calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

フィリーズレビュー 先取り展望

0

    弥生賞 実際の買い目
    【月見亭】複勝 3,4 馬連 3−4 ワイド 3−4 三連複軸2頭流し 3,4−総流し
    【びぜんや】馬連流し 11−1,3,4,5,7,9,10
     

    月見亭「クラシックロードの鍵を開け、3歳王座へいざ発進」
    びぜんや「弥生賞を買ったのは僕の◎カデナ。後方追走から大外を堂々進出、逃げ粘るマイスタイルをゴール手前で差し切った」
    月見亭「力の違いで捩じ伏せた、という印象の競馬。ゴール手前で2着馬を目標に再加速する性能の高さも光った」
    びぜんや「今年のクラシック戦線はディープインパクト産駒が不振だったけど、ようやく『らしい』馬が出てきたね」
    月見亭「皐月賞でのレイデオロやスワーヴリチャードらとの対戦も楽しみ」
    びぜんや「ただ瞬発力に特化したようなタイプだし、器用さにも欠ける。今回は瞬発力を生かせる流れになったからハマったけれど流れの速くなる本番はどうだろうね。むしろダービー向きのタイプなのかもしれない」
    月見亭「2着には逃げたマイスタイルが入った」
    びぜんや「逃げ馬が不在で、弥生賞らしいスローペースになるのは戦前から分かっていた。それを見越して横山典騎手はハナを主張したね。ヴェテランらしい老獪な騎乗で3着以下を突き放し、皐月賞切符を確保。本番でも流れ次第ではダークホースになりうる存在だ」
    月見亭「6頭による3着争いを制したのはダンビュライト」
    びぜんや「3着争いになって、内を通った馬、前につけた馬が上位の着順を拾う結果になった。これまでも重賞で上位争いを経験してきた馬が、立ち回りの巧さを生かして権利を手にしたね」
    月見亭「私の◎グローブシアターはその3着争いに敗れ、8着に敗退」
    びぜんや「こちらは器用に立ち回ることが出来ず、後ろから外を回って後手を踏んだ。才能はあるんだから、広いコースで見直したい」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−○)でハズレ、馬券はダンビュライトの複勝がかすっただけ」
    びぜんや「僕は(◎△−)で単勝と馬連が的中。馬券は『3歳重賞馬連』でプレミアのついた馬連をゲットしたよ。先週、今週と2頭で迷った末に決めた◎が勝利。ちょっと予想が冴えてきたかな」
    月見亭「何を偉そうに。さて、来週は阪神で桜花賞トライアル、フィリーズレビュー」

    びぜんや「中心は小倉2歳Sを圧勝したレーヌミノルだ。阪神JFで3着、京王杯2歳Sでモンドキャンノの2着。世代屈指の快速馬で、距離短縮はプラスだ」
    月見亭「デイリー杯2歳Sを勝ったジューヌエコールが復帰。コースを問わないマルチな才媛が、成長した姿を披露する」
    びぜんや「ゴールドケープは阪神JFで14番人気ながら6着と健闘した。母は小倉2歳Sの勝ち馬でデュランダル産駒のジュエルオブナイル。距離短縮はプラスに出そうだ」
    月見亭「りんどう賞の勝ち馬・アズールムーンは千四の芝で2戦2勝。得意の距離で桜切符ゲットに挑む」
    びぜんや「阪神千四の万両賞を完勝したのがカラクレナイ。直線の坂で自慢の末脚が真っ赤に燃える」
    月見亭「シグルーンはファンタジーS3着の実績馬。阪神JFでは大敗したけれど、相手の手頃なここなら勝機も」
    びぜんや「ヤマカツエースの半妹・ヤマカツグレースはりんどう賞で1番人気、ファンタジーSで2番人気に推された素質馬。立て直されたここは見直したい1頭」
    月見亭「穴は女だてらに朝日杯FSに挑んだビーカーリーに、休み明けの前走を勝って上積みが見込めるベルカプリ
    びぜんや「POG指名馬・ヴィルデローゼは千四巧者だった母・ブルーメンブラットの血が目覚めれば。タイガースの盗塁王・赤星と同じ名を持つステラルージュに、爆穴指名は芝の短距離が合いそうなヨハネスブルグ産駒・スリーミスヨハネス
    月見亭「それにしても、フィリーズレビューって変わったレース名よね。意味が分かりにくいというか……」
    びぜんや「フィリーは牝馬、レビューは宝塚からの連想なんだろうけど」
    月見亭「01年に報知杯からレース名が変わってるのね。この頃は阪神JFに朝日杯FS、アイビスSDと、片仮名レース名がたくさん出来てる」
    びぜんや「ミレニアムとか言っていた時代だよなぁ。レース名もまた時代を映す鏡か」
    月見亭「最近の新設レースの名前はみやこSとか阪神Cとか、ちょっと味気がない気もするわね。まぁ、分かりやすくていいけれど」


    予想成績:びぜんや5勝3敗2分
    月見亭 (▲−○)想定回収率 -23,020円・21.2%
    びぜんや(◎△−)単勝・馬連的中! 想定回収率 -370円・98.7%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック