calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

0

    本紙既報の通り。
    日曜日は毎日王冠を観戦してきました。
    それについては月曜夕方更新予定の「秋華賞先取り展望」に書く予定ですが、「週刊萌馬」的に気になった場内イヴェントが、「競馬マンガ展」。
    私も名前を知っている名作、意外な佳作が展示されていて、なかなか楽しめました。
    実はあまり競馬マンガって読んだことがなかったのですよねぇ。
    ……ほら、萌え要素薄そうですし……(汗)
    展示を見て、「読んでみようかな……」と思ったマンガもいくつかあるのですが。
    まずは部屋の隅で塔と化している積み本を何とかするのが先決なんですよねぇ……。


    ◎はベストウォーリア

    南部杯はブルーコンコルドが三連覇し、エスポワールシチーが3勝を挙げるなど、リピーターの多いレース。
    14年、15年とこのレースを連覇し、昨年も2着に入っている「盛岡マイスター」のこの馬から入るのが得策でしょう。
    かつては好走と凡走の差が大きい「ムラ馬」のイメージもありましたが、円熟期に入った最近は大崩れなく走っており、今年のフェブラリーSでも内を巧く立ち回ってあわやのシーンを作ってクビ差2着に入っています。
    左回り+ワンターン+マイルはこの馬にとってベストの条件で、展開も不問。東京と京都での開催があり、乗り替わったり、中央所属でありながら地方所属の騎手を騎乗させる馬もいる中、戸崎騎手が継続騎乗となったのは本気度の表れ。今年も上位争いは間違いないでしょう。


    ○はゴールドドリーム
    ケイティブレイブ、ラニ、グレンツェントらを輩出し、最強とも謳われた世代の一角。フェブラリーSでは中団から力強く伸び、巧く内を立ち回ったベストウォーリアをねじ伏せるようにしてV。新世代の旗手として名乗りを挙げました。
    それだけに、ドバイワールドC14着、帝王賞7着と大敗が続いたのは気になりますが、もともと2000mは実績のない距離。そこで内外の最強メンバーと戦ったのですから大敗もやむなし、むしろいい経験になったと捉えるべきでしょう。
    ダート1600mは【3,1,0,0】とベストの条件ですし、力勝負になる盛岡も合うはずで、若武者の復活に期待です。


    ▲はコパノリッキー
    14年のフェブラリーSを、単勝272.1倍の最低人気で制して驚かせた風雲児が、G毅隠鮎,琉龍箸膨みます。
    昨年の南部杯を早め先頭から押し切って破格のレコードをマークした後は、その反動か不振が続いていましたが、前走・かしわ記念では中団追走から最速上がりを発揮するというニューモードで快勝。不振を乗り越えたことで脚質に幅を加え、7歳にして完成された感があります。
    まだアテにならない感じもありますが、G毅江|罍蕎,鬟沺璽しているマイル戦で他馬に後れを取るわけにはいきません。


    △はカフジテイク
    昨年のチャンピオンズCでは最後方から直線だけで4着まで追い上げ驚かせましたが、今年に入って才能が本格的に開花。根岸Sではゴールドドリームを従えて重賞初制覇、フェブラリーSでは最速上がりを発揮して0.1秒差の3着まで追い込み、ゴドルフィンマイルでも5着に健闘。プロキオンSではキングズガードに不覚を取ったものの2着に入っています。
    戦績を見ても、左回りのワンターンがベスト条件なのは明らか。追い込み一辺倒のタイプだけに、直線に坂があり差しの利く盛岡ならこなせそうです。


    ◎2 ベストウォーリア
    ○13 ゴールドドリーム
    ▲11 コパノリッキー
    △14 カフジテイク


    買い目は◎からの馬単マルチ6点。

     

    ■ おまけ ■ 京都大賞典予想

    ◎4 スマートレイアー/末脚と先行力兼備した自在型。鉄砲も得意で。

    ○3 シュヴァルグラン/春天で才能を証明した遅咲きの良血。

    ▲5 ミッキーロケット/日経新春杯でV。末脚武器に同舞台でもう一丁。

    △2 サウンズオブアース/ひと叩きした強みあり。勝ち鞍ある京都で前進。

    ×15 マキシマムドパリ/秋華賞3着の実力牝馬が本格化。

    ×8 フェイムゲーム/実績は見劣らない。流れひとつで台頭可能。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    世代交代だ!ゴールドドリーム
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2017/10/09 9:44 AM