calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

菊花賞 先取り展望

0

    秋華賞 実際の買い目
    【月見亭】単勝 2,6 複勝 2,6 ワイド 2−6 三連複軸2頭流し 2,3−総流し
    【びぜんや】単勝 1,5 複勝 1,5 馬連フォーメーション 7,14−2,5,7,9,10,14,16

     

    月見亭「良血の魔神、覚醒す!」
    びぜんや「秋華賞を勝ったのはヴィブロス。道中は中団待機から直線で鋭伸。33.4秒の最速上がりでライヴァルを一蹴し、秋の頂点に立った」
    月見亭「トライアルではスムーズさを欠いたけど、今回はスムーズな競馬。トライアルで後塵を拝したビッシュが早めに動いたのに対し、こちらはしっかり脚を溜めてたね」
    びぜんや「牝馬の末脚を引き出すことに関しては、福永騎手は本当に巧いよね。トライアルでの鬱憤を晴らすとともに、姉・ヴィルシーナの無念も晴らした」
    月見亭「ヴィブロスとヴィルシーナがG気鮠,辰董▲轡絅凜.襯哀薀鵑G蕎,繊佐々木オーナーの強運にも驚くわね」
    びぜんや「マジンプロスパーもいたしなぁ……。がんばれ、三浦大輔」
    月見亭「2着はパールコード」
    びぜんや「先行したカイザーバルを捉えた……と思う間もなく、外からヴィブロスに交わされた。力は示したし、力の足りないところも分かったというところか」
    月見亭「3着にはカイザーバルが入って小波乱の結果」
    びぜんや「早めに動いて抜け出したけど、結果的には他馬の目標にされる形に。展開の綾に泣いたね」
    月見亭「キミの◎ミエノサクシードは見せ場なく8着に敗退」
    びぜんや「後ろに構えすぎたのもあるけれど、末脚比べでも見劣った。連戦の疲れもあったかな」
    月見亭「私の◎ジュエラーは最後の最後に内を衝いて伸びたけれど、届かず4着」
    びぜんや「調子は戻っていたし、距離もこなしたけれど……。ベストの体調、ベストの距離だったら突き抜けられたかな。次走に期待だ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲○×)で馬連的中。だけど馬券は三連複で痛恨の軸馬2着4着、さらに複勝で痛恨の4着」
    びぜんや「僕は(○−−)でハズレ。馬券も痛恨のヒモ抜けだ」
    月見亭「さて来週は、3歳牡馬が未知の領域に挑む菊花賞」

    びぜんや「ダービー馬・マカヒキは不在、2歳王者・リオンディーズもターフを去ったが、まずは3歳のトップクラスが揃った好メンバーといえるだろう」
    月見亭「中心はダービー2着、神戸新聞杯を勝ったサトノダイヤモンドかしらね。『最も強い馬が勝つ』淀の長丁場で、2億4千万円の末脚が煌めく」
    びぜんや「皐月賞馬ディーマジェスティが二冠を狙う。セントライト記念を勝ってスタンバイOK、出世レース・共同通信杯の覇者が主役を張る」
    月見亭「エアメサイアの仔・エアスピネルがクラシックのラストタイトルに挑む。母は三冠最後の秋華賞で悲願の戴冠。息子もそれに続けるか」
    びぜんや「アーリントンC勝ち、NHKマイルC3着のレインボーラインは札幌記念3着で中距離適性を示した。モーリスら古馬の一線級に胸を借りた経験をここにぶつける」
    月見亭「神戸新聞杯でサトノダイヤモンドに迫ったのが、北海道で力をつけたミッキーロケット。ユメミルチカラで菊の冠をゲット」
    びぜんや「出世レース・大寒桜賞の勝ち馬、レッドエルディストは神戸新聞杯3着で菊花賞に滑り込み。紅葉の季節より早く京都を真っ赤に染める」
    月見亭「長丁場ばかりを使われてきたステイヤー・シュペルミエールも有力。長距離性能を武器に、春の勢力図を一気に塗り替える」
    びぜんや「スプリングSの勝ち馬・マウントロブソンは、父がディープインパクト、母の兄にクロフネという良血。競馬の歴史を塗り替えた血が目覚めるか」
    月見亭「こちらも良血馬・プロディガルサンはセントライト記念3着でお目覚めの気配。兄・リアルスティールの菊花賞2着に迫れるか、上回れるか」
    びぜんや「穴は阿寒湖特別が強い内容だったカフジプリンスに、ソングオブウインドの血が騒ぐコスモジャーベ
    月見亭「京成杯1番人気のウムブルフは札幌日刊スポーツ杯を圧勝して名乗りを挙げた。連勝中のジュンヴァルカンも気になる」
    びぜんや「東京メインはダート2100mの長丁場、ブラジルC」
    月見亭「なんと言っても注目はUAEダービーを勝ち、米国三冠に挑んだ怪物・ラニ」
    びぜんや「ラニのハンデをどうつけるか、ハンデキャッパーは悩んだだろうなぁ。個人的にはトラキチシャチョウが気になるが、最有力は砂のステイヤー・アポロケンタッキーだろうね」

     

    予想成績:月見亭2勝1分
    月見亭 (▲○×)馬連的中! 想定回収率 -4,620円・50.3%
    びぜんや(○−−) 想定回収率 -9,300円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック