calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

アルゼンチン共和国杯予想 byびぜんや

0
    気がつけば今年も残り2ヶ月を切りましたが。
    東京が3回に、新潟が1回。
    中央競馬を観戦した以外、今年はスポーツ観戦をしていません。
    野球はNPBはもちろん、BCリーグも社会人野球も高校野球も見に行ってませんし。
    行きたい行きたいと想いながら、山雅の試合も行かずじまい。
    地方競馬も、毎年見に行っていた草競馬も見に行っていない……。
    う〜ん、例年になくインドアな1年になってしまいました。

    来年はもう少し、グリーンチャンネルから離れて外に出て、他のスポーツを見るようにしたいですね。

    ◎3 フェイムゲーム
    ダイヤモンドSを制した後は3戦連続して6着。
    とはいえ、天皇賞・春、宝塚記念は明らかに相手が強い中で人気以上の結果を残していますし、休み明けの前走・オールカマーは6着とは勝ち馬とは0.2秒差。叩き2走目の今回は前進が期待できます。
    ダイヤモンドSではポツンと最後方を追走しながら徐々に進出、最後は早めに先頭に立って押し切る強い競馬。切れ味鋭く一気に抜けだす、というタイプではないだけに、広い東京コースは合っています。

    ○9 クリールカイザー
    長らく「関東準オープンの安定勢力」という感じでしたが、年明け4戦目の湾岸Sを完勝してオープンに復帰。
    休み明けの札幌日経オープンでは勝ち馬にこそ突き放されましたが2着以下とは差のない4着に入り、続く前走・オールカマーでは荒れ馬場を味方に3着に激走しました。
    出来ればもう少し時計のかかる馬場になって欲しい、ひと雨来てくれれば、というタイプではありますが、目下の勢いは侮れませんし、前走で先着したフェイムゲームとは斤量関係で有利に。ここでも怖いことに変わりはありません。

    ▲15 ホッコーブレーヴ
    重賞初挑戦となった昨年のこのレースでは5着に敗退していましたが、今年に入って才能開花。
    休み明けの日経賞で10番人気ながら2着に入って驚かせると、天皇賞・春ではなんとキズナを後ろから差しての3着。宝塚記念ではさすがにお釣りが残っておらず、前を塞がれる不利もあって8着に敗れましたが、一連の好走は大きな印象を残しました。
    58キロを背負った春天でフェノーメノとタイム差なしの3着という実績を考えると、57キロのハンデは恵まれた感がありますし、日経賞がそうだったように、休み明けは得意なタイプ。ここで重賞初タイトルを手にし、ふたたびG祇鐇に臨みます。

    △8 セイクリッドバレー
    かつては新潟大賞典を勝つなど、重賞上位の常連でしたが、ここ3年半は未勝利。とはいえ、白富士Sでは58キロを背負いながら差のない4着に入り、ダイヤモンドSでも2着に好走と、まだまだ衰えはありません。
    前走・オールカマー15着は休み明けで度外視可能。末脚を生かせる府中のハンデ戦なら、流れひとつで上位を狙えます。

    ×は前走は勝ち馬が破天荒すぎた11 スーパームーンと、リフレッシュ効果に期待したい17 ラブリーデイを指名します。

    買い目は◎からのワイド流し5点。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    京王杯2歳S・・馬単的中! アルゼンチン・・ネオブラックダイヤ みやこS・・サトノプリンシパル
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2014/11/09 2:33 PM
     今回のダウジングでの競馬予想は アルゼンチン共和国杯を予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
    • 御気楽猫生活2
    • 2014/11/09 8:58 PM
    東京11レース 第52回アルゼンチン共和国杯 ◎フェイムゲーム 〇スーパームーン ▲デスペラード △ホッコーブレーヴ・マイネルメダリスト 見解 G?の谷間のハンデG?。さすがに予想が難しい。しかし、ここを勝って本章金を積み重ねて、ジャパンカップへ出走したい。
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2014/11/09 10:04 PM