calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

アルゼンチン共和国杯予想 byびぜんや

0
    明日は日曜だというのに名古屋に出張。
    競馬からすっかり離れた一日になります。
    というわけで、岩手競馬の予想と、毎週日曜公開の先取り展望はお休みさせていただきます。

    明日は人前に立って話をしないといけないんですが。
    持ち時間が30分なんですが。
    ここで書いているのと同様、話をしているとぐだぐだと長くなってしまうタチなので、いかにして尺に収めるか、悩んでいるところです。
    ……いや、余計な方向に脱線しなきゃいいだけどいうことは分かってるんですけどね。

    ◎15 ゴールドアクター
    デビュー当初はなかなか勝ち星に恵まれず、乾坤一擲の勝負に出た青葉賞でも0.1秒差4着に敗れ、ダービー出走の夢は断たれました。
    しかしひと息入ったあとの北海道シリーズで、鞍上に吉田隼人騎手を迎えてから大変身。札幌2600mの自己条件を圧勝すると、続く支笏湖特別も完勝。菊花賞では離されたとはいえ3着に入り、春とは別馬のような充実期を迎えました。
    明け4歳となった今年も勢いは止まらず、降級戦の洞爺湖特別、そして前走・オクトーバーSと快勝。特に前走はトップハンデを背負いながらも、3番手から最速上がりを繰り出して1馬身3/4差という好内容でした。
    今回がオープン昇級初戦にはなりますが、菊花賞や前走の内容を見れば、オープンでも通用するのは明らか。56キロのハンデもむしろ恵まれた感じで、さらに連勝を伸ばしそうです。

    ○10 ヒラボクディープ
    一昨年の青葉賞勝ち馬ですが、その後は鳴かず飛ばずで12連敗。しかし前走・丹頂Sでは中団追走から進出、最速上がりを使って最後は後続を3馬身半突き放し、2年4か月ぶりの勝利に酔いました。
    とはいえこの勝利はフロックではなく、5月のモンゴル大統領賞では勝ち馬から0.3秒差の3着に好走していましたし、続くエプソムCでもエイシンヒカリ、ディサイファといった強敵相手に0.5秒差の5着と健闘。この東京で復活への礎を築いていたのでした。
    今回も実績のある長距離戦ですし、春に好走した東京へのコース替わりも問題なし。エプソムCの上位馬のような強敵も見当たらず、ここは一気に連勝を決めたいところです。

    ▲8 プロモントーリオ
    3歳時はダートを主戦場にしていてクラシックには無縁でしたが、その後芝に転じて才能開花。メトロポリタンSではラブリーデイの2着に入る健闘を見せていましたし、続く目黒記念でも3着。重賞初勝利は間近とも思われました。
    しかしその後1年4か月の休養を余儀なくされ、ようやくこの秋に復帰。
    その初戦となったオルフェーヴルメモリアルでいきなり末脚を炸裂させ、最速上がりでライヴァルを一蹴してド派手に復帰戦を飾りました。
    長期休養明けを叩いた効果でさらに前進するか、あるいは反動が出るのか、期待と不安が半々ですが、東京は【2,1,1,1】と走りますし、この舞台には目黒記念3着の実績あり。あっさり勝たれてもおかしくない実力者です。

    △7 フラガラッハ
    父・デュランダル譲りの末脚を武器に中京記念を連覇した、個性派マイラー。
    ですが、ここ最近は中長距離路線に転じ、鳴尾記念3着などの結果を残しています。
    今年はAJCCで最速上がりをマークし、0.5秒差の6着。日経賞では意外にも逃げる形になりながら、見せ場を作って0.5秒差5着と健闘しています。
    日経賞の上位馬から比べれば今回は相手関係が楽になっていますし、逃げる競馬ではなく、府中の大直線で本来の末脚を生かすことが出来れば、前走以上の結果が出てもおかしくありません。
    鉄砲実績も豊富なヴェテランが、職人芸の追い込みで沸かせます。

    ×は昨年の3着馬・×1 スーパームーンと、左回りで安定感のある13 ロンギングダンサーを指名します。

    買い目は◎からの馬連流し。ヒモには18 レーヴミストラルと6 レコンダイトを加えた7点。

    ■ おまけ ■ みやこS予想

    ◎11 ダノンリバティ/重賞で強敵相手に好走。成長期の3歳馬、今度は勝つ番だ。
    ○5 エーシンモアオバー/老いてますます盛ん。先手取れば渋太い。
    ▲9 クリノスターオー/京都4勝の実力者。展開も向きそうで。
    △10 ソロル/広いコースで差し脚決まる。流れひとつで。
    ×1 ローマンレジェンド/フレッシュな状態のときの方が走る。。58キロも背負い慣れたもの。
    ×6 マイネルクロップ/ここ狙いで帰って来た淀巧者。

    MATCH RACE EXACTAはクリノスターオーを軸に、◎○△へ馬単で流します。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <アルゼンチン共和国杯> ◎10ヒラボクディープ 〇15ゴールドアクター ▲18レーヴミストラル △09サトノノブレス 馬連 9‐10‐15‐18 BOX馬券 コメント: G2とはいえハンデ戦なので毎年難しいレースです。 最近の傾向は重賞勝ち馬の復活なので重
    • ノースさんの競馬日記
    • 2015/11/07 11:48 PM
    アルゼンチン・・メイショウカドマツ みやこS・・ソロル
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2015/11/08 7:09 AM
    アルゼンチン共和国杯の本命は◎マイネルフロスト。切れる末脚というより先行して粘るタイプ。内枠に入ったし、好位に付けてどこまで粘れるか。菊花賞では3着のゴールドアクターと0.4秒差の7着。出来ればゴールドアクターよりも前に付けたい。 対抗は◯ゴールドアク
    • My Sweet KEIBA
    • 2015/11/08 10:30 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は アルゼンチン共和国杯を予想してみたいと 思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2015/11/08 11:14 AM