calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

朝日杯FS予想 byびぜんや

0
    土曜日の愛知杯で、ディアデラマドレの単勝が的中。
    これまで、古馬牝馬限定重賞の中で唯一的中がなかったのが愛知杯だったんですが、これで古馬牝馬限定重賞をコンプリートすることが出来ました。
    愛知杯は来年休止、再来年以降は生まれ変わって1月中京に、ということだったので、今年的中できたのは大きかったですね。

    ……まぁ、一発狙いの三連単を外したので派手に「当てて損」だったんですけども。

    ◎はブライトエンブレム
    デビュー戦でジャストドゥイング以下を下して勝ち上がると、さっそく出世レースの札幌2歳Sに挑戦。そこでは立ち遅れて最後方からの競馬になりながら、直線で豪快に伸び、早くも重賞ウィナーの仲間入りを果たしました。
    直線の短い札幌で差し切った内容からも、3着にのちの阪神JF2着馬・レッツゴードンキがいた相手関係からも、価値ある勝利だったといえるでしょう。
    その末脚は、阪神の外回りで威力を増すはず。混戦となった今年の2歳戦線で、のちの阪神JF2着馬を破った足跡は大きなアピールポイントです。
    母・ブラックエンブレムは秋華賞を11番人気で制して記録的な大波乱の立役者になりましたが、孝行息子は人気に応えて、母に肩を並べるタイトルを手にしそうです。

    ○はアッシュゴールド
    御存知、オルフェーヴル、ドリームジャーニーの全弟。
    圧倒的1番人気に支持された新馬戦では見せ場なく6着に沈みましたが、ひと息入れた未勝利戦を豪快に差し切ると、前走・デイリー杯2歳Sでも最速上がりを発揮して際どい2着。早くも素質の片鱗を示しています。
    瞬発力に秀でたタイプだけに、阪神マイルへのコース替わりはプラス。同じ舞台で行われる阪神JFでは多くの良血牝馬がG欺蘊〕をマークしていますが、この馬にも同じような期待がかかります。
    血統的に見て、道悪でもパフォーマンスを落とすことがなさそうなのも魅力で、期待に胸がふくらみます。

    ▲はジャストドゥイング
    新馬戦では◎ブライトエンブレムの決め手に屈しましたが、続く未勝利戦を順当勝ち。芙蓉Sでは3頭横並びの激しい叩き合いを制する勝負根性を見せて連勝をマークしました。
    前走・東スポ杯2歳Sでは10着に敗れていますが、距離、時計の出る馬場、+12キロの馬体増と敗因がいくつもあるレース。今回は距離短縮、時計のかかる馬場と条件が好転し、あとは馬体が絞れていれば巻き返し可能です。

    △はダノンプラチナ
    一度衝撃的な勝ち方をしても、条件の替わった次走でころりと負けて人気を裏切る……。今年の2歳戦で何度も見られたシーンですが、未勝利戦を4馬身差で圧勝し、続くベゴニア賞も3馬身差で千切ったこの馬は、数少ない例外といえます。
    今回の出走馬中唯一のディープインパクト産駒、というのは阪神JFのショウナンアデラと同じ。またも舞台適性を見せつけてのVがありそうです。
    早めの栗東入りで調整も万全。若き関東のエースが、全国区に殴り込みをかけます。

    ×はペイシャオブロー
    前走・福島2歳Sではゴール前の混戦を断ち切ってのレコード勝ち。今回はマイル戦への距離延長が課題……と言いたいところですが、この馬は札幌芝1800mのレースを楽勝しており、戦績的にも血統的にも距離延長に不安はありません。
    電撃戦でも先行できるスピードは、ここでも大きな武器になりそう。1800mで圧勝、1200mでレコード勝ちの戦績を見ると、コーナーふたつのマイルという条件も合いそうです。
    関西への輸送も直線の坂も未知数ですが、それだけに、未知の魅力にあふれています。

    もう1頭の×はクラリティスカイ
    未勝利戦で良血馬・トーセンビクトリーを軽くひねると、いちょうSではコースレコードをブレイクして新設重賞の初代王者に。騎虎の勢いで阪神のG気望茲蟾んできました。
    前走では先頭集団を見る位置でレースを進め、直線でじわじわと加速。先頭に立つとそのまま差を広げる危なげないレース運びでレースセンスを示しました。
    有力馬に後方待機型が多いだけに、この立ち回りの巧さはアドヴァンテージとなりそう。完成度の高さで素質馬の前に立ちはだかります。

    ◎16 ブライトエンブレム
    ○9 アッシュゴールド
    ▲10 ジャストドゥイング
    △2 ダノンプラチナ
    ×14 クラリティスカイ
    ×17 ペイシャオブロー

    買い目は◎からの馬連流し5点。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの競馬予想は 朝日杯FSを予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2014/12/21 10:44 AM
    <朝日杯フューチュリティS> ◎14クラリティスカイ 〇02ダノンプラチナ ▲07セカンドテーブル △13ペプチドウォヘッド 馬連 2−7−13−14 BOX馬券 コメント: 今日の阪神競馬を見ていると馬場状態が悪く 先行しないと勝負にならない感じでした。
    • ノースさんの競馬日記
    • 2014/12/21 10:49 AM
    朝日杯FSの前日オッズではどうやらダノンプラチナが1番人気のようだ。やはり先週の阪神JFの結果もあって出走馬中唯一のディープインパクト産駒ということで注目を集めているのか。 先週の反省もあり素直にディープ産駒を本命にしようと思っていたのだけれど、そこは
    • My Sweet KEIBA
    • 2014/12/21 11:20 AM
    2週連続で阪神の1600を使った2歳G1。 同じ東京2400を使い2週連続で行うオークス、ダービーと似てるようで非なり、と受け取ります。 阪神11R 第66回朝日杯フューチュリティS(G?) ◎ 08 ナヴィオン ○ 09 アッシュゴールド ▲ 14 クラリティスカイ △ 1
    • CW馬なりにて歩む
    • 2014/12/21 11:23 AM
    混戦は、夢馬券で勝負!
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2014/12/21 12:31 PM