calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞出走有力馬チェック?〜桜花賞特集/5

0
    ■ダイワパッション
    〜連勝街道をひた走る情熱家〜

    −フィリーズレビューで重賞連勝。乗りに乗ってる羽潮ちゃんです。
    羽潮「ちゃーっす!」
    −前走は仁川まで見に行ってたんだけど、突き抜けるようなあの末脚。驚いたよ。
    羽潮「あははっ。あれは自分でもびっくりだったね。ま、自信はあったんだけど。ちゃんと私の馬券、取ってくれたよね?」
    −それが……。距離延長、初の輸送がネックになると思って外してたんだ。ごめん。
    羽潮「そんなの全然問題じゃないのにな」
    −フェアリーSでは控えるレース、連闘。フィリーズでは輸送、距離。とにかく1レース毎に課題を克服して勝ってるのはさすがだね。
    羽潮「課題があるくらいの方が、レースは面白いのよ」
    −次も距離延長、相手強化となるけど……
    羽潮「問題ないない。それをどうやって克服するか、そう考えるとわくわくするのよ」
    −桜花賞も若い長谷川騎手とのコンビになるね。
    羽潮「私にもチャンスだけど、コーダイにもチャンスなんだよね。100勝にもリーチかかってるし」
    −羽潮ちゃんと長谷川騎手、両方にハッピーな結果になるといいね。
    羽潮「もちろんそのつもり。情熱の走りで、ゴールを突き抜けるよ!」



    ■タッチザピーク
    〜捲土重来を期す切れ味自慢〜

    −紅梅S勝ちの陽郁ちゃんです。
    陽郁「やっ。どもども」
    −前走・チューリップ賞では案外な9着。重賞の壁に当たった感じ?
    陽郁「やー、そんなつもりはないけどねー。ちょっとペースが合わなかったかなー、そんな感じ?」
    −マイルの流れが合わなかった。
    陽郁「仕掛けが早かったもんね、結果的に。今度はそんなことないつもりだけど」
    −次回もマイルだけど、こなせそう?
    陽郁「大丈夫じゃない? あれで流れはつかめたし」
    −中間は短期放牧で立て直し。調子は戻って来た?
    陽郁「バッチリだよ。正直、レースの時はテンション高かったし、その後は落ち込んだけど、今はだいじょぶ」
    −本番では紅梅Sで見せた鬼脚を披露したいね。
    陽郁「行きたい連中も多いみたいだし、今度はタメて、ズバッ、かな?」
    −最後に一言。
    陽郁「ま、今度は無欲の挑戦、だよね。紅梅Sの時みたいに人気薄での激走、狙ってるんだ。うまくいくといいけど。えへっ」


    ■テイエムプリキュア
    〜男勝りの2歳女王〜

    −2歳女王のなぎさちゃんです。
    なぎさ「ちわっ」
    −チューリップ賞では4着。デビューからの連勝が止まっちゃったね。
    なぎさ「む〜。それを言われると辛いんだよね」
    −冬の間も厩舎に残って調整して、調教でも好時計だしてたのに……
    なぎさ「まぁ、ね。でも、それはチューリップ賞のためにやって来たことじゃないから。桜花賞のためにやって来たことだから」
    −本番では巻き返す、と。
    なぎさ「当然」
    −主戦の熊沢騎手も帰って来るしね。
    なぎさ「黒鹿毛(ブラック)のわたしと、銀髪(ホワイト)の熊ちゃん。やっぱりふたり揃ってのプリキュアだからね。今度は違うよ」
    −なぎさちゃんの特徴と言えば、なんといっても男勝りのタフさ。今回は混戦となりそうだし、それが生きるかな?
    なぎさ「混戦は望むところだね。お嬢様育ちの連中とはひと味違うつもりだよ」
    −ここのところ、2歳女王は3歳になってからの成績がぱっとしないことが多いけど……
    なぎさ「でも、桜花賞を制した2歳女王もいるでしょ。私と同じ冠名の……」
    −目指すはオーシャンと同じ道なんだね。それじゃ、最後にひとこと。
    なぎさ「一度は終わったと思わせておいて、最後に勝つのがヒロインの道だからね。桜花賞のラストシーンが今から楽しみだよ」

    ■フサイチパンドラ
    〜波乱を巻き起こす気まぐれな西の魔女〜

    −フラワーC2着で滑り込み。パンドラちゃんです。
    パンドラ「くくっ。くふふふっ」
    −パ、パンドラちゃん?
    パンドラ「ふふふふふっ。やっぱり桜花賞の舞台は私を待っていたのよ。この私、波乱を呼ぶ乙女・パンドラをね」
    −新馬戦を圧勝、続くJF3着。しかしその後のレースは不完全燃焼が続いたけれど。
    パンドラ「それこそが私の真骨頂。ゲートというパンドラの箱が開け放たれた時、ターフに散るのは波乱という名の災厄なのよ」
    −しかしそれでも桜花賞には出ることができたね。
    パンドラ「桜花賞でまた、パンドラの箱を開けるためにがんばったのよ」
    −桜花賞ではどんなレースをするのかな?
    パンドラ「四角先頭、が理想ね。スタンドで馬券を握りしめる人々の希望、夢、絶望、諦め、その総てを目にすることが出来るから」
    −桜花賞でもたらされる災厄って? またパンドラちゃんが人気を裏切るということ?
    パンドラ「今回の人気は舞夜に譲ることになるでしょう。だけど、彼女の遥か先でゴールするのは私。彼女に賭けた人たちが、どんな気持ちで仁川の坂を先頭を切って駆ける私を見るのか、今から想像しただけでも、わくわくするわ」
    −やっぱり一番意識するのは舞夜ちゃん? フサイチvsアドマイヤ、というのも話題になっているけど。
    パンドラ「当然ね。どちらが真の良血か、桜花賞ではっきりさせるわ」
    −それでは最後に一言。
    パンドラ「幾多の波乱を演出した仁川マイルの舞台もこれが最後。最後の波乱は私が起こすから、しっかり目に焼き付けて欲しいわね」


    コメント
    コメントする