calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞 出走有力馬チェック

0

    10 レーヌミノル
    スピードに愛された夏の女王

    ◇小倉2歳Sでは衝撃的な6馬身差勝ち。粒揃いの今年の3歳牝馬のなかでも、スピード能力は傑出しています。マイルはぎりぎりという感じですが、将来スプリント戦線を賑わせそうなスピードは魅力ですし、オークスも見据えたライヴァルに対し、こちらは桜花賞こそがメイチ。展開次第では面白いことになりそうです。


    11 アロンザモナ
    展開不問の京女

    ◇紅梅Sを勝って賞金を加算、ここに駒を進めてきました。とはいえ、ここまで強い相手と接戦したような戦歴はなく、格的に見劣るのが実情。チューリップ賞はたたき台と割り切れる舞台ではありましたが、それにしても見せ場も作れず沈んでしまいました。相手がさらに強くなるここで果てが出ません。


    12 アエロリット
    西に飛来した芦毛の秘密兵器

    ◇ミッキーアイルの近親という血統らしく、スピードが前面に出ている印象。フェアリーSでは小回りの中山でそれが生きましたが、最後は勝ち馬の目標にされて2着、クイーンCは仕掛けが早すぎて直線伸びを欠き2着。現状では器用さと先行力が生かせるコースの方が合っており、阪神外回りではよほど展開が向かないと……という気がします。


    13 ヴゼットジョリー
    牡馬相手に牙を研いだ美しき野獣

    ◇新潟2歳Sを勝ったあとは阪神JFで5着、アーリントンCで4着。堅実に、しかも人気よりいい着順を残してはいますが、いまひとつ目立っていないのが正直なところです。切れ味では見劣るだけに、展開の助けが欲しいところ。相手なりに走れる強みで上位を窺いたいところです。


    14 ソウルスターリング
    散ることを知らない絶対女王

    ◇新馬戦こそクビ差ですが、あとは後続に1馬身以上の差をつけて完勝。今回は不動の中心でしょう。好位で競馬が出来て、自分から動いて押し切れるのは強み。過去の桜花賞馬と比べても安定感は上位と感じられます。あえて不安点を探すなら、負けていないことが不安点でしょうか。ライヴァルの包囲網をどうくぐり抜けるか、注目です。


    15 アドマイヤミヤビ
    上昇気流を掴んだ二冠候補

    ◇東京新聞杯より早い時計で駆け抜け、レーヌミノルらを退けたクイーンC、カデナとアウトライアーズを退けた百日草特別は高く評価できます。重箱の隅を突つくならクイーンCからの直行というローテと、ローテーション的にも血統的にも中長距離指向が強い点。とはいえ阪神外回り向けの決め手も持っており、主力候補の1頭でしょう。


    16 ミスパンテール
    眠りから覚めた神秘の女豹

    ◇今年の桜花賞で最大の惑星です。札幌の新馬戦以来となったチューリップ賞でソウルスターリングとリスグラシューの間に割って入る2着。まだまったく底を見せていませんし、長休明けをたたいた上積みも期待出来ます。とはいえ、前走だけでG気把麺僂垢襪犯獣任垢襪里眛颪靴、取捨に迷う1頭です。


    17 ディアドラ
    経験豊富ないぶし銀

    ◇8戦1勝ながら、重賞を含めて1度も掲示板を外していないという安定株。先行しても差しに回っても勝ち負けに持ち込める安定感が光ります。しかし500万下でも勝ちきれない馬にG気呂いにも荷が重い感じ。ファンタジーSでミスエルテと僅差の戦いを演じたことを根拠に、穴馬に指名しても面白いですが。


    18 カワキタエンカ
    桜舞台に立つ波乱の歌姫

    ◇チューリップ賞が完敗だっただけに強くは推せませんが、千両賞でのちに重賞を勝つ牡馬2頭と接戦を演じていたのは注目したい戦歴です。君子蘭賞を強気な競馬で押し切って再上昇。勢いを味方に大外枠から思い切った競馬をすれば、面白いことも起こせそうです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック