calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

フェブラリーS予想 byびぜんや

0
    ひと月ほど前、「JUGEMブログでJASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました」というお知らせが出ていました。
    これでこれからは予想の前フリ、または本文で歌詞を織り交ぜて書いてみたり、先取り展望で私や月見亭が一曲歌ったり、ということも可能になったわけです。
    さっそくフェブラリーSの本命馬と同名の名曲を口ずさんでみたいところですが。
    このジャズナンバーには歌詞がないのでした。

    ◎はモーニン
    前走・根岸Sでは立ち遅れ気味になりながらもすぐに好位に取りつき、力強く抜け出して快勝。タイムはレースレコード、キャリア6戦目での古馬ダート重賞勝ちはタイ記録という快挙でした。
    1400mでも楽に先行できるスピードとセンスはもちろんここでも生きてくるでしょうし、前走で澱みのないペースを、他馬にマークされながら押し切ったタフネスは大舞台でこそ生きるはず。今回は叩き2走目で前走以上のパフォーマンスも期待出来ます。
    武蔵野Sで3着に敗れているだけに1600mへの距離延長がプラスになるとは言いきれませんが、実績のない距離ではありませんし、まだまだ成長が見込める4歳馬ですから、1度の敗戦で「適性無し」と決めつけるのは早計。先行激化と雨の影響が残った馬場で、速い時計の決着になりそうなのも、この馬にとっては歓迎材料で、まだ底を見せていない大器の可能性に賭けてみたくなります。

    ○はベストウォーリア
    東京ダート1600mに似たコース形態の盛岡ダート1600mで行われる、マイルチャンピオンシップ南部杯を連覇。もちろん東京砂マイルも得意にしており、昨年のこのレースでは3着に健闘。やはり左回りでコーナーふたつのプロキオンSも連覇しており、この条件の安定感が光ります。
    前走・JBCスプリントではコーリンベリーにペースを握られ3着に敗れましたが、【5,2,2,1】と得意にするマイル戦に戻って巻き返しは必至。逃げ・先行タイプが揃い流れが速くなりそうな今回、最後の直線で決め手を見せつけるお膳立てはそろっています。

    ▲はノンコノユメ
    デビュー当初は脚質が定まらず、勝ったり負けたりを繰り返していましたが、青竜Sで直線一気を決めて、追い込みに道を定めてからはまさに破竹の快進撃。
    ユニコーンSを圧勝すると、JDDも完勝。さらに武蔵野Sでは3歳馬にとって酷量とも言える58キロを背負って差し切ってみせました。前走・チャンピオンズCでは2着に敗れ連勝は4で止まりましたが、これは勝ち馬の立ち回りが巧かっただけ。
    今回はその時の勝ち馬・サンビスタは不在ですし、差しの決まりそうなメンバー構成、重馬場不問の実績、そしてなにより5戦4勝、うち重賞2勝と断然の実績を誇る東京ダート1600mに帰って来るとなれば、ここは当然中央G欺蘊〕の期待が高まります。

    △はホワイトフーガ
    今回は昨秋のチャンピオンズCでサンビスタの後塵を拝した馬が6頭出走。
    そのサンビスタをJBCレディスクラシックで5馬身後方に切り捨てていたのがこの馬です。
    端午Sを勝ったあとは5戦連続で地方交流の牝馬限定重賞を使われており、古馬の牡馬と戦うのはこれが初めて。力関係は「やってみないと分からない……」というのが正直なところですが、左回りは【2,0,0,0】と得意にしていますし、1400mでも【2,0,0,0】という成績を見ればマイルへの距離短縮もプラスに出そう。
    牝馬限定の中距離戦では先行することが多いですが、この舞台ならじっくり構えて息の長い末脚を使えそうで、ここでいきなり全国区に躍り出ても不思議でないヒロイン候補生です。

    ×はコパノリッキー
    一昨年は殿人気で大穴をあけ、昨年は1番人気に応えたダートの快速馬が、三連覇を狙ってこの舞台に帰って来ました。
    今回は同型が他にもいて流れは厳しいものになりそう。しかもここ2走は自分の形に持ち込みながら馬券に絡めない大敗続きとなれば、前日3番人気も頷かざるを得ませんが、昨年の東海SやフェブラリーSがそうだったように、控えても競馬が出来ますし、前が止まらない重馬場になれば【2,2,0,1】。
    まだまだダートでは中堅の部類に入る6歳馬が、世代交代に待ったをかけます。

    もう1頭の×はタガノトネール
    今回と同舞台で行われた武蔵野Sで2キロ斤量の軽かったモーニンを寄せつけず、ノンコノユメとは際どい勝負を演じたこの馬を抑えないわけには行きません。
    今回はモンドクラッセ、コパノリッキー、コーリンベリー、スーサンジョイと逃げ候補が揃って先行激化が予想されており、逃げ・先行型のタガノトネールにも不利な流れとなりそうですが、この馬が高いパフォーマンスをみせるのはむしろテンが速いハイペースになったとき。逃げ馬を突つきつつ後続には脚を使わせ、最後にスタミナを武器に粘り込むというのがこの馬の得意技なのです。
    前半3ハロンが34.4秒という芝なみのペースで流れた武蔵野Sで、2番手先行からノンコノユメに冷や汗をかかせたあの競馬がこの馬の真骨頂。今回も侮ることの出来ない名脇役です。

    ◎14 モーニン
    ○5 ベストウォーリア
    ▲7 ノンコノユメ
    △2 ホワイトフーガ
    ×3 コパノリッキー
    ×13 タガノトネール

    買い目は◎の単複と◎からの馬連流し、ヒモには重巧者のロワジャルダンを加えた計6点で。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ダイヤモンドS、馬連的中 フェブラリー・・コパノリッキー 小倉大賞典・・ベルーフ
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2016/02/21 8:06 AM
    <フェブラリーS> ◎07ノンコノユメ 〇03コパノリッキー ▲14モーニン △02ホワイトフーガ 馬連 2‐3‐7‐14 BOX馬券 コメント: 今日の雨はかなり降ったので明日は少し特殊な馬場になりそうです。 不良の重賞を勝った馬中心でいきます。 本命はノ
    • ノースさんの競馬日記
    • 2016/02/21 8:49 AM
    東京11レース 第33回フェブラリーステークス ◎ノンコノユメ ○ベストウォーリア ▲ホワイトフーガ △モーニン・コパノリッキー・ロワシャルダン 見解 脚抜きの良い前が止まらない湿ったダートで、追込馬を本命にするのはどうかと思うが、ノンコノムメの脚はG1級
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2016/02/21 9:00 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は フェブラリーSを予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2016/02/21 10:09 AM