calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ヴィクトリアマイル予想 byびぜんや

0
    今週は前フリなしで。

    ◎はスマートレイアー
    重賞初挑戦となった13年のG欺華賞でいきなり2着に入って見せた天才少女。
    その後、14年の阪神牝馬Sでは派手に出遅れながら最後の1ハロンで他馬をまとめて呑みこんで重賞初制覇、同年の府中牝馬Sでは最後方から追い込んで3着と、鋭い追い込みを武器に活躍してきました。
    しかし昨夏、米子Sを好位から押し切って脚質に幅を加え、前々走・東京新聞杯ではなんとなんとの逃げきって、エキストラエンド以下に2馬身差をつける完勝劇。続く前走・阪神牝馬Sでも、追い込んだ一昨年とは対照的な逃げきりを決め、イメージチェンジを果たしてここに乗り込んできました。
    マイルでは【4,0,0,2】、東京では【2,2,0,2】。ともに連を外しているのがこのヴィクトリアマイルで、一昨年には1番人気を裏切っているというのは確かに懸念材料ですが、これはともに末脚に徹した結果、前残りの流れに対応できなかったもの。逃げというオプションを加え、東京新聞杯では牡馬を撃破するなどパワーアップした今年は結果が違うはずです。
    先行馬に乗せれば天下一品の名手・武豊騎手を背に、ビッグタイトルを手にします。

    ○はウインプリメーラ
     
    チューリップ賞で2着に入るなど早くから素質が注目されており、重賞でも掲示板の常連になっていましたが、勝ちきれないレースが多く、条件戦暮らしが続いていました。
    しかし5歳となった昨年、パールSで1年ぶりにオープン復帰を決めると、小倉記念で3着に好走。
    年明けの京都金杯で、念願の重賞初制覇を決めました。その後も京都牝馬S3着、阪神牝馬S3着と好調を維持して3年前の桜花賞以来のG気望茲蟾んできます。
    左回りは未勝利で、走るの自体も一昨年夏の有松特別2着以来となりますが、かつてはメイSでスピルバーグと0.2秒差の実績もあり、左回りの適性は問題なし。
    2000mの牡馬混走重賞で見せ場を作るタフさと、マイル重賞を勝つスピード、そして大崩れしない立ち回りの上手さは、東京マイルにマッチするはずで、最内枠からの大駆けに期待します。

    ▲はミッキークイーン
    昨年の二冠牝馬が3つ目のタイトルを目指して登場します。
    始動戦となった前走・阪神牝馬Sでは1番人気に支持されながら2着に敗れましたが、勝ったスマートレイアーとは2キロの斤量差があってのクビ差。久々のマイルの流れに戸惑いながらも、最後は33.3秒台の上がりを使っているのですから、休み明けとしては上場の内容でした。
    東京にはオークス勝ち、クイーンC2着の実績があり、コース替わりは問題なし。定量戦になるのはプラス材料です。
    ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネが勝ったこのレースをステップに、名牝への道を駆け上がります。

    △はレッツゴードンキ
    昨年の桜花賞が特殊なペースに持ち込んでの逃げきりだったため、フロック視されがちですが、それ以前にも阪神JFとアルテミスSで2着に入るなど、牝馬路線の中心でコンスタントに上位に入っていた馬だということを忘れてはいけません。
    桜花賞後は勝利を挙げるどころか馬券にも絡めていない現状ですが、オークスから秋華賞の3戦は明らかに距離が長かったですし、マイルCSは古馬牡馬をリードする形になって0.5秒差6着と悪くない内容。前々走・阪急杯もミッキーアイルを相手に勝ちに行っての0.2秒差6着と、着順ほどには負けていません。
    前走・高松宮記念は明らかに相手が強すぎましたし、ペースも速すぎました。しかも直線で進路がなくなる致命的なロスがあっては8着に敗れたのもいたしかたないところ。それでも3着以下とは差がありませんでしたし、スプリントG気離據璽垢魴亳海任たことは、この馬にとっていい糧になったはず。秋華賞以来の牝馬限定戦となり、【1,2,1,1】のマイル戦に戻る今回は大きな前進が見込めます。
    今回はスマートレイアーという同型がいますが、好位で控えてもよし、向こうが控えるなら行ってもよし、どちらにしてもこの馬向きのペースに持ち込めそう。
    ドンキと岩田騎手の逆襲に注目です。

    ×はクイーンズリング
    フィリーズレビュー、京都牝馬Sと1400mの牝馬重賞を勝っていますが、その一方で秋華賞2着、女王杯でも8着とはいえ0.3秒差と、中距離でも互角に戦える性能を持っています。
    短距離でも勝ちきれるスピードと、中距離をこなせる底力を兼ね備えているというのは、東京マイルへの適性が高いということで、ここでも上位争いが期待できます。
    昨年の牝馬三冠レースでは後ろからの競馬をしていましたが、前走・京都牝馬Sでは好位から脚を伸ばして優勝。自在性があるところを見せています。
    重馬場で走ったダメージも、たっぷり間隔を取ったことで癒えたはず。昨年は脇役でしたが、今年はここから主役の座を狙います。

    もう1頭の×はマジックタイム
    3歳時にクイーンCで2着に入るなどの実績がありましたが、快進撃が始まったのは昨年の秋。
    1000万条件を突破すると、準オープンも2戦目でクリア。さらに久々の重賞挑戦となった京都牝馬Sで2着に入り、続く前走・ダービー卿チャレンジTでは、ロゴタイプが勝ちパターンに持ち込んだところを内からすくって重賞初制覇。ハンデに恵まれたとはいえ、ロゴタイプやサトノアラジン相手に快勝したのですから、価値があります。
    今回は定量戦となるのが鍵ですが、【2,2,0,1】と抜群の安定感を誇る東京マイルに舞台替わりするのはプラス材料。
    この勢いはG気任盪澆泙蠅修Δ砲△蠅泙擦鵝


    ◎2 スマートレイアー
    ○1 ウインプリメーラ
    ▲10 ミッキークイーン
    △11 レッツゴードンキ
    ×6 マジックタイム
    ×12 クイーンズリング

    買い目は◎からシルシの各馬への三連単軸1頭流し20点と、◎○からの三連複軸2頭流し、ヒモにはルージュバックカフェブリリアントストレイトガールショウナンパンドラトーセンビクトリーを加えた9点。さらにお気に入り血統・トーセンビクトリーの単複を抑えます。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ヴィクトリアマイルで優勝するにはマイルG1での入着実績が必要とか。唯一の例外が2008年のエイジアンウインズで、当時は該当馬がウオッカとピンクカメオの2頭しかいなかった。今年は5頭もいる上に人気上位馬をアテにしづらく、データ通りマイルG1実績馬を狙っていきたい
    • 顔出しNG presents 太いの堅いの
    • 2016/05/15 11:36 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は ヴィクトリアマイルを予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2016/05/15 12:13 PM
    ◎スマートレイアー
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2016/05/15 12:41 PM
    今流行りのデジタルな予想ではありませんが 昭和の匂いがするアナログ予想です。 [画像] [画像] 東京11R ヴィクトリアマイル G?馬7頭の豪華メンバーですね。 人気はジャパンCホース、ショウナンパンドラに オークス馬ミッキークイーンながら 前日
    • オヤジ渾身の左ムチ!!
    • 2016/05/15 2:02 PM
    <ヴィクトリアマイル> ◎15ショウナンパンドラ 〇10ミッキークイーン ▲06マジックタイム △02スマートレイアー 馬連 2‐6‐10‐15 BOX馬券 コメント: 牡馬との重賞で良い結果を出している馬は強いので 牡馬混合重賞の勝ち馬を重視しました。 本
    • ノースさんの競馬日記
    • 2016/05/15 2:03 PM
    東京11レース 第11回ヴィクトリアマイル ◎マジックタイム ○スマートレイアー ▲ショウナンパンドラ △クイーンズリング・ミッキークイーン・ルージュバック 見解 昨秋から急激に力をつけた◎マジックタイムを本命。
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2016/05/16 6:16 AM