calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

萌える阪神JF予想 byびぜんや

0
    てなわけで、名物(?)「萌える牝馬限定G詰汁曄廚盧Gはこれが最後。
    ネタは阪神JFにふさわしく、幼女成分たっぷりのライトノベル、「天使の3P!」です。
    著者は著作にさりげなくネオユニヴァースだのワンアンドオンリーだのしまいはモンテプリンスだのというワードをねじ込んでくるJRA御用達作家・蒼山サグさんでございます。

    ◎はレッツゴードンキ
    札幌2歳Sでは中団から脚を伸ばして3着、アルテミスSでは僅かに差し届かず2着。好走するけど勝ちきれない、控えめな女のコです。
    とは言え、札幌2歳Sでは牡馬に伍して2着馬とはクビ差、アルテミスSでは際立った脚を見せての2着ですから、実績的には最上位。
    前走では初めてのコーナーふたつの競馬に戸惑ったか行きたがるシーンも見られましたが、今回は2度目のマイル戦で慣れが見込めますし、大半の馬が1400m以下の距離からの転戦馬というメンバー構成なら、流れは速くなって折り合いをつけやすくなるはず。折り合いの不安が解消されて、末脚炸裂、のシーンは容易に想像つきます。

    ○はココロノアイ
    ステイゴールド産駒らしい気の強さが魅力的な少女。その魅力が前面に出たのが、前走・アルテミスSでした。
    スタートで大きく出遅れ最後方からの競馬となりましたが、その後はかかり気味に好位へ。普通ならこの展開は直線失速……となるパターンですが、最後は先行したトーセンラークをかわし去り、追い込んだレッツゴードンキを封じて、トップでゴールに飛び込んだのでした。
    タフな東京マイルで見せたワンダーなパフォーマンスはインパクト大。確かにまだまだ粗削りですが、そのポテンシャルを無視するわけにはいきません。

    ▲はオーミアリス
    新馬勝ちが同着だったせいか、小倉2歳Sでは15番人気の低評価。
    しかしレースではマイペースに後方を追走、直線を向いても後方4番手の位置でしたが、そこから目の覚めるような末脚を発揮。瞬く間に大外からライヴァルを呑み込み、単勝万馬券の波乱を巻き起こしました。
    前残りのデビュー戦では好位を追走し、ハイペースの小倉2歳Sでは後方を追走したように、ペース感覚は絶妙。自分のリズムをしっかり守って最後に溜めた力を発揮する、落ち着いたレース運びは2歳馬離れしています。
    2戦2勝と底を見せていませんし、なによりその破壊力が魅力。体型的にも血統的にも距離延長は問題ないはずで、再びのミラクルを期待したくなります。

    △はコートシャルマン
    1400mの経験しかありませんが、兄が安田記念を勝ったストロングリターン、姉が桜花賞2着のレッドオーヴァルですから、阪神マイルへの舞台替わりはプラスに出そう。
    2歳戦が始まって間もなくの新馬戦を1.4倍の圧倒的支持に応えて勝つと、3カ月の休養を経てりんどう賞も着差以上の勝ちっぷりで完勝。ゆったりしたローテーションにも、前走で馬体に成長が見られたことにも好感が持てます。
    新馬戦がアタマ差、りんどう賞がクビ差と着差は僅かながら人気に応えているあたりは、やるべきことを分かり、無駄なことはせずに結果を残す大人びた少女、という印象。
    人気を下げた今回も、きっちり仕事をしてくれそうです。

    ×はアルマオンディーナ
    デビュー戦では逃げ馬を見る位置でレースを進め、直線では余裕を残したまま逃げ馬をかわして先頭へ。後続が追い上げてくるとそこでギアを挙げて突き放す、優等生の競馬で勝ち上がりました。
    確かに時計面では同じコースで1週間前にレコード勝ちしたムーンエクスプレスに見劣りますが、道中のペースと馬場状態を考えれば、けして悪い内容ではありませんでした。
    今回は好枠を引き、センスを生かして内を巧く立ち回れればチャンスはありそう。兄に菊花賞2着のスカイディグニティ、新潟大賞典勝ちのゴールデンダリアがいる血統ですから距離延長はプラス材料で、直線では大いに見せ場を作ってくれそうです。


    ◎11 レッツゴードンキ/五島潤
    ○4 ココロノアイ/紅葉谷希美
    ▲8 オーミアリス/金城そら
    △13 コートシャルマン/鳥海桜花
    ×3 アルマオンディーナ/貫井くるみ

    買い目は◎からの馬連流し。ネタ的な理由でシルシは回りませんでしたが、前走は不利があっての2着・ダノングラシアスをヒモに加えた5点で。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    チャレンジカップ・・◎⇒▲ 馬単的中! 阪神JF・・コートシャルマン カペラS・・タールタン
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2014/12/14 9:49 AM
     今回のダウジングでの競馬予想は 阪神JFを予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2014/12/14 10:00 AM
    明日の阪神JFの本命は◎ダノングラシアス。前走はゴール前馬群の間を割ってよく伸びたが勝ち馬を捕まえ切れず2着に終わった。レース後のコメントで岩田騎手が「今後のことも考えてじっくりレースを進めました」と話していたが、その通りならば距離が延びる今回に前走の
    • My Sweet KEIBA
    • 2014/12/14 10:11 AM
    「抽選」。 当たるにこしたことはないだろうが、外れたことが逆に幸いすることもある。 プロ野球のドラフトがいい例だろう。 鳴り物入りのドラフト1位よりも、ハズレ1位のほうが活躍するケースなんてごまんとある。 (もちろん、その後の本人の努力や運があること
    • CW馬なりにて歩む
    • 2014/12/14 1:18 PM
    阪神11レース 弟66回阪神ジュベナイルフィリーズ ◎ココロノアイ 〇レッツゴードンキ ▲コートシャルマン △ダノングラシアス・ロカ・トーセンラーク 見解 前哨戦のレース映像を見る。ロカの新馬戦はかなりインパクトがあった。どっしりした走りで、落ち着きがある
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2014/12/14 7:09 PM