calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

皐月賞 先取り展望

0
    桜花賞 実際の買い目
    【月見亭】複勝 12,13 馬連 1213 ワイド 1213 三連複軸2頭流し 12,13−総流し
    【びぜんや】単勝 10,11,15 複勝 10,11,15 ワイドボックス 10,11,15 三連複 10−11−15 馬単マルチ 5→10,11,12,13,15

    月見亭「銀の冠はもう要らない、手にしたのは桜色の宝石で飾られた唯一無二の金のティアラ!」
    びぜんや「桜花賞を勝ったのはジュエラー。後方2番手から末脚一閃。ここ2戦は差し届かなかったが、大一番で2センチ差し切った」
    月見亭「M.デムーロ騎手の大胆な騎乗。前走負けた馬も、2歳女王もいるのに迷わず馬のスタイルを守りきった」
    びぜんや「それに応えた馬も素晴らしいね。姉・ワンカラットとサンシャインは桜花賞で涙を呑んだけれど、妹が大仕事をやってのけた」
    月見亭「2着に私の◎シンハライト。中団から追い上げたけど、僅かにジュエラーのリヴェンジを許した」
    びぜんや「中団でメジャーエンブレムをマーク。タイミングよく抜け出したが、そこで逆にジュエラーに狙われる立場になってしまったな」
    月見亭「最後は首の上げ下げ。どっちにも勝たせたかったけれど、桜の冠はひとつしかなかった」
    びぜんや「それにしてもチューリップ賞でハナ差の接戦を演じた2頭が、今度もハナ差の接戦になるとはなぁ」
    月見亭「阪神マイルでは1勝1敗で決着がつかず。東京2400mに変わるのはどちらが有利かしらね」
    びぜんや「自在性がある分、シンハライトって気もするけどなぁ……」
    月見亭「3着は中団から差したアットザシーサイド」
    びぜんや「おあつらえ向きの瞬発力勝負になったけど、上位2頭にはあっさり置いて行かれた。力の差は認めざるを得ないね」
    月見亭「キミの◎メジャーエンブレムは中団からレースを進めて4着」
    びぜんや「先行馬がわーっと出て行ったときにどっしりと構え中団から。不本意なポジションに閉じ込められているうちに、不向きな瞬発力勝負の流れが出来てしまった。不完全燃焼の敗戦だったね」
    月見亭「オークスの優先出走権はこの4頭が獲得」
    びぜんや「アットザシーサイドはメジャーエンブレムの失策に乗じての3着という印象で、三強構造は変わらないだろうね。地の利のあるメジャーエンブレムに対し、決め手のあるシンハライト、ジュエラー」
    月見亭「そしてトライアルでどんな新星が出てくるか………」
    びぜんや「だね。さて、予想の結果を振り返ろうか」
    月見亭「私は(○◎−)で馬連的中、馬券は上位2頭の複勝に馬連、ワイド、三連複も当たってほくほくだよ。惜しむらくはアットザシーサイドと迷ってソルヴェイグに×印を打ってしまったことかな」
    びぜんや「僕は(▲×○)で予想はハズレ、馬券はアットザシーサイドの複勝が当たったけれども獲って損。どうせ外れるなら思い切ってアットザシーサイドかラベンダーヴァレイに◎を打った方が面白かったかな」
    月見亭「さて、来週は牡馬のクラシック。中山で一番速い馬を決めるレース、皐月賞」
     
    びぜんや「桜花賞同様こちらも三つ巴。三強で決まるのか、桜花賞のように一角崩しがあるのか、はたまた大波乱か」
    月見亭「注目は“2億4千万の男サトノダイヤモンド。きさらぎ賞を持ったままで楽勝、まさにダイヤモンドのような強さで、無傷のまま中山に乗り込んでくる。目の眩む様な末脚に注目」
    びぜんや「マカヒキは新馬戦、若駒S、弥生賞と、父・ディープインパクトと同じ軌跡を辿って3連勝。もちろんここは父仔三冠への通過点だ」
    月見亭「2歳王者リオンディーズは弥生賞2着完敗も、休み明けだったし、あえて脚の使いどころを計るようなレースぶり。桜花賞ジョッキー・ミルコの頭には逆襲のシナリオが描かれているはず」
    びぜんや「西のトライアル・若葉Sを制したのがアドマイヤダイオウ。新馬戦でリオンディーズの3着に敗れたあと3連勝。東に初降臨する恐怖の大王に注目だ」
    月見亭「弥生賞3着のエアスピネルも差はない。デイリー杯2歳Sは圧勝、朝日杯FSも弥生賞も後続を千切っていた。挑戦者の立場で挑む今回は手強い存在」
    びぜんや「スプリングSで接戦を制したのがマウントロブソン。父がディープインパクト、母の兄がクロフネというこてこての“金子血統”。黒船級の衝撃をクラシックにもたらすか」
    月見亭「新潟2歳Sで驚異的な末脚を見せたのがロードクエスト。中山は父・マツリダゴッホが愛した舞台。ライヴァルを直線一気に呑みこんで見せる」
    びぜんや「京成杯からここに直行してきたのがプロフェット。力のいる最終週の馬場は合いそうだし、コースも克服済み。侮れない伏兵だ」
    月見亭「出世レースの共同通信杯で、好メンバー相手に快勝したのがディーマジェスティ。もはや共同通信杯からの直行は裏街道なんて言えないもんね」
    びぜんや「京都2歳Sの勝ち馬・ドレッドノータスは折り合い面に課題を残すが、秘められた力は確か。落ち着いて臨めれば、食い込みも十分にある」
    月見亭「穴は、すみれSを勝ったジョルジュサンクに、中山で血が騒ぐミライヘノツバサ
    びぜんや「若葉S僅差2着・ナムラシングンの評価が低くないか? 先行力のあるリスペクトアースも要注意」
    月見亭「土曜日には中山グランドジャンプがあるけど、これはサナシオンで決まりかな」
    びぜんや「アップトゥデイトが回避しちゃったもんねぇ。エイコーンパスが故障で引退、オースミムーンも戦線離脱しちゃったもんなぁ」
    月見亭「日曜メインは阪神が準メインの難波S、福島が1000万条件の奥の細道特別。阪神はプロクリスに期待」
    びぜんや「僕はトーセンビクトリーの復活に賭けよう」

    予想成績:月見亭2勝1敗
    月見亭 (○◎−)馬連的中! 想定回収率 −6,850円・21.3%
    びぜんや(▲◎−)想定回収率 -7,230円・16.9%
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック