calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞出走有力馬チェック?

0
    ■オメガハートランド
    重馬場のフラワーCを豪快に差し切り、一度は落ちた評価を取り戻した。父譲りの切れ味で、世代の中心に立つか。

    ◆くるみ賞ではレコード決着の3着。フェアリーSでは枠順に泣かされ、タイム差なしの4着に敗れましたが、スムーズに運べたフラワーCでは、四角8番手から重馬場を豪快に突き抜け、重賞初勝利を挙げました。
    底力勝負の阪神マイルで、1800m勝ちの実績は大きなアドヴァンテージ。スムーズなら、今回も上位争いが期待できます。
    ◇主な成績 フラワーC優勝
    能力★★☆ 決定力★★☆ 適性★★★



    ■サウンドオブハート
    阪神JFでは1番人気に支持されながら、新星の台頭を許す屈辱の3着。しかし、紅梅Sを勝って失地回復したのがこの馬の非凡なところ。捲土重来の時は来た。

    ◆阪神JFでは外枠が災いし、アイムユアーズにも後れをとって3着。しかし紅梅Sでは窮屈になる場面もありながら、破格の末脚を発揮して勝利。非凡な才能を改めて示しました。
    一瞬の切れ味が生きる流れなら、G?でも通用しそう。しかし、紅梅Sから間隔が開いたのは懸念材料ですし、紅梅S出走組に桜花賞好走例が少ない、というデータも気になります。
    ◇主な成績 紅梅S優勝
    能力★★☆ 決定力★★☆ 適性★☆☆


    ■サンシャイン
    父はダービー2着のハーツクライ、姉は桜花賞4着のワンカラット。クラシックの夢が託された少女が目覚めたとき、まばゆい祝福の光がターフを満たす。

    ◆エルフィンSではスローな流れに呼応してすんなり好位につけ、そのまま突き放して楽勝。派手なパフォーマンスはありませんが、潜在能力の高さを見せました。
    エルフィンSから直行は、マルセリーナ、レッドディザイアと同じ、近年の有力ローテーションでもあり、今回は惑星的存在になりそうです。
    もっともエルフィンSの勝ち時計は最近10年ではもっとも遅く、過信は禁物とも思えますが……
    ◇主な成績 エルフィンS優勝
    能力★☆☆ 決定力★☆☆ 適性★★☆


    ■ジェンティルドンナ
    未勝利戦はワンサイドゲーム、シンザン記念では牡馬を一蹴。世代屈指のスケール感を誇る。急仕上げのトライアルを叩いて上昇急、満を持して世代の頂点に立つ。

    ◆メンバーレベルがどうだったか、という注釈はつきますが、シンザン記念勝ちはダイワスカーレットもドナウブルーも果たせなかった偉業。素直に評価していいと思います。
    チューリップ賞4着は中間に熱発があったことを考えれば度外視可能。その後の上積みは大きいと思いますが、トライアルを無理に使った反動が出るのでは……との懸念も残ります。
    ◇主な成績 シンザン記念優勝
    能力★★★ 決定力★★☆ 適性★★★


    ■ジョワドヴィーヴル
    キャリア1戦でG?を圧勝した、競馬史を塗り替える大器。目指すは姉の果たせなかった牝馬三冠か、あるいはダービーか。まずは花吹雪に包まれ、歓喜の一冠を戴く。

    ◆阪神JFでは圧倒的な破壊力でライヴァルを粉砕したものの、チューリップ賞では馬込みでレースを進め、伸びあぐねる形での3着。経験の浅さ、というのもあったでしょうし、小柄な牝馬だけに、馬群の中で競馬するのは合わないのかもしれません。
    とはいえ、始動戦としてはまずまずの内容。アパパネもダイワスカーレットも、始動戦ではとりこぼしても本番では巻き返しています。
    現状では大外一気がベストの選択で、内枠は引きたくないところです。
    ◇主な成績 阪神JF記念優勝
    能力★★★ 決定力★★★ 適性★★★


    ■ダームドゥラック
    北国の夏を駆け抜けた快速牝馬。休み明けを叩き、桜舞台に照準を合わせている。強敵相手にどこまでやれるか、胸踊る挑戦が始まる。

    ◆デビューから2連勝したものの、相手が骨っぽくなった秋以降は、掲示板にも載れず3連敗。今回は未知のマイル戦でもあり、ちょっと手が出せません。
    シンボリクリスエス産駒という血統面を考えれば距離はこなせそうですし、休み明けをひと叩きした上積みもあると思いますが……。
    ここである程度の結果を残せれば、サマースプリントシリーズでは台風の目になるかもしれません。
    ◇主な成績 ラベンダー賞優勝
    能力★☆☆ 決定力☆☆☆ 適性☆☆☆


    コメント
    コメントする