calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞 出走有力馬チェック

0
    桜花賞の出走有力馬をレビューしてみました。

    アットザシーサイド
    世代屈指の切れ味を誇る“ウェーヴ・リッパー”。母は最強世代のG毅鈎綰蓮J譴硫未燭擦覆った夢をかなえるべく、突き抜けると信じてただ無心に直線を貫く。
    ◇デビュー2戦で切れ味を見せましたが、重賞ではいい脚を使うものの善戦止まり。末を生かすという意味では距離延長はプラスでしょうが、展開が向いてくれるかどうか、です。

    アッラサルーテ
    アネモネSを逃げて波乱を呼び、桜切符を掴んだ“幻酔天女”。トライアルでは逃げを打ったが、本来は先行型。馬群の中で息をひそめ、展開に乗じて再びの波乱を狙う。
    ◇アネモネSでは距離延長に対応し、差し返そうとする勝負根性を見せての2着。このレースだけをみれば高い評価を与えることが出来ますが、それがG気把麺僂垢襪どうか。好位の内で脚を溜められれば面白そうですが。

    ウインファビラス
    新潟2歳S、阪神JFと2度波乱を呼んだ、“眠れる黄金”。順番通りなら、今度はみたび波乱を起こす番。阪神JFで後続に1馬身1/4差をつけていたことを忘れるな。
    ◇新潟2歳S、阪神JFはともに相手が強かったとしか言いようのない2着。しかしアルテミスS、チューリップ賞では見せ場なく大敗しており、強いのか弱いのかつかみどころのない馬です。馬券に絡めるかどうかはオッズとパドック次第ですね。

    キャンディバローズ
    ファンタジーSを好位から差し切り、フィリーズレビューでは逃げて3着。センスとスタミナを兼備した“小さなレジスタンス”。姉・ファインチョイスは桜花賞でジェンティルドンナの7着。それを上回る成績を残したい。
    ◇血統的にも実績的にも千二、千四の馬という印象。距離延長は強気にはなれません。札幌でレコードを出しており、ある程度パワーの要求されるコースは合いそうで、ひと叩きした効果があれば。

    ジュエラー
    シンザン記念で破格の末脚を見せ、チューリップ賞を豪快に追い込んだ“閃煌乙女”。牡馬相手の実績は威張れるもの、牝馬同士なら当然戴冠を視野。
    ◇シンザン記念の目の覚めるような末脚には驚きましたが、チューリップ賞でも再びその末脚を披露。スタートが苦手でどうしても後ろからの競馬になってしまいますが、魅力のある一頭だと思います。

    シンハライト
    チューリップ賞を制し、無敗の桜冠に王手をかけた“汚れなき秘宝”。息の長い末脚と、接戦をものにする勝負根性は阪神外回りで生きる武器。
    ◇無敗の桜花賞を目指す……というと、無敗馬が枕を揃えて討ち死にした昨年の桜花賞が思い出されて微妙な感じもしますね。メジャーエンブレムと勝負付けが済んでない、といえば聞こえがいいですが、言い換えればあれほど強力な先行馬は未経験。あまり買いかぶらない方がいいように思えます。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック