calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞 先取り展望

0

    大阪杯 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 7,14−総流し
    【びぜんや】単勝 10 複勝 10 馬連ボックス 4,5,12,13 馬連流し 12−1,7,10,14


    月見亭「桜より先に満開宣言! 浪花の春に凱歌を上げた!」
    びぜんや「G蟻膾綰佞僚藺緲ゾ’呂傍韻い燭里魯タサンブラック。道中3番手追走から直線半ばで逃げ馬を捉え、悠々押し切った」
    月見亭「まさに横綱相撲という感じの完勝。マルターズアポジーが快足を飛ばし、後ろでサトノクラウンやステファノスがマークしていても関係なかったね」
    びぜんや「他馬より先に動いて、そのまま押し切れるのがこの馬の強みだよねぇ。小回りコースでその強みがさらに生きた」
    月見亭「2着は好位から抜け出したステファノスで、これが3度目のG偽筌瓮瀬襦
    びぜんや「キタサンのような先行力はなく、まとめて面倒見るほどの決定力はなく。地力と器用さはあるから上位にこられるけれど、もうひと皮むけたいところだね」
    月見亭「3着にはヤマカツエースが突っ込んだ」
    びぜんや「自分の競馬は出来た、上位との力比べは出来た、という感じかな。枠が内枠だったら2着はあったかもしれない」
    月見亭「キミの◎アンビシャスは後方から最速上がりをマークして突っ込むも5着止まり」
    びぜんや「マークする相手を間違えたんじゃないかなぁ、という気がするな。33.6秒の上がりを使って届かないんじゃ、お話にならない。馬群が凝縮するシーンがなくて、決め手を生かしきれなかったね」
    月見亭「私の◎サトノクラウンは先行策から脚を伸ばしたけれど、最後に止まって6着」
    びぜんや「弥生賞を勝ってはいるけれど、やはりこの馬に2000mは短かったようだ。機動力のあるタイプでもなく、ここではレースを組み立てにくかったね」
    月見亭「G犠些塀蘋錙△泙困錬曳嵜裕い勝ってレースの位に相応しい結果になったのかな。7番人気が2着にきたとはいえ、おおむね上位人気が上位を占めて、力の差が素直に結果に出た印象」
    びぜんや「モンドインテロの馬券を持っててこう言うのもなんだけど、やはりG気篭い馬が勝たないとね。ただ、先週も言ったけれど牝馬の強いところや、マイルからの転戦馬も来るとレースはより難しく、面白くなるんだろうな」
    月見亭「そうなると秋の天皇賞と比肩するレースに育ってくるね」
    びぜんや「待望された春の古馬中距離G機どのように育つか、楽しみに見ていこう」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲×−)でハズレ、馬券もハズレ」
    びぜんや「僕は(○△▲)で馬連的中、馬券も大阪杯デー馬連でプレミアのついた馬連が的中。しかしどれに◎を打とうか迷った4頭の内、◎を打たなかった3頭で決まるとは……」
    月見亭「ま、馬券が当たったなら結果オーライだよね」
    びぜんや「うむ、前向きに捉えよう」
    月見亭「私は前向きに捉える要素がないけどね……」
    びぜんや「えー……。さて、来週からはいよいよ3歳クラシックがスタート。その開幕戦は阪神で桜花賞だ」

    月見亭「中心は2歳女王ソウルスターリング。チューリップ賞をワンサイドゲームで制してこれで4戦4勝。桜冠ゲットに死角は見られない」
    びぜんや「3連勝でフィリーズレビューを制したのがカラクレナイ。一瞬にして馬群を呑みこむ末脚で、牝馬クラシックの勢力図を紅色に塗り替える」
    月見亭「ファンタジーSを勝った大器・ミスエルテは朝日杯FS4着からここに直行。牡馬相手に健闘した経験がここで生きれば」
    びぜんや「クイーンCを勝って桜戦線の有力馬に名乗りを上げたのがアドマイヤミヤビ。2000mを勝ったスタミナを生かして勝利を狙う」
    月見亭「アルテミスSの勝ち馬・リスグラシュー逆襲を期す。トライアルの結果を受けて名手はなにか秘策を練っているはず」
    びぜんや「東のトライアル・アネモネSを勝ったのがライジングリーズン。フェアリーSを人気薄で制した東の上り馬の勢いに注目」
    月見亭「新潟2歳Sの勝ち馬・ヴゼットジョリーはアーリントンC4着からのステップでクラシックへ。異色のステップが功を奏するか」
    びぜんや「小倉2歳Sを千切ったレーヌミノルも例年なら本命視されるだけの力の持ち主。持ち前のスピードを生かして逆転だ」
    月見亭「ジューヌエコールのフィリーズレビュー4着は不利がすべて。デイリー杯2歳S勝ちで実力は証明済み、ここは上積みも期待出来る」
    びぜんや「重賞で連続2着のアエロリットが関西初登場。ここも正攻法の競馬で上位を目指す」
    月見亭「エルフィンSを勝ったディープインパクト産駒の大器・サロニカが気になる。先行力を武器に、いまだ底を見せていない大器」
    びぜんや「君子蘭賞を勝ったカワキタエンカにも注目。千両賞では後の重賞馬、アルアインとキョウヘイの3着に入った戦績の持ち主だ」
    月見亭「穴は紅梅S勝ちのアロンザモナに、フィリーズレビュー3着のゴールドケープ
    びぜんや「菜の花賞勝ちのスズカゼは持ち前のスピードを生かせれば。チューリップ賞2着のミスパンテールはたたいた上積みが大きそう」
    月見亭「今年の桜は遅くて、桜花賞のときに満開になるかどうか、って感じみたいね。例年なら葉桜をバックに走ることが多いのに」
    びぜんや「八分咲き九分咲きでの桜花賞となると、ダイワスカーレットが勝ったとき以来になるのか」
    月見亭「今年もあの年と同様、牝馬が超ハイレベルと言われているわね。遅い桜は牝馬豊作の徴かも」


    予想成績:びぜんや1勝1分
    月見亭 (▲×−)想定回収率 -6,200円・0%
    びぜんや(○△▲)馬連的中! 想定回収率 -3,880円・37.4%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック