calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞出走有力馬チェック?

0
    ■トーセンベニザクラ
    出世レース・赤松賞を制した関東の一番桜。混戦でこそ生きる勝負根性が持ち味だ。その名に抱く桜に憧れ再び仁川の舞台に立つ。

    ◆かつてアパパネ、ダンスファンタジアらが勝った東京の出世レース・赤松賞で、内から極上の切れ味を発揮して勝った実績の持ち主。フェアリーSでも4頭横並びの接戦を制しており、一瞬の切れと勝負根性が生きる形になれば、ここでも手強い存在です。
    アネモネS5着の敗因は馬場ではっきりしてますし、走っても走っても人気しないタイプだけに、今回も穴馬としての魅力があります。
    ◇主な成績 フェアリーS優勝
    能力★★☆ 決定力★★☆ 適性★★☆


    ■ハナズゴール
    条件戦を衝撃の切れ味で勝ち上がると、チューリップ賞ではさらに切れ味が進化。世代の大物をまとめて斬り捨て、仁川のスタンドを静まり返らせた。もはや、伏兵ではない。

    ◆チューリップ賞では4番人気とはいえ、上位3頭とは離された評価。なんとか上位の一角に食い込めれば……という感じでしたが、終わってみれば関西の有力馬をまとめて薙ぎ払ってのV。衝撃的な超新星の誕生となりました。世代屈指の破壊力は本番でも期待できますが、極端すぎる脚質には取りこぼしの危険もつきまといます。前走で大きく減らした馬体の回復も課題となるでしょう。
    ◇主な成績 チューリップ賞優勝
    能力★★★ 決定力★★★ 適性★★★


    ■パララサルー
    大切に使われながら、中山マイルを3連勝。不器用な大外一気の競馬に徹しながら、ついに花舞台にやって来た。関西初見参、関東最後の秘密兵器が桜の下でベールを脱ぐ。

    ◆アネモネSでは不良馬場で、しかも出遅れたにもかかわらず、豪快な直線一気を決めて桜花賞切符を掴みました。父・ディープインパクト譲りの決め手は、世代上位と言っていいでしょう。
    懸念材料は3勝すべてが中山マイルでのもので、底力が問われる阪神マイルでどうか、という点。また、アネモネS組が本番で好走した例は稀ですし、今年のアネモネSの出走馬のレベルにも疑問符がつきます。
    ◇主な成績 アネモネS優勝
    能力★★☆ 決定力★★★ 適性★☆☆


    ■ファインチョイス
    函館2歳Sを制し、世代の一番星に輝いた少女。クラシックに手が届かなかった父の無念を晴らすべく、スピードに磨きをかけて挑む。

    ◆函館2歳Sを勝ち、ファンタジーSでは3着。しかしその後はふた桁着順の大敗が続き、かつての好敵手・アイムユアーズから大きく水をあけられてしまいました。
    成長力なのか、あるいは平坦向きなのか、距離に限界があるのか……敗因はいろいろ考えられますが、いずれにしても阪神マイルのG?で巻き返す……というのは想像しにくいのが現状です。
    ◇主な成績 函館2歳S優勝
    能力★☆☆ 決定力☆☆☆ 適性☆☆☆


    ■プレノタート
    デビューから8戦、一度も1番人気に推されたことのない目立たない少女。しかし振り返ればそこにプレノタート。末脚を生かし確実に上位争いに絡んでくる。

    ◆阪神JFでは15番人気7着、クイーンCでは9番人気4着、フィリーズレビューでは7番人気3着。重賞連対の実績はありませんが、末脚を武器に確実に人気より高い順位でゴールしています。
    単純な破壊力では上位人気馬に見劣るのは事実ですが、前崩れの流れになれば、末脚に徹した無欲の競馬が結果に結びつくかもしれません。
    ◇主な成績 フィリーズレビュー3着
    能力★☆☆ 決定力★☆☆ 適性★☆☆


    ■マイネエポナ
    先行力を身につけ、未勝利を脱して大変身。フェアリーS、アネモネSで立て続けに穴を開けた。二度あることは三度ある、大一番での激走に要警戒。

    ◆フェアリーSでは14番人気の低評価を覆して2着。アネモネSでは前走同舞台での重賞で2着していたにもかかわらず10番人気の人気薄でしたが、またも低評価を覆して2着と、2度も高配の立役者になりました。
    フェアリーSは4頭が同タイムに犇く混戦をうまく立ち回っての2着、アネモネSではパララサルーに並ぶ間もなく交わされての2着と、「強さ」が感じられないのは事実ですが、先行しての粘り腰と、立ち回りの巧さは本番でも不気味です。
    ◇主な成績 フェアリーS2着
    能力★★☆ 決定力★☆☆ 適性★☆☆


    ■メイショウスザンナ
    菜の花賞で大外から2着に突っ込んできたかと思えば、セントポーリア賞ではあれよあれよの逃げきり勝ち。変幻自在に成長を続ける曲者が、名手の手綱で仁川に舞う。

    ◆セントポーリア賞では鞍上の好判断に応え逃げきり勝ち。フラワーCでは一転、差しに回って賞金加算に成功、桜花賞に乗り込んできました。
    ジョッキーの意のままに動ける器用さがある反面、迫力に欠けるのは否めないところ。本質的には時計のかかる小回り向きでしょう。しかし、ライヴァルの隙をつき、展開に応じて浮上してくるしたたかさは不気味。内枠を引いたら面白い存在になりそうです。
    ◇主な成績 フラワーC2着
    能力★☆☆ 決定力☆☆☆ 適性★☆☆


    コメント
    コメントする