calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞 出走有力馬チェック

0
    ラベンダーヴァレイ
    早春に開く遺伝子が、今年は仁川で小さな花をつけた。兄たちはトライアルホースで終わったが、妹はその壁を敗れるか。“沈黙の少女”、今満開のとき。
    ◇チューリップ賞では上位2頭の決め手に屈しましたが、久々、しかも格上挑戦ということを考えれば上々の3着だったといえるでしょう。馬体重の増減が大きいタイプだけに、消耗の少ない状態で本番に臨めるのは○。三強の一角が綻びたとき、そこに食い込む力はあります。

    レッドアヴァンセ
    マイル界に燦然たる足跡を残す兄たちの後を追い、桜の舞台にやって来た“約束の桜姫”。淀で見せた脅威の切れ味は両親譲り。一世一代の舞台で、そのDNAが開花する。
    ◇私のPOG指名馬で、エルフィンSを鮮やかに差し切ったときは「桜花賞の◎はこれで決まった」と思ったんですが、チューリップ賞でまさかの大幅馬体減。中間の様子を見ても馬体を戻すのに汲々としているように感じられますし、兄2頭が2週続けて大敗しているのも気がかり。強気にはなれません……。

    アドマイヤリード
    中京で、淀で、混戦をものにした“漆黒の統率者”。タフなレースで燃える勝負根性は父譲り。前哨戦大敗はプライドが許さない。失うもののない場所からひたすらに前を向く。
    ◇自己条件ではいい勝ちっぷりを見せますが、重賞に入るとてんでダメ。チューリップ賞は16着に殿負けしており、休み明け、出遅れを考慮しても評価は出来ません。いい瞬発力はあるので、フローラSなど距離を伸ばしたところで見てみたい気がします。

    カトルラポール
    メンバー最多13戦のキャリアを誇り、4つの競馬場で馬券に絡んだ“若き女旅芸人”。戦場を選ばないマルチタレントが、再び波乱を呼ぶべく花の都へと乗り込む。
    ◇春菜賞では11番人気の低評価を覆してV。しかし真価が問われたフィリーズレビューでは12着に大敗してしまいました。先行して器用さを生かすタイプだけに、大味な競馬でも通用する阪神外まわりは合わなさそうですし、強力な同型の存在も気になります。

    ジープルメリア
    ダートでスピードの違いを見せた“砂の美獣”が再び芝に帰って来た。先行しても脚を溜めてもレース出来るセンスの持ち主。新大陸の血が、牝馬戦線の勢力図を刷新するか。
    ◇新馬戦ではキャンディバローズに勝っていますが、その後が案外。ダートに転じてようやく2勝目を挙げることが出来ました。芝もこなせますが、さすがにこのメンバーに入ると見劣りは否めません。

    メイショウバーズ
    ダートで逃げきり、芝で押し切った“快速の都鳥”。アネモネS9着も着差ほどは負けてない。関西に戻り再び、大きな翼を広げる。
    ◇ダートで勝ち上がった直後に芝でも勝利のオールラウンダー。血統を考えれば芝の方が能力を生かせるでしょう。ただ現状ではマイルはちょっと距離が長そう。それに重賞初挑戦がG気箸いΔ里浪戮重すぎます。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック