calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

フィリーズレビュー予想 byびぜんや

0
    短髪の少女が渚を駆けていた。
    深い砂に一筋の足跡が刻まれ、汗が吸い込まれていく。
    「まだ、まだまだや……!」
    乾いた呟きを漏らし、大腿筋に力を込める。
    「哈ッ!」
    気合を一閃、波を蹴る。その切れ味は一瞬、波頭を裂いた。
    「あかん、まだ切れ味が足らんわ」
    自分を追い詰める言葉を吐いた少女は、冬の悔恨を思い出す。
    スタートも決めた、自慢の末脚を炸裂させた、それでも届かなかった。
    勝者にも。
    自分が目標とした、母親にも。
    冬の悔しさはしかし、少女を育てる糧となった。
    「今度は負けへん。絶対、勝ったる」
    渚に足跡と汗の滴が刻まれ、航跡を描く。
    しかし彼女の前には強敵が待っていた。

    御伽噺の国から来た少女は甘い笑顔で罠に誘う。
    「ここは私のための花舞台。踊りましょう、雌雄が決まるまで踊り続けましょう……」
    底知れぬ能力を秘めた光輪の王妃。
    「私としては先週走ってもよかったんだけど。G兇諒が賞金が高いってのはいいわね」
    変幻自在の兎娘が仁川に帰還。
    「今度は千四だって〜。お兄ちゃんみたいに末脚を生かそっかなぁ」

    桜花賞トライアル最終戦、フィリーズレビュー。
    ここ一番に賭けた少女たちが、花の都に覇を競う。

    ◎9 アットザシーサイド
    デビュー戦では残り1ハロンから一気に差し切った瞬発力の持ち主。
    続く秋明菊賞では後方待機から馬群を割って進出すると、33.9秒の上がりをマークして2馬身突き放す快勝劇。
    先行馬との差を瞬く間に埋め、ライヴァルを一瞬で突き放す鋭い切れ味を武器にしています。
    前走・阪神JFでは5着に敗れていますが、デビュー戦からマイナス14キロと馬体を減らし続けていた上に、残り4ハロンから加速して脚がたまりにくいラップになったこと、さらに外外を回らされる展開といくつかの敗因が重なったもの。
    リフレッシュして、実績のある7ハロンに戻り、相手も手頃になる今回は当然好勝負が期待できます。

    ○7 キャンディバローズ
    アストンマーチャン、ワンカラット、アイムユアーズ、ベルカントと、ファンタジーS連対馬が過去10年で4勝しているのがフィリーズレビューの傾向。
    なら昨年のファンタジーS勝ち馬を軽視することは出来ません。
    鉄砲実績がありますし、札幌でレコードをマークしていることから洋芝まじりの阪神は合いそう。ファンタジーSで5頭横一線の激戦を制した勝負根性は、混戦メンバーの中で武器になりそうです。

    ▲5 ボーダレス
    札幌のすずらん賞で3着に入り、中山のカンナSを完勝。
    1勝馬が半数を占める低調なメンバーの中で、このオープン実績は注目に値します。
    前走・京王杯2歳Sでは11着に大敗していますが、スタートで後手を踏んだ上に、直線では内で詰まって脚を余したもの。まったくレースに参加できておらず、これで距離が合わない、重賞は荷が重いと決めつけることは出来ません。
    今回が京王杯2歳S以来の始動戦となりますが、ここを目標にしっかり乗り込まれ心配は無用。一発を秘めた惑星です。

    △14 クードラパン
    1400mに実績のある馬、1200mからの距離延長馬が揃った今回のメンバーの中で異色の、マイルからの距離短縮馬です。
    前走・フェアリーSでは4着に敗れていますが、これは逃げたビービーバーレルにまんまとペースを握られたもの。好位から抜け出しを図ったはずが勝ち馬の策にはまっていたわけで、力負けではありません。
    マイルで楽に先行できる速力があり、距離短縮にも対応可能。うまく脚を溜めて切れ味を引き出せれば、巻き返しが見込めます。

    ×は良馬場で見直したい2 ソルヴェイグと、大外枠から末脚にかける18 メイショウスイヅキ

    買い目は◎の単勝と、◎からのワイド流し。ヒモにはダイアナヘイローを加えた計6点で。

    ■ おまけ ■ 中山牝馬S予想
    ◎9 ハピネスダンサー/前走は牡馬相手に差を詰めた。軽ハンデでここも好戦。
    ○4 アースライズ/昨秋以降充実の足跡。ここから牝馬戦線の中心へ。
    ▲10 アルマデイヴァン/サマーマイルで牡馬と互角の戦績。距離は守備範囲。
    △12 シングウィズジョイ/前走が完勝。距離延長はプラスで、2キロ増でも。
    ×8 ノボリディアーナ/千八のG兇魏勝。自在の脚質も魅力。
    ×7 フレイムコード/自分のペースなら崩れない。侮れない7歳牝馬。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    第34回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII) 競馬コンパスバランス上位7 ハピネスダンサー ◎ ルージュバック ————– シュンドルボン シングウィズジョイ ノボリディアーナ リーサルウェポン クインズミラーグロ 第50回報知杯フィ
    • ボウの競馬予想ブログ
    • 2016/03/13 12:29 AM
    フィリーズ・・キャンディバローズ 中山牝馬・・レイヌドネージュ
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2016/03/13 8:41 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は フィリーズレビューを予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2016/03/13 11:39 AM
    中山11レース 第34回中山牝馬ステークス ◎ハピネスダンサー ○ルージュバック ▲シュントルボン △アースライズ・シングウィズジョイ・リーサルウェポン 見解 小倉大賞典では、好位追走もコーナーを回るごとにポジションを下げたハピネスダンサー。それでも最後は
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2016/03/14 7:49 PM