calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

オークス予想 byびぜんや

0

    土曜日は松本市街を縦貫し、浅間温泉にある松本市野球場までBCリーグの信濃グランセローズvs滋賀ユナイテッド戦を見に行ってきました。
    試合はジェウディー・バルデス(おお、ディアデラノビアの仔と同じ名だと思ったあたりが競馬脳)選手の2本のホームラン(3打席目も中堅へあわやの大飛球)や、下位を打つ森田外野手の一発で信濃が序盤からリード。
    先発の樫尾投手が9回に遂に捕まりはらはらするシーンもありましたが、見せ場の多い楽しい試合でした。

     

    が。
    入場人員326人というのはいかにも寂しかったですねぇ。
    松本山雅のように試合を見に行くことが市民のステータスになっているわけでなく、松商学園野球部のように戦前から市民に親しまれている伝統があるわけでなく、高ボッチ高原の草競馬のようにその趣味の人にとっては「年に一度の晴れ舞台」として認知されていて盛り上がるわけでもなく。
    県内を巡回していて思い出したころにたまに松本にやって来る、無名な選手によるNPBで言えば三軍級の試合、チームは優勝経験がないし、しかも気温は今年最高の30.7度。まぁ、「見に行こう」となる要素には欠けるわけですが。
    スポーツコンテンツとしてはけしてつまらないものではなく、知名度が「開催日をわざわざ調べないと分からない」というレベルで、観客動員が高校野球以下なのは実にもったいないなぁ、と思ったのでした。

     

    まぁ、信濃がもうちょっと強ければ興味を持たれるのかもしれませんが、ひとつ谷が違えばライヴァルという長野県民気質を考えると、フランチャイズが決まってないのが一番の問題じゃないのかなぁ、という気もします。

     

    ◎はモズカッチャン

    昨年暮れに阪神芝1800mでデビューし、2戦目の京都芝1800m未勝利戦ではのちに京都新聞杯で2着に入るサトノクロニクルから0.3秒差の3着に好走して素質の片鱗を見せていましたが、初勝利は小倉の芝1800m戦。3コーナーから大外をまくり、直線ではそのまま後続を突き放して快勝しました。
    続く中山芝1800mの一般戦も勝ち、前走・フローラSでは内から馬群を割る鋭い決め手を見せて3連勝。騎虎の勢いでここに乗り込んできました。
    戦歴を見ればコーナーふたつの競馬より、コーナー4つのコースに適性があるのは明らか。東京は前走でこなしていますし、ロングスパートを決めるスタミナと、最後に勝負を決める瞬発力を兼備しているのは大きな魅力です。
    前走と同じ最内1番枠を引いたのはゲンがいいだけではなく、調教でモタれる面を見せるこの馬にとって、埒を頼って走れるという意味でも大きなポイント。
    トライアルウィナーの再度の一発に期待します。


    ○はアドマイヤミヤビ
    百日草特別ではのちの重賞2勝馬・カデナ以下を一蹴し、クイーンCではアエロリットとレーヌミノルというのち後のG鞠錬夏を退けてV。世代屈指の力の持ち主であることは疑いありません。
    それだけに前走・桜花賞12着は負けすぎという気もしますが、3コーナーからデムーロ騎手の手が動いていたことから見ても、馬場を気にしていたのは明らか。良馬場なら巻き返しは必至でしょう。
    東京は2戦2勝と好相性ですし、早くから眺めの距離で牡馬と渡り合っていて、距離延長にも自信あり。
    最も死角の少ない有力馬です。


    ▲はソウルスターリング
    阪神JFでは立ち回りの巧さを見せて快勝し、チューリップ賞では性能の違いを見せてライヴァルを返り討ち。東京芝2400mと直結する西のチャンピオンコース・阪神マイルで見せたこのパフォーマンスは高く評価できます。
    前走・桜花賞では3着に敗れ、圧倒的な支持を裏切ってしまいましたが、敗因は道悪と明らか。良馬場なら巻き返しが期待出来ます。
    東京にはアイビーSでペルシアンナイト以下を一蹴した戦歴がありますし、関西への長距離輸送もなくなりますから、コース替わりは大歓迎。
    逃げ・先行馬が少ない相手関係で、この馬の立ち回りのセンスと切れ味は大きな武器になります。
    一度は敗れても、それを糧に出来ることが一流の証明。
    チャンピオンコースで、それを形にして見せます。


    △はフローレスマジック
    ラキシス、サトノアラジンの全妹という良血馬。上の活躍馬2頭は3歳の夏以降力をつけ、古馬になってから重賞を勝ちましたし、この馬の陣営からも「これからの馬」というコメントが聞かれます。
    しかしその未完成な状態で、アルテミスS2着、クイーンC3着、フローラS3着と結果を残してきているのが地力の証明。アルテミスSではリスグラシューに食らいついて、3着以下は引き離していますし、クイーンCではアエロリットとレーヌミノルの間に割って入る3着。フローラSでも見せ場たっぷりの走りをしており、世代トップクラスの潜在能力を秘めています。
    徹底的に東京に拘って使われ磨かれたコース適性と、前からでも後ろからでもレースを組み立てられる自在性は大きな武器。
    遅咲きの伏兵に注意が必要です。


    ×はリスグラシュー
    前走・桜花賞では中団でソウルスターリングをマークし、直線では渋った馬場を切り裂いて鋭進。ゴール目前でライヴァルを捉え、阪神JFとチューリップ賞のリヴェンジは果たしましたが、レーヌミノルは捉えきれず2着。完全にマークする相手を読み間違えての取りこぼしでした。
    阪神JFでもコース取りの不利で取りこぼしていますが、阪神未勝利戦で見せたスピード、アルテミスSで見せた切れ味、前走で見せたタフネスと勝負根性から計れば、G気鬚い直,辰討發かしくない素材であるのは明らか。
    距離延長が最後のスパイスとなれば、春の大一番で王冠を手にすることも可能です。


    もう1頭の×はディアドラ
    稍重の発表以上にタフな馬場となった桜花賞で、最速上がりをマークして0.4秒差6着に突っ込んできていたのがこの馬です。
    その後は東京のオークストライアルへは向かわず、京都の自己条件・矢車賞を勝って、ここへ歩を進めてきました。
    長距離輸送+激戦となるトライアルを避け、抽選となることを覚悟の上で地元での賞金加算を選んだあたり、本番に出るだけではなく、出るからには上位を狙うという陣営の覚悟が感じられます。
    2戦連続で上がり最速をマークしており、長い直線での瞬発力勝負はのぞむところ。流れひとつで台頭もありそうです。


    ◎1 モズカッチャン
    ○16 アドマイヤミヤビ
    ▲2 ソウルスターリング
    △3 フローレスマジック
    ×14 リスグラシュー
    ×7 ディアドラ


    買い目は◎からの馬連流し。相手には流れひとつで二冠も見える桜花賞馬・レーヌミノルを加えた6点。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <優駿牝馬> ◎02ソウルスターリング ○16アドマイヤミヤビ ▲14リスグラシュー 馬連 2‐14‐16 BOX馬券 コメント: 阪神JNF、桜花賞はソウルスターリング、リスグラシュー レーヌミノルの3頭が3着以内を独占。 父、母がマイラーのレーヌミノルは
    • ノースさんの競馬日記
    • 2017/05/20 11:56 PM
     今回のダウジングでの競馬予想は オークスを予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2017/05/21 12:16 AM
    土曜売り1番人気のソウルスターリングだが、桜花賞の敗因は道悪云々より2歳戦とは違うG1らしい流れで馬脚を現しただけのように思う。抜け出してからの甘い感じがダンスインザムードっぽくもあり、来たら諦めるスタンスでオミット。 ☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(
    • 顔出しNG presents 太いの堅いの
    • 2017/05/21 4:10 AM
    東京11レース 第78回オークスの予想 ◎ソウルスターリング 〇アドマイヤミヤビ ▲リスクグラシュー △レーヌミノル・フローレシマジック 見解 POGで試合した」◎ソウルスターリング。とにかく勝ってくれ。俺は馬券を買うから。
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2017/05/21 6:30 AM
    レッドコルディス
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2017/05/21 8:34 AM