ってきた経験はライヴァルにはないものです。
    前走・セントライト記念2着は余裕残しの始動戦と考えれば及第点の成績で不安視する必要なし。
    血統面から距離を不安がる向きもありますが、母父サクラバクシンオーが云々されたキタサンブラックが超長距離戦で活躍している前例もありますし、昨年の菊花賞でNHKマイルC3着のレインボーラインと、土曜日の富士Sを勝ったマイラーのエアスピネルが2、3着に入った例も。3歳同士のレースで、距離適性にナーバスになる必要はないでしょう。日本ダービーから鞍上をスイッチしたのも、ダービーの敗因が距離ではないと陣営が考えているから、とも見て取れますし、京都の馬場に母系のスピードがプラスに働く可能性もあります。
    混戦の皐月賞を勝ち切った勝負根性と、重馬場の千両賞を勝ったパワーを武器に、ふたつめのクラシックタイトルを狙います。


    ○はサトノクロニクル
    京都では【2,1,0,0】、敗れたのは京都新聞杯でプラチナムバレットの強襲にアタマ差後れを取ったのみという京都巧者です。
    「切れ味勝負なら任せておけ!」というタイプではなく、直線いっぱいにじわじわと加速していくタイプだけに、京都の外回りはぴったり。各馬の切れ味が雨で殺がれるなら、この馬の持ち味が生きて来そうな感じもあります。
    前走・セントライト記念は不向きな中山、休み明けで+12キロの馬体重、加えて直線入り口で包まれる不利と敗因ははっきりしており、度外視可能。
    コース替わりと叩き2走目の上積みを考えれば、がらっと変わってくる可能性、大です。

     

    ▲はトリコロールブルー
    2歳夏から2000mの距離を使われ、クラシックを意識していましたが、スプリングS5着、青葉賞7着で春のクラシック出走はかないませんでした。
    夏を休養に充てて臨んだ前走・日高特別では、青葉賞で減った馬体を戻した……とか、成長分……という言い訳ではきかなそうな+32キロの大幅馬体増。しかしその効果があったか青葉賞で見られた入れ込みが見られず、勝負どころでは手応えが怪しくなるところも見られましたが、きっちりと差し切って快勝し、クラシック最後のレースに乗り込んできました。
    ようやく届いたという前走のレースぶりから考えれば、大幅な距離延長も、直線の長い京都へのコース替わりもプラスに出そう。各馬が内を空けて通る札幌最終週のタフな馬場をこなした実績から測れば、渋った馬場もこなせそうです。
    さすがに今回は馬体も絞れるでしょうし、気性面を考えればゆったりしたローテーションにも好感が持てます。


    △はダンビュライト
    デビュー戦は不良馬場の中京。2歳馬にとっては酷な条件となり、1着馬と最後尾13着馬の差が4.4秒もついたタフなレースで、2着馬に5馬身差をつけて圧勝していた道悪巧者です。ちなみにこのレース、2着のキクノルアがダートで2勝し、3着のサングレーザーが目下3連勝でオープンまで駆け上がっているのですから、相手の楽なレースではありませんでした。
    その後もサウジアラビアロイヤルC2着、きさらぎ賞3着、弥生賞3着、皐月賞3着、ダービーは6着と掲示板を外したものの0.4秒差、そして前走・神戸新聞杯が4着と勝ち切れないなりにも王道を歩み続け、一線級と差のない戦いを演じています。
    キングカメハメハ産駒の半兄・ラブラドライトが天皇賞・春に出走していることを考えれば、ダンビュライトもステイヤーとしての素質を秘めているはずですし、新馬戦の内容から見ても、パワー型の血統を見ても、道悪は大歓迎。
    ここは「最強の1勝馬」の称号を返上するチャンスです。


    ×はウインガナドル
    前走は新潟記念で果敢に古馬に挑戦。
    ハナを奪ったものの、勝ったタツゴウゲキにぴったりとマークされ、直線半ばで早くも交わされる厳しい展開になりましたが、そこから粘る粘る粘る。最後は差し返そうかという勢いで0.1秒差4着に入る大健闘を見せました。
    今回はG靴ら世代限定とはいえG気砲覆辰涜臧に相手強化……と言いたいところですが、重賞勝ち馬が3頭、ダービーの上位3頭が不在というメンバーなら怯むことなし。G沓加紂■潅紊亮太咾呂海海覆蘊絨未噺世┐襪發里任后
    何より注目はステイゴールド×メジロマックイーンの「黄金配合」。菊の舞台で大輪の花を咲かせそうな予感がします。


    大穴指名は×マイスタイル
    日本ダービーでは先手を切って内埒沿いに粘りに粘り、見せ場をたっぷり作っての4着。
    確かに1000m通過63.2秒という超スローペースを作り、経済コースを通っての0.3秒差4着という結果ですから、してやったりと言うべきか、これだけペースを落としておいてなんで逃げ切れなかったのか不甲斐ないと言うべきか悩むところではありますが、荒れた内を避けて各馬が馬場の真ん中に持ち出す中、荒れた内を通って粘ったタフさと立ち回りの巧さは、混戦のここで生きて来そうな気がします。
    今回は同型もいる中で試練の大外枠となりましたが、外からライヴァルの動きを見ながら、馬場の少しでもいいところを通ってポジションを選べると考えれば悪くはないはず。神戸新聞杯では好位からの競馬で7着とは言え2着以下とは差のない競馬をしており、逃げなくてもレースは出来るはずです。
    嵐天を味方につけ、大外から乱菊を演出します。


    ◎16 アルアイン
    ○11 サトノクロニクル
    ▲5 トリコロールブルー
    △15 ダンビュライト
    ×2 ウインガナドル
    ×18 マイスタイル


    買い目は◎の単勝と、シルシの各馬への馬連流し。ヒモには毎日杯で◎アルアインと僅差のレースをした13 キセキを加えた6点で。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    秋華賞のモズカッチャンは実に惜しかった。今週もソコソコ自信あるが、望外に人気がないし単複1本で。単勝はともかく複勝は返してもらえるだろう。 ☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生! 菊花賞 ◎ベストアプローチ ○サトノクロニクル ▲ポポカテペトル
    • 顔出しNG presents 太いの堅いの
    • 2017/10/22 3:50 AM
    道悪歓迎・・ウインガナドル
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2017/10/22 7:34 AM
    複数頭出しの厩舎がある場合、その厩舎の人気薄の馬が来るといわれている。今回の菊花賞は3頭だしをしている厩舎がある。池江厩舎である。そしてその3頭とも10番人気以内にいる有力馬で、人気薄はサトノクロニクルである。京都コースで好成績を残しているのも心強い
    • 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)
    • 2017/10/22 8:32 AM
    <菊花賞> ◎13キセキ 〇12ミッキースワロー ▲15ダンビュライト △14ポポカテペトル 馬連 12‐13‐14‐15 BOX馬券 コメント: ダービーの上位馬が不在なのでトライアル上位の キセキとミッキースワロー中心の予想です。 3番手に大崩れのないダ
    • ノースさんの競馬日記
    • 2017/10/22 8:57 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は 菊花賞を予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2017/10/22 11:45 AM
    富士Sは武豊騎手に手綱が戻ったエアスピネルが快勝。予想は外れてしまったけど武騎手とエアスピネルのコンビの鮮やかな勝利にスカッとしました。 さて、明日の菊花賞。本命は武豊騎手騎乗の◎ダンビュライト。同じルーラーシップ産駒のキセキを本命にするつもりだっ
    • My Sweet KEIBA
    • 2017/10/22 2:39 PM