calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞出走馬チェック2014 byびぜんや

0
    華のクラシック開幕戦、桜花賞。
    ということで、簡単ではありますが今年も全出走馬をチェックしてみました。
     
    1 カウニスクッカ
    中山マイルを立て続けに圧勝した「マイルの申し子」。アネモネSは物足りない結果でしたが、最内枠を引いて展開が向けば面白そうです。

    2 ニシノミチシルベ
    祖父母が皐月賞馬、桜花賞馬という「スピードの結晶」。重賞でも差のない競馬をしていますが、さすがにG気浪板造高そうです。

    3 コーリンベリー
    ダート路線から桜冠に挑む「女・アジアエクスプレス」。牡馬を子供扱いした昇竜Sは見事でしたが、血統的には芝替わりがプラスに出るとは思えません。

    4 ペイシャフェリス
    新境地を開いて大舞台に挑む「進化する女学生」。トライアルはまんまの逃げきりでしたが、差しに転じてもレースは可能。穴男の手綱が不気味です。

    5 モズハツコイ
    一瞬の切れ味なら見劣らない「芦毛の猛禽」。ここまでの戦績を見ると距離に壁があり。、展開に恵まれてどこまで……でしょう。

    6 レーヴデトワール
    スターホースを兄姉に持つ、「夢の遺伝子」。能力は認めますがムラ駆けで、人気先行という印象があります。すみれSからのステップというのもしっくりこない感。

    7 ニホンピロアンバー
    ふた桁着順からの変わり身を繰り返す「琥珀色の変身少女」。前走は見せ場たっぷりの逃げを披露。今回は同型が多く、相手も強くなりますが、どんな走りを見せますか。

    8 シャイニーガール
    人気薄での激走を繰り返す、「嵐を呼ぶ女」。エルフィンSは見事でしたが、前走でメッキが剥げた感があります。雨でも降れば……というところでしょうか。

    9 フォーエバーモア
    未だに底を見せていない「東方の恐鳥」。前々で立ち回れる強みがありますし、大崩れのない戦績は魅力。デビューからゆったりしたローテに好感が持てます。

    10 ヌーヴォレコルト
    ハーツクライの血が騒ぐ、「晩成の大器」。前走はハープスターに千切られましたが、相手なりに走ってそつなく上位にきました。逆転はともかく連対は十分可能でしょう。

    11 フクノドリーム
    北の大地で3連勝した「真夏の福娘」。しかしその後は鳴かず飛ばずで、早熟の印象があります。同型も多く、よほど雨が降って時計がかかるようでないと……

    12 レッドリヴェール
    華舞台が似合う「無敗女王」。無敗の戦績はとにかく魅力。戦績から考えればおいしいオッズになりそうです。ぶっつけになりますがここまで3勝も休み明けで、問題ありません。

    13 アドマイヤビジン
    切れ味が視線を引きつける「末脚美人」。展開不向き、ロスの多い競馬になった前走でも4着に入っており、外回りになって前進が期待できます。

    14 マーブルカテドラル
    復権を期す「不屈の聖少女」。アルテミスSでは鮮やかな勝ちっぷりを見せましたが、前走は叩き台にしても物足りない内容。上積みはあるでしょうが……。

    15 ホウライアキコ
    レコード2回をマークした「ビッグタレント」。前走は人気を裏切りましたが、差のない競馬はしていました。当日落ち着いて臨むのが条件ですが、その才能は無視できません。

    16 リラヴァティ
    三冠厩舎が送り込む「女王の後継者」。重賞で連続3着と力はありますが、今回は展開が微妙ですし、相手も強くなります。決め手に見劣るだけに、ここは厳しそう。

    17 ベルカント
    女だてらに朝日杯FSに挑戦した「栗色の麗人」。朝日杯の内容を見ると距離延長には疑問符がつきますが、前走では戦法に成長の跡を見せました。逃げて渋太い鞍上も不気味です。

    18 ハープスター
    一等星の系譜を継ぐ「燦然たる織姫」。決め手は断然で、G卦蕕任呂泙辰燭相手にならないスケール感があります。多少の不利は能力の違いで跳ね返せるでしょう。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック