calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

弥生賞 先取り展望

0

    中山記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 9 三連複軸2頭流し 4,9−総流し
    【びぜんや】馬連流し 1−3,4,7,8,9,10

     

    月見亭「過去の実績馬を後方に追いやり、新時代の訪れを告げた旗手!」
    びぜんや「中山記念を制したのは僕の◎ネオリアリズム。出入りの激しいレースとなったが、直線で先にしかけたロゴタイプを目標に進出。危なげなく押し切った」
    月見亭「何度も先頭が入れ代わる展開だったけれど、ペースを乱されることはなかった。去年の札幌記念をきっかけにひと皮むけた感じね」
    びぜんや「小回りの千八がぴったりすぎて、じゃあG気任呂匹Δ覆鵑澄△辰撞いしないでもないけどね。そこはヴェテランになってからもうひと伸びある血統だし、さらなる成長に期待したい」
    月見亭「堀厩舎とM.デムーロ騎手のコンビは去年のドゥラメンテに続く中山記念連覇。ミルコは3騎乗機会連続重賞制覇と、ここに来てエンジンがかかってきたわね」
    びぜんや「トリッキーな中山で、ミルコの手綱はより信頼度を増すよね。大舞台に強いジョッキーだけに、これからのG祇鐇で目が離せない」
    月見亭「2着は中団待機から内を鋭く伸びたサクラアンプルール。前残りのレースの中で後方から存在感を見せた」
    びぜんや「格下的存在だったが、次に目標がある実績馬を、ここを目標に仕上げてきたコース巧者が凌駕した形になったね。サクラメガワンダーの半弟という良血の魅力を、ヴェテラン・横山典騎手が巧く引き出した」
    月見亭「3着にロゴタイプ。直線でマイネルミラノを料理し、後続を突き放したけれど……」
    びぜんや「ゴール前で何かに差されるいつものパターンをやってしまったな。一旦はハナに立ちながら向正面からは3番手の競馬。落ち着いて自分のレースに徹したが……」
    月見亭「私の◎リアルスティールは見せ場なく8着」
    びぜんや「目標は次のレースだし、斤量は背負っていたけれど、それにしても不甲斐ない負け方だったなぁ。ラスト5ハロンに11秒台のラップが続く持久戦で、まったく力を発揮できなかった。G気鯡椹悗垢覆蕕修譴任盂聞イ呂弔韻討曚靴ったけどねぇ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−○)でハズレ、馬券はロゴタイプの複勝が当たったけどね」
    びぜんや「僕は(◎−△)で単勝的中も、馬券は痛恨のヒモ抜け。シルシを打ったほかにも何頭かヒモに入れようとして、サクラも検討したんだが、最後の最後に切ってしまった。馬連143倍……取れない馬券ではなかったなぁ……」
    月見亭「さて、来週からはいよいよクラシックのトライアルがスタート。中山芝2000mで弥生賞」

    びぜんや「重賞勝ち馬が3頭。それが順当に弥生賞切符を掴むのか、トライアルで権利をもぎ取る馬が出てくるのか、なかなか楽しみな組み合わせだ」
    月見亭「実績ではサウジアラビアロイヤルCと東スポ杯2歳Sを勝った重賞2勝馬・ブレスジャーニーが抜けてるわね。皐月賞と同じ舞台でどんなレースぶりを見せるのかが楽しみ」
    びぜんや「弥生賞、そして皐月賞と同じ舞台で行われる京成杯を勝ったのがコマノインパルス。大器・レイデオロと刃を交わした経験がここで生きるか」
    月見亭「京都2歳Sを完勝したカデナが復帰。まだ牡馬には先着を許していないディープインパクト産駒が、牡馬クラシック緒戦の有力候補に名乗りをあげる」
    びぜんや「セントポーリア賞を快勝し、2戦2勝としたのがダイワキャグニー。前走で見せた先行力は中山向き。3戦3勝として一気にクラシックの中心に躍り出るか」
    月見亭「エピファネイア、リオンディーズの弟という良血グローブシアター。ホープフルS0.4秒差2着は通ったところの差。血の力の後押しを受け、いざ権利獲り」
    びぜんや「1戦1勝サトノマックスが果敢に挑戦。堀厩舎のディープインパクト産駒、これは格下と侮れなさそうな匂いがするぞ」
    月見亭「ダンビュライトは朝日杯FSでこそ人気を裏切ったけれども、サウジアラビアロイヤルC2着、きさらぎ賞3着と堅実。相手なりの走りで上位食い込みを図る」
    びぜんや「マイスタイルはこぶし賞を勝ち、シンザン記念でも5着に健闘。西の秘密兵器として、中山に乗り込む」
    月見亭「穴は2000mなら崩れていない英国産馬・ベストアプローチ
    びぜんや「共同通信杯で、芝でもやれることを示したディアシューターが面白そう」
    月見亭「三月弥生、春の一番最初に行われるのが弥生賞。クラシックシーズンの訪れを告げるのにぴったりの名前よね」
    びぜんや「最近は皐月賞の有力ステップとしての地位を共同通信杯に明け渡しかけているけどね。久しぶりに弥生と皐月を連勝する春告馬の出現を望みたい」


    予想成績:びぜんや4勝3敗2分
    月見亭 (−−○)想定回収率 -19,920円・23.7%
    びぜんや(◎−△)単勝的中! 想定回収率 -1,960円・92.5%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック