calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

弥生賞予想 byびぜんや

0

    競馬新聞を開くと、重賞の馬柱の側に載っているのが、過去10年の同一重賞の結果一覧表。
    今年はその1番上、10年前の欄にウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの「三強」が桜花賞で激突した年のレース結果が載っています。あれからもう10年が経つんですねぇ。
    あの年は「三強」のみならず、ピンクカメオがNHKマイルCで超高配当を叩き出すわ、「三強」が留守になったオークスでローブデコルテがレコードを叩き出すわ、ハイレベルな牝馬が暴れに暴れまくる春となったのでした。


    今年の春も10年前同様、牝馬のレベルの高さが目立っている感じ。
    その10年前のチューリップ賞では、ウオッカがダイワスカーレットを完膚無きまでに叩きのめし、「桜は決まった」というムードになったものですが、結果は……。
    今年の桜花賞戦線では、チューリップ賞が終わって、ソウルスターリングが大きく抜け出した感じがありますが、さて、このまますんなりとソウルスターリングで決まるのか、それとも歴史は繰り返されるのでしょうか。


    ◎11 カデナ
    デビューから4戦連続で上がり最速をマークしている切れ者です。
    未勝利戦ではガンサリュートを捩じ伏せ、百日草特別では直線で不利がありながらアドマイヤミヤビの2着と、後の重賞上位馬と早い時期から刃を交えてきた経験は、混戦の戦国トライアルで生きてきそう。
    初めてのコーナー4つのレースとなった前走・京都2歳Sでは、モノが違うとばかりに直線だけの競馬でライヴァルを切り捨てており、中山向きのセンスの高さも証明済みです。


    ○9 ダイワキャグニー
    前走・セントポーリア賞では好位追走から脚を伸ばし、後続に2馬身差をつける快勝劇。2着のエトルディーニュが続く共同通信杯で2着に入っていたことから計れば、この馬にも重賞級の力があると見ていいでしょう。
    2戦2勝は東京芝1800mでのもので、コーナー4つの右回りとなる今回は未知数の部分もありますが、難なく好位からレースを進められるレースセンスは中山でこそ生きてきそう。
    ここで一気に皐月賞の有力候補に名乗りを上げてきそうな勢いのある新星です。


    ▲7 コマノインパルス
    葉牡丹賞ではクラシック最有力候補の呼び声も高いレイデオロを相手に、見せ場を作っての2着。続く前走・京成杯では戦ってきた相手が違うとばかりに、1番人気に応えて見せました。
    ここ2走、中山芝2000mの、しかもハイレベルなレースを戦って連対を確保してきた経験はライヴァルにはないアドヴァンテージ。
    目標は当然次のレースですが、レイデオロを本番で逆転するためには、ここで取りこぼすわけにはいきません。


    △10 マイスタイル
    良馬場の新馬戦で3着に敗れたあとは、重馬場の未勝利戦を勝ち上がり、重馬場のシンザン記念で5着。前走・こぶし賞では稍重の馬場で勝利と、いまだ良馬場でのベストパフォーマンスが計れない惑星です。
    ここまではマイルを中心に戦ってきましたが、血統的には距離が伸びてよさそうなタイプ。マイルでも先行できるセンスは小回りの中山に合いそうで、大きな変わり身が期待出来ます。


    ×は良血馬・3 グローブシアターと、距離再延長で前進に期待・1 ベストアプローチを指名します。

    買い目は◎からの馬連流し5点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <弥生賞> ◎03グローブシアター ○07コマノインパルス ▲09ダイワキャグニー △11カデナ 馬連 3‐7‐9‐11 BOX馬券 コメント: 現時点で上位にいると思うレイデオロとの比較と どうしても賞金を上積みしたいということから 本命はグローブシアター
    • ノースさんの競馬日記
    • 2017/03/05 12:38 AM
    チューリップ賞は阪神JF覇者ソウルスターリングが快勝。リスグラシューの逆転があると思ったのですが、あっさりと負けてしまいました。 弥生賞の本命はディープインパクト産駒◎カデナ。ディープインパクト×フレンチデピュティは昨年の覇者マカヒキと同じ。本番と違
    • My Sweet KEIBA
    • 2017/03/05 9:18 AM
    ◎マイスタイル
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2017/03/05 9:41 AM