calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞のみどころ〜桜花賞特集/7

0
    桜花賞特集の最後は、桜花賞のみどころチェック。
    牝馬三冠レースの開幕戦、その注目点をまとめてみました。

    ■最後の「阪神マイル」
    桜花賞の舞台となる阪神1600mは、引き込み線からスタートし、急カーブで2コーナーに合流する形態のため、内枠の馬は包まれ、外枠の馬は距離のロスを強いられるトリッキーなコースとして有名。
    しかし、このコースもこの夏から行われる外回りコースの新設工事で姿を消し、来年からの「阪神外回り1600m」は、向こう正面からのスタートになります。
    すなわち、このコースで行われるのはこれが最後。今年は最内をユメノオーラが引き、外枠にはシェルズレイ、フサイチパンドラ、タッチザピークが入りましたが、彼女らは「最後の阪神マイル」を克服出来るでしょうか。


    ■最後のSS産駒
    平成の日本競馬界に偉大な足跡を残した種牡馬・サンデーサイレンスの産駒がクラシックを走るのも今年が最後。SS産駒ではこれまでにチアズグレイス、スティルインラブ、ダンスインザムードの3頭が優勝しており、一昨年には8頭のSS産駒が出走したことも。
    今年はアドマイヤキッス、フサイチパンドラが出走。どちらも有力馬だけに、産駒4勝目なるかが注目されます。

    ■フサイチvsアドマイヤ
    そのアドマイヤキッスを所有する近藤利一オーナーの「アドマイヤ」軍団と、フサイチパンドラを擁する関口房朗オーナーの「フサイチ」軍団は、牡牝ともにことしの3歳戦線を賑わせる存在。この両者の対決が今年の3歳戦線のひとつの焦点ですが、その開幕戦となるのが桜花賞。
    2歳G?でフサイチパンドラ、フサイチリシャールが活躍した「フサイチ」を、アドマイヤキッス、アドマイヤムーン、アドマイヤメインの3騎が猛追、追い越した感じで迎えるクラシック本番ですが、さて凱歌はどちらに上がるでしょうか。

    ■関西馬vs関東馬
    とにかく関西馬が強いのがこの桜花賞。3歳牝馬には辛い長距離輸送と、トリッキーな阪神コースが厚い壁となって立ちはだかり、一昨年にダンスインザムードが勝つまで、実に17年の間、関東馬が勝つことはありませんでした。
    しかし今年は前哨戦を関東馬が席巻。関東から桜花賞馬が誕生しても不思議のないムードになって来ました。重賞連勝中のダイワパッション、ダンスインザムードと同じクイーンC勝ちのキストゥヘヴン、直前輸送を避け、栗東に滞在して万全を期すコイウタらが、桜冠の箱根越えを狙っています。


    コメント
    コメントする