calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

有馬記念予想 byびぜんや

0
    三連単軸2頭がバッチリ決まりながら、10番人気馬の激走に泣いた中山牝馬S。
    ディアデラマドレから総流しか、ウエスタンレベッカから総流しか、迷った挙げ句にウエスタンレベッカから流してしまったマーメイドS。
    ワイドじゃなく馬連で買っておけば万馬券だったのに、と悶絶した小倉日経OP。
    遊び半分でオーミアリスの単複を買っておけばよかったものを……と歯噛みした小倉2歳S。
    ゴール目前で軸馬が4着に沈んで憤死した夙川特別。

    いろいろあった今年もあと僅か。
    今年最後の中央競馬予想、有馬記念予想をお届けします。

    ◎はトゥザワールド
    母は01年のこのレースで3着したトゥザヴィクトリー、全兄は10年、11年と連続して人気薄で3着に入ったトゥザグローリー。当然、この馬にも上位争いの期待が出来ます。
    弥生賞では後方待機からひとまくりで進出、早め先頭からワンアンドオンリーの猛追を凌ぎきる競馬。今回も小回りを味方に積極的なレースが出来れば、好勝負は可能です。
    皐月賞は勝ち馬にぴったりマークされての2着、日本ダービーは展開不利で5着、菊花賞16着は距離に敗因を求めることができます。
    今回は人気薄で気楽な立場ですし、自分でレースを作れるこの馬に展開は向きそう。距離短縮もプラスです。3歳馬ということで斤量面にも恩恵があり、今年の波乱の立役者はこの馬になりそうです。

    ○はゴールドシップ
    有馬記念はステイゴールド×メジロマックイーンの「黄金配合」と相性のいいレースで、11年オルフェーヴル、12年ゴールドシップ、13年オルフェーヴルと目下3連覇中、ついでに09年がドリームジャーニー。
    ゴールドシップ自身、一昨年は完勝し、不振を極めた昨年でも3着に入っていたのですから、このレースとは相性がいいといえます。
    前走・凱旋門賞はコーナーふたつの2400mという、日本にはない舞台設定で脚の使いどころがなかったもの。【2,0,1,0】と得意にしている中山なら、当然反撃可能です。
    宝塚記念で3馬身差、阪神大賞典で3馬身半差と、ハマったときの破壊力は今年も健在。グランプリ男が今年最後のG気鯆めくくります。

    ▲はヴィルシーナ
    宝塚記念では牡馬を先導して果敢に先行、3着に残った実力牝馬がラストランに臨みます。
    枠順ドラフトでは3巡目指名で、見事に内の2番枠をゲット。他に有力な逃げ馬がいないメンバー構成で、ここからなら難無くレースの主導権を握れます。
    昨年から今年にかけては不振が続いていましたが、逃げに転じてヴィクトリアマイルを連覇し、宝塚記念で3着。休み明けのエリザベス女王杯では自分のペースに持ち込めず11着に敗れましたが、今回は叩き2走目で好枠を引いたとなれば、前走を度外視して買いたくなります。
    一昨年の牝馬三冠を沸かせたジェンティルドンナとの勝負もこれが最後。ライヴァルを撃破して、有終を飾ります。

    △はラストインパクト
    今年のアタマはまだ準オープンの身でしたが、松籟Sを勝って臨んだ昇級初戦の小倉大賞典で、あっと驚く向正面からのロングスパートを敢行していきなり重賞初制覇。
    秋には京都大賞典、金鯱賞とG兇鯱⊂,掘⊇室造靴殖映の締めくくりにグランプリに駒を進めてきました。
    小倉大賞典で見せたように小回り向きの機動力を備えていますし、菊花賞4着の実績がありますから距離延長も守備範囲。目下の勢いも考えれば、無視は出来ません。

    ×はラキシス
    エリザベス女王杯では馬群を切り裂いて鋭く伸び、重賞初制覇をG気脳りましたが、それ以前にも京都記念ではトーセンラーやジェンティルドンナと互角に戦い、中日新聞杯ではマーティンボロと接戦、オールカマーではフェイムゲームやサトノノブレスに先着していた実績があり、ここでも見劣りはしません。
    牝馬同士の短いところでスローから先行力や瞬発力を生かす、というタイプではなく、牡馬相手にスタミナと持続力のある末脚を生かしたいタイプで、牡馬相手の方が持ち味の生きる馬。有馬記念でも上位争いの資格は持っています。

    もう1頭の×はジャスタウェイ
    ドバイデューティーフリーで世界を震撼させ、安田記念を根性でもぎ獲った日本の至宝が、このレースでターフを去ります。
    今回は2500mのコースが鍵になりますが。もともと中山芝2500mはマイラー指向の強い馬でも上位に来られるコース。さらにジャパンCでもエピファネイアにこそ突き放されたものの2着に入って距離適性を見せており、心配はありません。
    今年の始動戦となった中山記念では58キロを背負いながら3馬身半差の圧勝劇を見せており、コース替わりも問題なし。
    そのラストラン、末の切れ味に注目です。

    ◎6 トゥザワールド
    ○14 ゴールドシップ
    ▲2 ヴィルシーナ
    △7 ラストインパクト
    ×5 ラキシス
    ×15 ジャスタウェイ

    買い目は◎、▲の単複と、◎−○▲△−○▲△××の三連複フォーメーション。ヒモにはジェンティルドンナエピファネイアを抑えた15点で。

    岩手競馬予想はお休みします。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ◎〔5〕ラキシス ○〔15〕ジャスタウェイ ▲〔14〕ゴールドシップ △〔4〕ジェンティルドンナ △〔7〕ラストインパクト △〔10〕フェノーメノ △〔13〕エピファネイア ≪3連複≫ 5−14−15 4−5−15 5−7−15 5−10−15 5−13−15
    • FUKUHIROのブログ・其の参
    • 2014/12/28 11:40 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は 有馬記念を予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2014/12/28 11:48 AM
    <有馬記念> ◎14ゴールドシップ 〇04ジェンティルドンナ ▲05ラキシス △07ラストインパクト 馬連 4−5−7−14 BOX馬券 コメント: 明確な年度代表馬候補がいない今年の競馬界ですが 前半戦の宝塚記念を勝っているゴールドシップが勝って 年度代表
    • ノースさんの競馬日記
    • 2014/12/28 12:11 PM
    有馬記念・・トーセンラー ホープフル・・タンタアレグリア    語呂の良い1枠1番で
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2014/12/28 1:36 PM
    今年のJRAの最後となる有馬記念。 公開で枠順抽選を行いましたが、内枠から埋まっていくのは、誰もが外枠不利と見ているからでしょう。 前日1番人気となったのはゴールドシップですが、こちらは少々予想外。 2年前に勝っていることもありますが、エピファネイアは
    • CW馬なりにて歩む
    • 2014/12/28 3:38 PM
    中山10レース 弟59回有馬記念 ◎ウインバリアシオン 〇ゴールドシップ ▲ジャスタウェイ △エピファネイア 見解 馬券を買って応援したいのは、ウインバリアシアン。屈腱炎でいつ脚が壊れるかわからない日々。それでも悲願のG?制覇のために、走り続ける。G?2着は
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2014/12/28 8:48 PM