calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

2014-2015シーズン 「萌馬POG」結果

0
    さて、ちょっと遅くなりましたが、たったふたりのPOG、「萌馬POG」2014−2015シーズンの結果発表に行きたいと思います。
    5頭の重賞連対馬を擁する層の厚い布陣で臨んだ月見亭が大量リードして皐月賞を迎えましたが、ここからびぜんやの主砲・ドゥラメンテが牡馬二冠をゲット。
    大逆転で昨シーズンはびぜんやの勝利となりました。
    月見亭も例年なら勝てるだけの賞金を獲得していてハイレベルな戦い。初めてダービー観戦に行っちゃったくらい、ふたりとも楽しめたシーズンでした。

    ■月見亭指名馬
    アッシュゴールド【1,1,1,3】2,844.7万円
    ポルトドートウィユ【2,4,0,2】6,315.3万円
    オルフィーク【1,1,3,8】1,440万円
    クローディオ【0,0,3,4】390万円
    パルファンデュロワ【1,0,0,4】82.2万円
    ベルーフ【3,1,0,2】6,649.3万円+
    レーヴミストラル【3,1,0,2】7,154.2万円
    リアファル【2,2,1,1】3,301.7万円
    ミンナノプリンセス【0,0,0,2】0万円
    サブトゥエンティ【1,0,0,1】600万円
    合計【14,10,8,29】獲得賞金 28,777.4万円

    ■びぜんや指名馬
    ビジューミニョン【1,1,0,5】798万円
    ユノ【0,0,0,10】72万円
    ローデッド【1,1,0,5】2,256.6万円
    ドゥラメンテ【4,2,0,0】39,276.3万円
    バトナージュ【0,0,0,2】0円
    レッドベルダ【0,0,1,2】250万円(登録抹消)
    パラダイスリッジ【1,0,2,2】860万円
    ケースバイケース【0,1,1,4】515万円
    シングルバレル【0,0,1,2】130万円
    シェリュスドパリ【0,0,0,1】0円
    合計【7,5,5,34】獲得賞金 44,157.9万円

    後半は、月見亭指名馬に関するプチ解説を。
    (括弧付きの馬名はJRA未登録の馬です)

    リオンディーズ) 牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ (母父スペシャルウィーク)
    御存知、シーザリオの仔にしてエピファネイアの半弟。この血統は体質さえ丈夫なら……という感じですね。余所のPOGでも人気を集めているようです。

    ライラムーン 牝 父キングカメハメハ 母ライラプス(母父フレンチデピュティ)
    寸が詰まった、筋肉質でゴムマリのような体型はお母さん譲りですね。キンカメ×フレンチの配合で、力のいる馬場が合いそうです。

    アラバスター 牡 父ハービンジャー 母レーヴデイソール(母父アグネスタキオン)
    3戦3勝で阪神JFを制した大器の初仔です。お母さんは故障でクラシックを棒に振ってしまったので、まずは無事に行ってほしいところ。お母さんと同じ芦毛ですが、幼顔だったお母さんと違って彫りが深いところはお父さん似なのかな。

    ラニ) 牡 父Tapit 母Heavenly Romance(母父サンデーサイレンス)
    父は北米で飛ぶ鳥を落とす勢いのトップ種牡馬、母は天覧競馬を制した名牝。これは楽しみな血統ですね。UABダービーから日本ダービーへ、なんて夢も見たくなる良血です。

    ポルトフォイユ) 牡 父ディープインパクト 母ポルトフィーノ(母クロフネ)
    唯一のディープ産駒にして、幻の女王杯馬(苦笑)・ポルトフィーノの仔。ポルトドートウィユの全弟になります。早期にデビューが予定されているようで、早めに賞金を加算できれば、ダービーまで押せ押せのローテに苦しんだ兄の轍は踏まないはずです。

    ロゼリーナ) 牝 父キングカメハメハ 母ローズバド(母父サンデーサイレンス)
    ローズキングダムの全妹です。そのローズキングダムが一族の悲願だったG祇覇をなし遂げたあとは、なんだか気が抜けたみたいに大人しくなっちゃった薔薇一族。そろそろ復興の兆しを見たいところです。

    ルフォール) 牝 父キングカメハメハ 母レクレドール(母父サンデーサイレンス)
    京成杯を勝ったベルーフの半弟。全兄のクラージュドールも中央5勝を挙げており、一族にもステイゴールドを筆頭に活躍馬が多数。活躍が期待できる血統です。

    シロインジャー) 牝 父ハービンジャー 母ユキチャン(母父クロフネ)
    ハービンジャー産駒の白毛馬だから、シロインジャー。そのネーミングに一瞬絶句しないでもないですが。お母さんは関東オークスをレコードで勝ちましたが、こちらはハービンジャー産駒ということで、芝での活躍も期待できそうです。

    ナイトインブラック 牡 父ローエングリン 母ステレオタイプ(母父サンデーサイレンス)
    ロゴタイプの全弟です。ロゴタイプ以外いまいちパッとしない父・ローエングリンのためにも、ここは快速を生かして活躍してほしいですね。

    ダイワウィズミー 牝 父キングカメハメハ 母ダイワスカーレット(母父アグネスタキオン)
    なぜか牝馬ばかり生まれる、ダイワスカーレット母さんの四女になります。びぜんやがウオッカの仔を指名すると思ってラインアップに加えたら、肩すかしを喰らったとかなんとか。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック