calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

弥生賞予想 byびぜんや

0
    移転後最初の予想です。
    せっかくの機会なので、私の予想スタンスを書きますと、近走の内容、脚質、距離やコースの適性を重視。特にどんなメンバーと戦って、どんなステップでここに向かってきたかということを重視しています。……なので、下級条件から上がってきた上がり馬や、長期休養明けの馬を軽視して取りこぼす傾向があります(汗)。

    まぁ、結局は近走内容や相手関係を無視して、お気に入りの馬に◎を打って玉砕することも多いんですが。トゥザグローリーとか、トゥザグローリーとか、トゥザグローリーとか。そうやって好きな馬を応援し続けることが「週刊萌馬」を名乗る所以ですので、このへんは笑って見逃していただけると幸いです。

    ここの予想では、G気任魯轡襯靴鯊任辰殖尭、G僑猫靴任禄鼎ぅ轡襯靴鯊任辰殖監についてコメントを書いています。競馬にあまり詳しくない方でも、私が期待している馬や人気馬が、どういうプロフィールを持っているのか、知っていただけるように書くように心がけています。

    そんな感じで弥生賞の予想。
    ラッシュライフの仔、トゥザグローリーの弟、イタリアンレッドの甥という贔屓丸出し、これが「週刊萌馬」だッ! という予想で新規開店、一発目です。

    ◎3 アデイインザライフ
    昨年暮れに行われた新馬戦では、後方待機からひとまくりでライヴァルをひと呑みにする豪快な競馬を披露。
    続く前走・京成杯では最後方待機から末脚に賭け、ただ1頭35秒台の上がりを発揮しての3着。まさにスケール感たっぷりの大器です。
    540キロ台の雄大な馬格が目立つ馬だけに、ふたつ叩いた上積みは大きそう。大味なタイプだけに本質的には東京向きとも思えますが、デビュー戦で見せたように小回りの中山でマクリを決める立ち回りの巧さも持っています。
    ここもライヴァルをひとまくりで沈め、クラシックの舞台へと乗り込みます。

    ○10 トゥザワールド
    デビュー戦はバンドワゴンに6馬身千切られるほろ苦いものでしたが、2走目で圧倒的人気に応えて勝ち上がると、黄菊賞では好位から楽々と抜けだしてのレコード勝ち。
    そして出世レースの若駒Sも制し、着実に力をつけて、関東へ乗り込んできました。
    前走で距離はこなしていますし、黄菊賞を先行して押し切ったように、小回り向きの機動力を装備。全兄のトゥザグローリーは成長が遅く、ダービーにぎりぎり間に合った感じでしたが、こちらは順調に完成されてトライアルに臨んできました。
    ここはあくまでクラシックへの通過点、いや世界制覇への通過点です。

    ▲9 イタリアンネオ
    叔母に同じネオユニヴァース産駒のイタリアンレッドがいる良血馬。イタリアンレッドは09年に小倉で連勝してローズSに駒を進め、10年には3連勝でオープン昇格、11年には七夕賞、小倉記念、府中牝馬Sと重賞3連勝と固め打ちを得意にした馬で、連勝中の甥っ子にも3連勝の期待がかかります。
    前走・若竹賞は休み明け、昇級初戦、距離延長と3つの課題がありましたが、外を回る豪快な競馬で完勝。今回は相手がさらに強くなりますが、こちらは叩き2走目の上積みが期待できますし、さらなる距離延長で切れ味が生かせそうで、侮れません。

    △8 エイシンエルヴィン
    未勝利戦を勝ったばかりで臨んだ前走・きさらぎ賞では、3か月半の休み明けということで、+16キロと太め残りの馬体。
    それでもトーセンスターダム、バンドワゴンの強豪2頭と差のない3着に入り、4着以下には3馬身差。クラシック候補と遜色ない力の持ち主であることを示しました。
    前走が太め残りだっただけに、ひと叩きした効果は大きそうですし、強敵との対戦は大きな糧になっているはずで、ここでの走りが楽しみです。

    ×はメンバー中唯一の芝G欺仭馬の経験値に期待・13 サトノロブロイと、前走で◎に先着している6 キングズオブザサンを指名します。

    買い目は◎からのワイド流し。ヒモには7 アズマシャトルを加えた6点で。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    中山11レース 第51回弥生賞 ◎アデイインザライフ 〇トゥザワールド ▲キングズオブザサン △アズマシャトル・イタリアンネオ 見解 期待の関東馬◎アデイインザライフは相当な器。馬群の後方から大外をまくり上げ、3着に追い込んだ脚は一級品。美浦の重鎮・鈴木康
    • 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
    • 2014/03/09 10:22 AM
    ◎エイシンエルヴィン
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2014/03/09 10:47 AM
    <弥生賞> ◎10トゥザワールド ○11ワンアンドオンリー ▲07アズマシャトル △13サトノロブロイ 馬連 7−10−11−13 BOX馬券 コメント: 2月の重賞を勝ったトーセンスターダムやイスラボニータが 出走していないので、準々決勝といったところでし
    • ノースさんの競馬日記
    • 2014/03/09 12:20 PM
     第51回 弥生賞  中山2000M、芝A・内右、3歳、オープン、馬齢、皐月賞TR(3着迄優先出走権) ◎トゥザワールド 超・超・超良血 父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリーという競馬ファンにはたまらない超良血。トゥザグローリーの全弟です。阪神芝18
    • ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ
    • 2014/03/09 2:31 PM