calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

女王杯特別登録馬チェック機曾王杯特集

0

    例年ならこの女王杯特集では、出走各馬についてのコメントと、今年の牝馬重賞戦線のレビューを公開しているのですが。

    今年の出走馬中、年内に重賞を勝った古馬は3頭(うち1頭は牝馬限定重賞に出走なし)、3歳馬に至ってはゼロ、という有様では牝馬限定重賞を振り返ってもしかたないかな、ということで、出走各馬のレビューのみにしています。

    それでは、五十音順でまずはアスカビレンから。


    ■アスカビレン
    巣立ちのときを迎えたスター候補生

    昨年の秋華賞でもちょっと見せ場を作っていましたが、古馬になって能力開花。夏に1000万下→準オープンと連勝し、府中牝馬Sでも4着に入りました。
    さすがにG気鷲澣錣高い気もしますが、博多Sでは2000mをこなしていますし、目下の勢いは魅力。穴として一考の余地はありそうです。
    ◇今年の重賞最高成績:府中牝馬S4着

     

    ■クイーンズリング
    京都に帰って来た2016年牝馬重賞戦線の主役

    昨年の牝馬三冠路線を賑わせた名脇役。今年はヴィクトリアマイルこそ崩れましたが、重賞2勝に牡馬相手のオープン特別で2着と、安定してきた成績を残しており、古馬としての充実が感じられます。
    1400mの重賞を2勝していますが、秋華賞2着の実績もありますし、血統的に見ても距離延長は問題ないはず。今年のメンバーなら十分主役を狙えます。
    ◇今年の重賞最高成績:府中牝馬S、京都牝馬S優勝

     

    ■シャルール
    覚醒のときを待つ未完の大器

    昨年暮れから冬場に3連勝。初音Sではリラヴァティを2馬身ちぎってオープン入りを決めています。
    その後は福島牝馬S、クイーンSでともにマコトブリジャールの2着。1番人気を裏切ってはいますが、牝馬重賞戦線の中心選手として定着しています。
    戦績を見ると平坦コースの方が安定しており、京都へのコース替わりは魅力。ここは人気を落としそうなところも買い材料です。
    ◇今年の重賞最高成績:福島牝馬S、クイーンS2着

     

    ■シュンドルボン
    真紅の怪物を封じたいぶし銀の女傑

    昨年夏から秋にかけて3連勝し、その後は牝馬重賞戦線の中心選手に定着。中山牝馬Sでは相手が落鉄していた、ハンデに恵まれたという注釈は必要ですが、あのルージュバックを下しています。
    マーメイドSでは見せ場を作りながら、最後はハンデに泣かされる形で僅差4着。関西遠征で実績を残したのは収穫で、重賞初挑戦だった昨年以上の結果が望めます。
    ◇今年の重賞最高成績:中山牝馬S優勝


    ■シングウィズジョイ
    乱世に笑う気まぐれな歌姫

    フローラSで母の無念を晴らす重賞初勝利、のあとは3戦連続のふた桁着順。
    しかし11番人気で迎えたターコイズSで重賞初勝利を挙げ、波乱の立役者となりました。
    とにかくつかみどころのない馬ですが、スムースに先行できたときは渋太いタイプで、先行有利な京都は合いそう。前走を無視して狙ってみるのも面白そうです。
    ◇今年の重賞最高成績:府中牝馬S7着


    ■タッチングスピーチ
    雷腕と豪脚 魅惑のタッグ

    昨夏の札幌で頭角を現すと、その末脚を武器にローズSを制覇。秋華賞では2番人気を裏切りましたが、女王杯では3着に突っ込んでいます。
    今年は京都記念の2着が最高ですが、大阪杯、目黒記念、宝塚記念と牡馬の強豪と真っ向からぶつかり合った結果。
    今回は休み明けとはなりますが、牝馬同士で得意の京都外回りとなれば、軽くは扱えません。
    ◇今年の重賞最高成績:京都記念2着

     

    ■デンコウアンジュ
    2歳女王を両断した石火の末脚

    昨年のアルテミスSでは12番人気の低評価を覆し、大外を矢のように伸びてメジャーエンブレムを下す大金星。
    しかし一転、今年は一度も馬券に絡めておらず、「一発屋」の雰囲気が漂っています。
    買い材料に乏しいというのが正直なところですが、京都外回りは初勝利を挙げたコース、というのは強調したいポイント。穴の魅力は秘めています。
    ◇今年の重賞最高成績:ローズS4着


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック