calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞 先取り展望

0
    大阪杯 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 2,6−総流し
    【びぜんや】馬連流し 7−1,2,3,4,6,8,9

    月見亭「我も亦大海を渡り、世界に我が名を知らしめん! 若駒が宣した大いなる野望!」
    びぜんや「大阪杯を勝ったのはアンビシャス。2番手に上がって逃げるキタサンブラックを徹底マーク、ゴール目前で競り落とした」
    月見亭「今までの直線一気とは違う競馬で新境地を開拓。2コーナーでは持ってかれかけてたけど、そこから横山典騎手がうまく折り合わせて力を引きだしたね」
    びぜんや「これまでは他馬とは関係なしに末脚を使うだけの大味な競馬。しかし今回はキタサンブラックに狙いを定めてマッチレースに持ち込み、競り勝った。初めて“レース”をして結果を出したという意味で、2勝にも3勝にも匹敵する大きな勝利だった」
    月見亭「それにしても今年の4歳馬は層が厚いわね。ドゥラメンテ、リアルスティールが海外に行っても、阪神大賞典をシュヴァルグランが勝って、大阪杯はアンビシャスとキタサンブラックがワン・ツーと、次から次へG妓補が出てくる」
    びぜんや「同世代が競って、後々まで語り継がれるようなライヴァル関係を築いてくれたら楽しいよね」
    月見亭「2着はキミの◎キタサンブラック」
    びぜんや「ハナを主張してマイペースに持ち込み、最後までアンビシャスの猛攻に抵抗したが及ばず。しかし休み明けと斤量を考慮すれば、上出来の2着だ」
    月見亭「3着は最速上がりをマークしたショウナンパンドラ」
    びぜんや「今回は前に行った2頭の競馬で、待機組には出番がなかったね。それでも仕上げ途上の状態でこのメンバー相手に3着なら次走は楽しみだ」
    月見亭「私の◎ラブリーデイはそこから1馬身半遅れて4着」
    びぜんや「行き脚がつかず中団待機になり、さらにスローの団子状態になって動くに動けず。地力で4着まで上がってきたが、不本意なレースだった」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△−)でハズレ。馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(▲◎−)で、予想も馬券も馬連的中だ」
    月見亭「さて来週は、仁川を舞台にクラシックが華々しく開幕。3歳牝馬がスピードを競う桜花賞!」
     
    びぜんや「中心は2歳女王メジャーエンブレムで揺らぐまい。クイーンCはハイペースで逃げ、そのまま後続を潰して5馬身差のレースレコード勝ち。父・ダイワメジャーというよりはその妹・ダイワスカーレットを彷彿とさせる快速牝馬だ」
    月見亭「ならシンハライトは、チューリップ賞でウオッカのレースレコードをブレイクした決定力が武器。無敗の桜冠に王手をかけてる」
    びぜんや「フィリーズレビューを快勝したソルヴェイグは好位をそつなく立ち回れる操縦性が魅力。有力馬の間隙を衝き、上位進出を狙う」
    月見亭「チューリップ賞2着のジュエラーは、シンザン記念でも破格の末脚で2着に食い込んでいる。クラシックでもおなじみの血統馬が、末脚勝負でタイトルを目指す」
    びぜんや「新潟2歳S12番人気2着、阪神JF10番人気2着のウインファビラスは、今回も人気を落としそう。逆境に強いステイゴールド産駒が密かに闘志を燃やす」
    月見亭「ファンタジーSの勝ち馬・キャンディバローズは1ハロンの距離延長が課題。父譲りの切れ味をここで見せることが出来るか」
    びぜんや「アットザシーサイドはフィリーズレビューで展開が向かない中2着に健闘。切れ味を生かせる流れなら、マイルでもいけるはずだ」
    月見亭「メジャーエンブレムに唯一土をつけた馬がデンコウアンジュ。アルテミスSで番狂わせを演じた稲妻の末脚が、阪神の外回りで炸裂する」
    びぜんや「久々となったチューリップ賞で3着に入り桜切符を掴んだのがラベンダーヴァレイ叩いた上積みは大きいはずで、気になるダークホースだ」
    月見亭「フェアリーSを逃げきったのがビービーバーレル。今回は強力な同型がいるけれど、怯まずに挑んで活路を開きたい」
    びぜんや「レッドアヴァンセの前走は馬体減がすべて。兄3頭がマイル重賞勝ち馬という良血馬、自慢の切れ味が大一番で復活するか」
    月見亭「函館の一番星ブランボヌールが捲土重来を期す。阪神JFでも3着に入っている安定株。前走14着だけで評価を下げるわけには行かない」、
    びぜんや「穴は母仔制覇の期待がかかるカイザーバル
    月見亭「末脚が生きる流れならメイショウスイヅキの一発も」
    びぜんや「来週日曜の重賞は桜花賞だけだけど、中山で春雷S、阪神で忘れな草賞、大阪−ハンブルクC、福島で福島民報杯とオープン特別が4つの豪華版」
    月見亭「大阪−ハンブルクCは長距離砲・ラブラドライトの復帰戦。ハギノハイブリッド、レコンダイトに勝機到来」
    びぜんや「忘れな草賞はフロムマイハート、リセエンヌと僕のお気に入りが2頭出し。強敵は阪神JF4着のペプチドサプルに良血・ロッテンマイヤーだ」

    予想成績:びぜんや1勝1敗
    月見亭 (×△−)想定回収率 −4,710円・15.9%
    びぜんや(▲◎−)馬連的中! 想定回収率 -4,130円・26.3%
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック