calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

エリザベス女王杯 先取り展望

0

    みやこS 実際の買い目
    【月見亭】複勝 1 複勝三連複軸2頭流し 1,10−総流し
    【びぜんや】単勝 10,15 複勝 10,15 ワイド流し 4−1,5,6,10,11,15 ワイド 10−15

     

    月見亭「苦難を乗り越え、G気良饌罎砲い驚緡Α」
    びぜんや「みやこSを勝ったのはアポロケンタッキー。中団追走から4コーナーで進出。最後まで脚色衰えず、チャンピオンズC切符を手に入れた」
    月見亭「ブラジルCで不可解な8着敗退。今回は半信半疑という感じだったけれど、終わってみれば強かった」
    びぜんや「前走は1番人気で受けて立つ立場、それがミツバの大逃げでぐだぐだになっちゃったけれど、今度は実績馬に挑む立場。松若騎手は積極的に馬を動かして勝機を自分からつかんだ」
    月見亭「チャンピオンズCではさらなる強敵が待ち受ける」
    びぜんや「まぁ、ここを勝ったくらいでいきなりG妓補とはいえないけれど、無視できないダークホースくらいにはなったかな。左回りの千八は初めてだけど、合いそうな気はするね」
    月見亭「2着はアポロケンタッキーと同じような位置から進めたグレンツェント」
    びぜんや「勝ち馬が動いたあと、ひと呼吸置いて進出。そのタイミングの差が勝敗を分けた。古馬相手にこれだけ出来れば上出来だけどね」
    月見亭「3着は内を衝いたロワジャルダン」
    びぜんや「後続は突き放しているし、斤量差を考えれば悪くない3着だ。今後のことを考えればせめて連絡みしたかったところではあるが……」
    月見亭「キミの◎カゼノコは見せ場なく10着に敗退」
    びぜんや「それなりに脚を使っているのにこの差というのは、位置取りが悪すぎたというか展開が向かなかったというか。追い込み馬の宿命ではあるが、見せ場くらいは作って欲しかったなぁ」
    月見亭「私の◎ラニは後方のまま13着に沈んだ……」
    びぜんや「分からんね、この馬は。ひょっとすると前走で砂をかぶる競馬を経験したことが裏目に出たかな」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△−)でハズレ、馬券ももちろん」
    びぜんや「僕は(−△−)でハズレ。見せ場のひとつもなく、いっそ気持ちのいい外れ方だ」
    月見亭「さて、来週からは有馬記念まで続くG毅系∪錣スタート」
    びぜんや「そのオープニングは白鳥舞う淀に覇を競うエリザベス女王杯だ」

    月見亭「G鞠呂錬各だけ、今年G気鮠,辰討い襪里錬影だけというちょっと寂しいメンバー。ショウナンパンドラもマコトブリジャールも引退しちゃったし」
    びぜんや「ファウンド、マインディング、セブンスへブンというそうそうたる名前が予備登録していたんだが、案の定来日しなかった。1頭くらい見たかったなぁ」
    月見亭「さらにヌーヴォレコルトは渡米、デニムアンドルビーもトーセンビクトリーも回避……。なんか死んだ子の年を数えるみたいな雰囲気になってきちゃった」
    びぜんや「なにより3歳のG鞠呂不在だもんなぁ。12年もジェンティルドンナがジャパンCに向かって3歳G鞠呂不在だったけれど、それ以来ということになるのか」
    月見亭「こうなれば去年の優勝馬で、宝塚記念で牡馬を蹴散らしたマリアライトが大本命。オールカマーで5着に敗れているけれど、これは去年も同じ。連覇に不安なし」
    びぜんや「昨年の二冠牝馬ミッキークイーンは距離不足のヴィクトリアマイルでも2着と結果を出した。ぶっつけ本番は気になるが、まともなら互角の地力馬」
    月見亭「クイーンズリングは京都牝馬S、府中牝馬Sを勝って実力を誇示。時計のかかる馬場も気にしないタフさを武器にG気膨む」
    びぜんや「3歳の大将格となるのが秋華賞2着のパールコード。京都では馬券を外していないし、54キロの斤量は魅力だ」
    月見亭「去年の3着馬・タッチングスピーチは京都記念で2着に入るなど、京都外回りが得意。切れ味鋭い末脚を武器に頂点を目指す」
    びぜんや「京都金杯を勝ったウインプリメーラはマイルCSとの両睨み。小倉記念で3着に入った実績を考えれば、牝馬限定の2200mも守備範囲だろう」
    月見亭「中山牝馬Sでルージュバックを破ったのがシュンドルボン。重賞初挑戦だった去年のエリ女は7着、今年は当然さらに上を狙う」
    びぜんや「マーメイドSであわやの2着に入ったヒルノマテーラカシオペアSで牡馬を撃破。思い切りのいい競馬で、直線一気に駆け抜ける」
    月見亭「福島牝馬SとクイーンSで2着に入っている実力者がシャルール。平坦コースは合うし、コーナー4つのコースなら大崩れないはず」
    びぜんや「穴は夏に連勝、前哨戦でも4着に入ったアスカビレンと、昨年の秋華賞3着馬・マキシマムドパリ
    月見亭「重賞2勝のシングウィズジョイは府中牝馬Sを叩いて前進。古都Sで穴を開けたステイヤー・プロレタリアトが不気味」
    びぜんや「福島では名物のハンデ重賞・福島記念」
    月見亭「ここはラジオNIKKEI賞を勝ったゼーヴィントにチャンス到来」
    びぜんや「小倉記念を勝ったクランモンタナがロングスパートで福島を制す」

     

    予想成績:月見亭4勝2分
    月見亭 (×△−)想定回収率 -11,270円・39.4%
    びぜんや(−△−) 想定回収率 -18,600円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック