calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ドバイ国際競走予想 byびぜんや

0

    ドバイ国際競走の内、日本国内で馬券が発売される後半3レースの予想を公開します。

    おまけで日本の2重賞も予想しています。

     

    ■ドバイターフ予想
    ◎4 デコレーテッドナイト/前哨戦を快勝。破壊力ある英国の新星。
    ○6 ムタケイエフ/強敵と五分に渡り合った2走前を評価。
    ▲2 ザラック/名牝・ザルカヴァの仔が前哨戦を快勝。要注目。
    △9 ヴィブロス/砂漠の地に降り立った女魔神。末脚生きる流れなら。
    ×1 リブチェスター/堅実さ光る。マイルで培ったスピード生かして。
    ×12 ドーヴィル/オブライエン三銃士の筆頭格。名手の手綱も不気味。


    ■ドバイシーマクラシック予想
    ◎3 ハイランドリール/BCターフ勝ち、凱旋門賞2着の実績。先行力生かして。
    ○7 ポストポンド/昨年はドゥラメンテ以下を一蹴。舞台適性高い。
    ▲6 セブンスヘブン/ヨークシャーオークスでファウンドを沈めた大物食い。
    △4 サウンズオブアース/詰めの甘さ気になるが、力は互角。


    ■ドバイワールドC予想
    ◎14 ムブタヒージ/昨年2着馬で舞台適性は抜群。ひと叩きして上昇。
    ○9 アロゲート/7戦6勝の怪物、注目の世界デビュー戦。
    ▲7 アウォーディー/芝でも走れるスピードが魅力。
    △12 ホッパーチュニティ/同級の大物に隠れているが侮れない百戦錬磨の兵。
    ×4 ラニ/規格外の怪物。無尽蔵のスタミナを生かせれば。
    ×6 ムーヴアップ/前走の敗因は休み明けと展開。巻き返す。


    □日経賞予想
    ◎12 ゴールドアクター/昨年の覇者が登場。ここでは役者が違う。
    ○9 レインボーライン/勝ちきれないが堅実。血統的にこの舞台合いそうで。
    ▲6 ディーマジェスティ/皐月賞馬が再始動。注目。
    △7 マイネルサージュ/前走は距離が長すぎた。ここは反撃の舞台。
    ×8 ジュンヴァルカン/長距離で崩れたのは菊花賞だけ。ここも積極策で。
    ×14 ツクバアズマオー/AJCCで◎と僅差。距離再延長で巻き返す。


    □毎日杯予想
    ◎7 プラチナムバレット/先行力と切れ味を兼備。阪神の外回りは合う。
    ○1 サトノアーサー/前走の敗因は馬場につきる。瞬発力の生きる舞台で。
    ▲3 アルアイン/シンザン記念は不利がすべて。少頭数のレースで見直し。
    △4 クリアザトラック/トライアルではおなじみの血統。勝負根性とセンス買う。
    ×5 トラスト/中央転入後も大崩れなし。ここからダービーへつなげたい。
    ×8 ガンサリュート/世代のトップクラスと接戦の足跡侮れない。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック