calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

マイルCS 先取り展望

0

    エリザベス女王杯 実際の買い目
    【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,3−7,8,9 三連複ボックス 1,2,3,15
    【びぜんや】馬連流し 4−総流し 三連単軸1頭流し 2→1,2,3,9,15

     

    月見亭「薔薇咲き誇り白鳥舞う 秋晴れの淀に新女王が戴冠!」
    びぜんや「古馬混合になって20回目の女王杯を制したのはクイーンズリング。ロスなく立ち回り、最後は先に抜け出したシングウィズジョイを際どく捉えた」
    月見亭「有力2頭を見る位置で巧く立ち回ったわね。追う立場になったときのミルコは本当に巧い」
    びぜんや「それに応えたクイーンズリングの操縦性の高さも指摘しておきたいポイントだ。今年は1400mのG掘■隠牽娃娃蹐裡猫供■横横娃娃蹐裡猫気脳〕。適応力が高いんだろうね」
    月見亭「米国の大統領選でトランプ候補が当選して、今回はトランプの絵札にある“クイーン”が来るといわれていたけれど、来たのはミッキーの方じゃなく、リングの方だった」
    びぜんや「そのミッキー、そしてマリアライトは理由のある敗戦。相手が手薄だったのは確かで、クイーンズリングはここからさらに強さを証明していく必要があるな」
    月見亭「2着は12番人気の伏兵・シングウィズジョイが粘った」
    びぜんや「つかみどころのない馬だなぁ……。京都の外回りで、この馬の先行力とルメールの粘りがうまくマッチした格好。当初、ルメールはクイーンズリングに乗るはずだったのが、ジュエラーの回避でクイーンズリングにミルコが乗ることになり、シングウィズジョイには押し出されたルメールが乗ることに……。因縁めいたものを感じるなぁ」
    月見亭「3着は外から伸びたミッキークイーン」
    びぜんや「最内枠を引いて勝ち馬より前で競馬をしていたはずが、いつのまにか外から差す形に。勝ち馬ほどの器用さがなかったのと、あとは休み明けのせいで反応が鈍かったのかな」
    月見亭「キミの◎ヒルノマテーラは勝ち馬と同じような位置から進めながら伸びず、13着」
    びぜんや「距離かなぁ。最後は大外に持ち出して、あんなに外回さなくてもなぁとも思ったけれど、まぁ、このスタイルで勝ってきた馬だから、しかたないね」
    月見亭「私の◎マリアライトは1コーナーで落馬寸前の不利を受け、6着同着」
    びぜんや「流れの落ち着いたレースであんな不利を受けたら挽回は難しいよね。最後はこの馬なりに上がりを使ってはいるんだけれども」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−△)でハズレ、馬券も同じく。ルメールが怪しいと思って、2着馬も買い目に入れてたんだけどね……」
    びぜんや「僕は(××△)でハズレ、馬券は雲散霧消。ルメールが怪しいと思ってシルシは回したんだけど……って、そう思うなら大人しくシングウィズジョイに◎打っとけって話だよねぇ」
    月見亭「確かに」
    びぜんや「というわけで今週のことはなかったことにして。来週は今年最後の京都G機▲泪ぅ襯船礇鵐團ンシップだ」

    月見亭「昨年の覇者・モーリス、安田記念を勝ったロゴタイプが回避して小粒なメンバー」
    びぜんや「独国のスペクトゥルも案の定回避しちゃったしねぇ」
    月見亭「今は一線級はすぐに海外を目指すから、国内G気呂舛腓辰犯妙なメンバーになっちゃうときもあるね」
    びぜんや「一線級はみんなメジャーに行っちゃうNPBみたいではあるかな。G鞠錬監、それもすべて昨年以前の実績というのは物足りなくはある……」
    月見亭「というわけで結構な混戦メンバー。ここは高松宮記念、スプリンターズSと連続2着ミッキーアイルにG毅仮〔椶離船礇鵐后
    びぜんや「関屋記念、富士Sと重賞連勝中の4歳馬・ヤングマンパワーの勢いが怖い。若いうちはやりたいことなんでも出来るのさ♪」
    月見亭「西の前哨戦・スワンSを勝ったのがサトノアラジン。安田記念でも4着に入り、大器がいよいよ覚醒」
    びぜんや「NHKマイルC2着のロードクエストも有力馬の一角を担う。破格の末脚が淀の直線でどんなドラマを生み出すのか」
    月見亭「札幌記念でモーリスを破る殊勲を挙げたのがネオリアリズム。上にリアルインパクト、アイルラヴァゲインのいる血統を考えると、新馬戦以来のマイル参戦にも魅力あり」
    びぜんや「このレース2年連続2着のフィエロにとって、今年がラストチャンスか。得意の京都マイルで渾身の走りを見せる」
    月見亭「かつての皐月賞馬イスラボニータは富士S2着で力を示した。ここも力の違いを見せつけたい」
    びぜんや「サトノルパンはスプリンターズSで見せ場を作り7着、スワンSでは折り合いを欠きながら2着。精神面が課題となるが、底力は侮れない」
    月見亭「マジックタイムはダービー卿CTでロゴタイプに勝ち、府中牝馬Sではクイーンズリングの2着。G亀の力を持っていると見て間違いないね」
    びぜんや「中京記念で重賞初勝利をマークしたガリバルディは京都で【2,1,2,1】の淀巧者。富士Sでも最速上がりをマークしていて、侮れない1頭だ」
    月見亭「一昨年の勝ち馬・ダノンシャークはマイラーズCで2着に入っていて、老兵健在をアピール。百戦錬磨のヴェテランが再び混戦を断つ」
    びぜんや「穴は京都金杯の勝ち馬、ここが花道のウインプリメーラと、先行して渋太いクラレント
    月見亭「砂芝二刀流のスプリンター・スノードラゴンが最大の惑星。ディサイファはマイル2戦目で前進あるかな?」
    びぜんや「東京メインはダートのハンデ戦・霜月S」
    月見亭「根岸S2着の東京巧者・タールタンに注目」
    びぜんや「素質馬・チャーリーブレイヴが始動。府中の千四はベストの舞台だ」

     

    予想成績:月見亭4勝3分
    月見亭 (○−△)想定回収率 -14,370円・33.8%
    びぜんや(××△) 想定回収率 -21,700円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック