calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

スプリンターズS予想 byびぜんや

0
    おかげさまで。
    今週を持ちまして、「週刊萌馬」は開設10周年を迎えることが出来ました。
    その10年前は、デュランダルの豪脚を、サイレントウィットネスが封じたレース。
    それから住居は大阪、東京、信州と移り、ブログもラヴログからJUGEMへと変わりましたが、多くの人に支えられてここまで続けることができました。
    そして、オースミハルカ、スイープトウショウ、ホッコーパドゥシャ、ブルーコンコルド、エリモハリアー、ウオッカ、ブルーメンブラット、イタリアンレッド、スピリタス、グロリアスノア、トゥザグローリー、フェイトフルウォー、セイクリムズン、クラレント、ディアデラマドレ、ハープスター、トゥザワールド、ドゥラメンテ……。
    競馬への興味を繋いでくれた数々の活躍馬、個性派、「萌馬」たちにも感謝したいと思います。

    長年のご愛顧に感謝申し上げます。
    競馬予想ブログというよりも、「萌馬」を追っかけてるだけのつたないブログですが、今後もおつきあいいただきますよう、よろしくお願いします。

    11回目のスプリンターズS予想、◎はベルカント
    スプリンターズSを制するのに必要なのは、やはりなんといってもスピード。
    となると、サマースプリント女王に輝いたこの快速牝馬が最有力と言っていいでしょう。
    アイビスSDでは俊足自慢をまったく寄せつけず2馬身差で圧勝し、北九州記念ではハイペースの先行争いを好位で眺め、直線で楽々抜け出して快勝。
    もともとファンタジーSとフィリーズレビューを制し、朝日杯FSにも挑戦するほど素質を買われていた馬でしたが、この夏いよいよ本格覚醒した感があります。
    夏の2勝は平坦コースで挙げたものでしたが、阪神にも勝ち星がありますから中山も克服可能なはず。
    昨年新潟で行われたこのレースで見せ場を作った快速娘が今年狙うのは、見せ場以上の結果です。

    ○はティーハーフ
    函館2歳Sで3着に入り、葵S勝ち、朝日杯FSでも5着など活躍した馬ですが、古馬になってからは鳴かず飛ばず。1000万条件でも掲示板がやっとというところまで落ちてしまい、昔の光今いずこ、という体でしたが。
    今年3戦目となった千種川特別を勝って約2年ぶりに勝利の美酒を味わうと、続く彦根Sを勝ってオープンに返り咲き、騎虎の勢いで向かった函館SSでは、最後方から直線だけで15頭をぶち抜く離れ業を演じて圧勝。3連勝で一気にスプリント戦線の中心に殴り込んできました。
    今回のスプリンターズSにも出走を予定していた香港の快速馬・ラッキーナインの半弟という良血が、ついに本格化。キーンランドCではウキヨノカゼにうまく立ち回られましたが、他馬より思い斤量を背負って0.2秒差3着なら負けて強しと言える内容。
    驚異的な決め手はここでも通用するはずで、電撃的なニューヒーロー誕生の予感がします。

    ▲はウキヨノカゼ
    デビュー2戦目のフェアリーSで連対を果たし、3戦目のクイーンCで早くも重賞初勝利をマークした天才少女。当時は先行策からの安定した取り口が持ち味で、それから年を経た今年2月の初音Sでも好位追走から見せ場を作るなどしていましたが、この夏、北海道でスプリントに転戦してからイメージを一新。
    函館のTVh杯で後方一気の追い込みを炸裂させると、続くキーンランドCでも後方をポツンと単騎追走。そこからひとまくりで先頭に立ち、2年半ぶりの重賞勝利をマークして見せました。ここまで体調はいいものの結果が出ない……というもどかしい状態が続いていましたが、スプリントの流れが眠っていた才能の起爆剤になったようです。
    小回り適性はこの2戦で示していますし、中山にも実績あり。稲妻のような末脚で、観客を沸かせてくれるでしょう。

    △はミッキーアイル
    デビュー2戦目の未勝利戦で、ウオッカが持っていた芝マイルの2歳レコードをブレイクして見せた天性のスピード馬。
    3歳時はそのあふれんばかりのスピードを武器にライヴァルを圧倒し、5連勝でNHKマイルCまで駆け抜けました。
    その後はよりスピードを生かすために距離を短縮。不良馬場の阪急杯で2着、稍重馬場の高松宮記念で3着と、時計のかかる馬場でも結果を残して見せました。
    今回は良馬場でレースが出来そうで、より持ち前のスピードを生かせそう。気性的に休み明けのぶっつけ本番も、逃げ馬が雁行する速い流れも合いそうで、天才駿馬の本領が発揮されそうです。

    ×はストレイトガール
    この春のヴィクトリアマイルでは、ミナレットが澱みのないラップを刻んで軽快に飛ばす中、好位を追走。直線でひと伸びして後続を突き放すと、最後は先に抜け出したケイアイエレガントの単勝を握りしめた私の願いを断ち切るようにアタマだけ差しきって、悲願のG欺蘋覇を達成しました。
    初のG犠,舛楼娚阿砲皀泪ぅ襪任靴燭、秘めていたマイル適性が目覚めた、というよりもスプリント戦で培ったスピードの持続力が、レースの流れに嵌まった印象。当然、ここでも勝ち負けを期待できます。
    前走・セントウルS4着は、開幕週という事で内を立ち回った馬が上位を占めた中、外から追い上げての4着。斤量差があったことを考えれば上々の内容で、今回は上積みも期待できます。
    スプリントG気農貿埖海だったヴェテラン牝馬が、日本でのラストチャンスに賭けています。

    もう1頭の×はウリウリ
    京都牝馬S勝ち、ローズS3着などの重賞実績がありましたが、G気任禄華賞10着、ヴィクトリアマイル16着と大敗続き。そこでこの夏からスプリント戦線に転じると、いきなり転向初戦のCBC賞を快勝。セントウルSでもアクティブミノルが逃げ残る流れを、馬群を捌いて追い込み2着と、高いスプリント適性を示しています。
    一瞬で後方から先行集団に取りつく瞬発力と、馬群を捌ける器用さは、混戦メンバーのG気蚤腓な武器になるはず。
    長距離輸送という課題はありますが、本来の力を発揮できれば悲願のG祇覇も夢ではありません。

    ◎7 ベルカント
    ○16 ティーハーフ
    ▲6 ウキヨノカゼ
    △13 ミッキーアイル
    ×2 ストレイトガール
    ×12 ウリウリ

    買い目は▲の単勝と、◎からの馬連流し5点。

    ■ おまけバトル ■ MATCH RACE EXACTA

    今週のレースは阪神メイン・ポートアイランドS。軸馬はマイル重賞上位の常連、オープン特別で57キロなら……の10 ブレイズアトレイル。
    そこから馬単で、

    ☆3 フルーキー/エプソムCでは強敵3頭相手に4着。
    ☆6 マウントシャスタ/中央場所に戻って復活期待。
    ☆15 グァンチャーレ/弥生賞4着が光る。ここでも通用の器。

    の3頭へ流します。

    コメント
    ブログ10周年おめでとうございます!
    > こにたん さん
    コメントありがとうございます。
    気がついたら10周年になってました。これからもよろしくお願いします。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ハクサンムーン
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2015/10/04 12:02 PM
    G?シーズンだし、今までよりも仕事落ち着いた(担当業務でキツカッタ奴無事卒業して後輩にバトンタッチ)ので、またちょくちょくやっていきますかねー。 盛り上がるシーズンと繁忙期被るのは、ほんと勘弁してほしいところですww おかげで全然追っかけられず、今のだい
    • stay_gold.com
    • 2015/10/04 1:05 PM
    <スプリンターズS> ◎02ストレートガール 〇13ミッキーアイル ▲08ハクサンムーン △11レッドオーヴァル 馬連 2−8−11−13 BOX馬券 コメント: 今年も混戦ムードのスプリンターズSです。 大荒れだった昨年の結果を見ても勝ったスノードラゴンは
    • ノースさんの競馬日記
    • 2015/10/04 2:25 PM
    中山11レース 第49回スプリンターズステークス ◎ウリウリ ○ストレイトガール  ▲ベルカント △ミッキーアイル 見解 スプリント路線では底を見せていないウリウリに期待。岩田騎手騎乗が心強い。
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2015/10/05 12:34 AM