calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

皐月賞 先取り展望

0

    桜花賞 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 6,14総流し
    【びぜんや】単勝 10,12,15,18 複勝 10,12,18 馬連流し 15−6,10,12,14,18 馬連 10−14 ワイド流し 15−10,12,18


    月見亭「催花雨を味方につけて夏の女王が桜冠奪取!」
    びぜんや「桜花賞を勝ったのはレーヌミノル。先団でレースを進め、直線を向くとソウルスターリングの機先を制する形で進出。最後までしぶとく伸びきった」
    月見亭「小倉2歳Sで圧勝したあとは惜敗続き。ここは8番人気まで人気を下げていたけれど、巻き返した」
    びぜんや「ダイワメジャー×タイキシャトルだから時計のかかる馬場になり、瞬発力勝負にならなかったのが大きかったね。距離はぎりぎりだっただろうけれど、池添騎手が絶妙のタイミングで追い出して脚を使い切った」
    月見亭「小倉2歳S勝ち馬のクラシック制覇は初、フィリーズレビュー組の桜花賞制覇はレジネッタ以来。異色づくめの桜花賞馬が誕生」
    びぜんや「桜花賞馬が渋った馬場で行われるのが20年ぶりって言うんだから、異例の桜花賞ではあったよね」
    月見亭「さて、このあとレーヌミノルはどこへ向かうのか」
    びぜんや「オークスになるのか、NHKマイルCになるのか、あるいは使い詰めだったから一度休ませて北九州記念から始動になるのか。個人的にはスプリントで使ってほしいね」
    月見亭「2着は私の◎リスグラシュー。中団待機から鋭く追い込んだけれど勝ち馬には届かず」
    びぜんや「とはいえ天敵・ソウルスターリングに一矢報いたのだから、目的の半分は達したとも言える。武豊騎手執念の騎乗が光ったね」
    月見亭「圧倒的1番人気に支持されたソウルスターリングは3着まで」
    びぜんや「馬場かな。レーヌミノルを追って進出したもののじわじわと差を詰めたのみ。逆にリスグラシュー、カラクレナイ、アエロリットの急襲に遭い、複勝圏確保がやっとだった」
    月見亭「キミの◎アドマイヤミヤビは12着に大敗。3コーナーからムチが入って、いかにも走りにくそうだったね」
    びぜんや「カワキタエンカが飛ばして11秒台のラップが続く澱みのないレースになった。中距離指向のこの馬にとって経験のない“激流”となったのも敗因か」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○◎)でハズレだけど、馬券は三連複軸2頭総流しで的中。ソウルが絡んで50倍ならまぁおいしい配当だったかな。でも『3歳重賞馬連』やってたわけだし、ソウルスターリングが3着に沈んだことを考えると、ここは◎から馬連にしておけばよかったなぁ……」
    びぜんや「僕は(▲×○)でハズレ、馬券は抑えで買っておいたレーヌミノルの単複が的中してリカヴァリ成功。しかし予想にも書いていた通り、当初の◎はレーヌミノルだったから……ビビって替えなきゃよかった……」
    月見亭「結局は阪神JFの上位馬が桜花賞でも上位を占める結果に。勢力図は大きく変わらなかった、ということになるのかな」
    びぜんや「しかしカラクレナイやアエロリットが肉薄していたし、良馬場だったら、ファンディーナがここにいたら、というイクスキューズが残るレースでもあった。オークスでその回答が出るのだろう」
    月見亭「さて、来週は中山で牡馬クラシックが開幕」
    びぜんや「そこに今年は牝馬も参戦、皐月賞!」


    桜花賞予想 byびぜんや

    0

      松坂桃李さん、土屋太鳳さんらが出ている「HOT HOLIDAYS!」のJRAコマーシャル。
      まぁあの連中ときたら、桜花賞の時期になってもあの体たらくで、有馬記念までにちゃんと競馬覚えられるのだろうか、競馬を楽しめるのだろうかと心配しながら眺めてたりするわけですが。
      このブログのもうひとりの予想人もついこないだまで、牝馬三冠がどのレースとどのレースとどのレースかも、菊花賞が何m走るのかも知らないで予想を書いてもなんとかなってたので、まぁ、きっとなんとかなるんでしょうね。

       

      ◎はアドマイヤミヤビ


      桜花賞 出走有力馬チェック

      0

        10 レーヌミノル
        スピードに愛された夏の女王

        ◇小倉2歳Sでは衝撃的な6馬身差勝ち。粒揃いの今年の3歳牝馬のなかでも、スピード能力は傑出しています。マイルはぎりぎりという感じですが、将来スプリント戦線を賑わせそうなスピードは魅力ですし、オークスも見据えたライヴァルに対し、こちらは桜花賞こそがメイチ。展開次第では面白いことになりそうです。


        11 アロンザモナ
        展開不問の京女

        ◇紅梅Sを勝って賞金を加算、ここに駒を進めてきました。とはいえ、ここまで強い相手と接戦したような戦歴はなく、格的に見劣るのが実情。チューリップ賞はたたき台と割り切れる舞台ではありましたが、それにしても見せ場も作れず沈んでしまいました。相手がさらに強くなるここで果てが出ません。


        12 アエロリット
        西に飛来した芦毛の秘密兵器

        ◇ミッキーアイルの近親という血統らしく、スピードが前面に出ている印象。フェアリーSでは小回りの中山でそれが生きましたが、最後は勝ち馬の目標にされて2着、クイーンCは仕掛けが早すぎて直線伸びを欠き2着。現状では器用さと先行力が生かせるコースの方が合っており、阪神外回りではよほど展開が向かないと……という気がします。


        13 ヴゼットジョリー
        牡馬相手に牙を研いだ美しき野獣

        ◇新潟2歳Sを勝ったあとは阪神JFで5着、アーリントンCで4着。堅実に、しかも人気よりいい着順を残してはいますが、いまひとつ目立っていないのが正直なところです。切れ味では見劣るだけに、展開の助けが欲しいところ。相手なりに走れる強みで上位を窺いたいところです。


        14 ソウルスターリング
        散ることを知らない絶対女王

        ◇新馬戦こそクビ差ですが、あとは後続に1馬身以上の差をつけて完勝。今回は不動の中心でしょう。好位で競馬が出来て、自分から動いて押し切れるのは強み。過去の桜花賞馬と比べても安定感は上位と感じられます。あえて不安点を探すなら、負けていないことが不安点でしょうか。ライヴァルの包囲網をどうくぐり抜けるか、注目です。


        15 アドマイヤミヤビ
        上昇気流を掴んだ二冠候補

        ◇東京新聞杯より早い時計で駆け抜け、レーヌミノルらを退けたクイーンC、カデナとアウトライアーズを退けた百日草特別は高く評価できます。重箱の隅を突つくならクイーンCからの直行というローテと、ローテーション的にも血統的にも中長距離指向が強い点。とはいえ阪神外回り向けの決め手も持っており、主力候補の1頭でしょう。


        16 ミスパンテール
        眠りから覚めた神秘の女豹

        ◇今年の桜花賞で最大の惑星です。札幌の新馬戦以来となったチューリップ賞でソウルスターリングとリスグラシューの間に割って入る2着。まだまったく底を見せていませんし、長休明けをたたいた上積みも期待出来ます。とはいえ、前走だけでG気把麺僂垢襪犯獣任垢襪里眛颪靴、取捨に迷う1頭です。


        17 ディアドラ
        経験豊富ないぶし銀

        ◇8戦1勝ながら、重賞を含めて1度も掲示板を外していないという安定株。先行しても差しに回っても勝ち負けに持ち込める安定感が光ります。しかし500万下でも勝ちきれない馬にG気呂いにも荷が重い感じ。ファンタジーSでミスエルテと僅差の戦いを演じたことを根拠に、穴馬に指名しても面白いですが。


        18 カワキタエンカ
        桜舞台に立つ波乱の歌姫

        ◇チューリップ賞が完敗だっただけに強くは推せませんが、千両賞でのちに重賞を勝つ牡馬2頭と接戦を演じていたのは注目したい戦歴です。君子蘭賞を強気な競馬で押し切って再上昇。勢いを味方に大外枠から思い切った競馬をすれば、面白いことも起こせそうです。


        桜花賞 出走有力馬チェック

        0

          今年も恒例の桜花賞出走馬プレビューを書いてみました。

           

          1 ミスエルテ
          牡馬相手にも怯まない未完の大器

          ◇朝日杯FS1番人気4着の評価が難しいですね。例年なら阪神JF勝ちと同等の評価が出来るところですが、今年牝馬の方が層が厚いといわれており、朝日杯でミスエルテがマークした時計は阪神JFに置き換えると13着相当。朝日杯の上位2頭は皐月賞のトライアルで結果を残せませんでした。とはいえ、デビュー2戦の勝ちっぷりは鮮烈でしたし、有力どころと未対戦の魅力も。休み明けでも抑えは必要でしょう。


          2 ライジングリーズン
          昇陽のように直線を射抜く黒潮の姫君

          ◇フェアリーSを10番人気で勝ったときはフロックかとも思いましたが、続くアネモネSでは力の違いを見せて快勝。桜戦線の中心に飛び込んできました。とはいえ一線級とはほとんど未対戦ですし、関西遠征も初めてで積極的には買いにくい印象。機動力と血統を考えると、秋華賞で面白そうな存在です。


          3 サロニカ
          未知の魅力を秘めたDの衝撃

          ◇エルフィンSでは逃げきり勝ちを収めていますが、本質的には好位〜先団から進めて切れ味を生かすのが持ち味。阪神へのコース替わりと、ほかに行きそうな馬がいるメンバー構成はプラスに出ると見ます。桜花賞ではおなじみといえる、ディープインパクト産駒であるところもセールスポイントです。


          4 ジューヌエコール
          不沈艦を沈めるか内枠の波動砲

          ◇デイリー杯2歳S勝ちの実績は例年なら大きく威張れるもの。阪神JF11着、フィリーズレビュー4着はともに不利があっての結果で、度外視可能です。デビュー3連勝の相手が軽かったので評価は難しいですが、強敵相手に力負けしていないのも事実。内枠を克服できれば浮上の期待が持てます。


          5 ベルカプリ
          ◇逃げたら簡単には捕まらないタフガール

          抽選で出走にこぎ着けた9戦2勝馬ですが、未勝利時代にアドマイヤミヤビやキョウヘイと差のない競馬をしており、デイリー杯2歳Sでも僅差5着に健闘。自分でレースを作れる強みもあります。フィリーズレビューが負けすぎで手が出ませんが、潜在能力は秘めています。


          6 リスグラシュー
          ◇捲土重来を期して桜舞台へ

          阪神JFでは後方からの競馬でソウルスターリングの2着。この時は春には逆転可能とも思えましたが、チューリップ章では子供扱いされミスパンテールにも後れをとって3着に沈みました。後ろから直線に賭ける競馬では逆転不可能。さて、先行策で真っ向勝負するのか、いつもの競馬で着を拾いに行くのか……。


          7 ショーウェイ
          我が道を貫く快速DNA

          ◇父がメイショウボーラーで母父がフジキセキ、近親にリアルインパクトやアイルラヴァゲイン、ネオリアリズムがいる血統で、当然の如くスピードに溢れた逃げ馬になっています。ハイペースで後続に脚を使わせるタイプの逃げ馬で、展開の鍵を握りそう。ただ、距離はもっと短い方がよさそうですね。ソウルスターリングがこの馬に手こずるようだと、後続各馬の出番となります。


          8 カラクレナイ
          世界を紅色に塗り替える一気の豪脚

          ◇デビュー戦こそ不覚をとったものの、その後3連勝でクラシックに歩を進めてきました。4戦中3戦で最速上がりを記録し、一気に先行馬を呑みこんでしまう鋭い末脚は脅威。マイルは未知の距離ですが、上がり勝負なら十分勝ち負けになるはずです。


          9 ゴールドケープ

          闘志を内に秘めた優等生
          ◇重賞では上位争いを演じ、阪神JFでも6着に健闘。相手なりに走れる強みはありますが、勝ちきれないという弱みがある、そんな印象です。上がりのかかるレースでタフさを生かすのが向いている印象で、阪神マイルは不向きな感じがします。


          桜花賞 先取り展望

          0

            大阪杯 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 7,14−総流し
            【びぜんや】単勝 10 複勝 10 馬連ボックス 4,5,12,13 馬連流し 12−1,7,10,14


            月見亭「桜より先に満開宣言! 浪花の春に凱歌を上げた!」
            びぜんや「G蟻膾綰佞僚藺緲ゾ’呂傍韻い燭里魯タサンブラック。道中3番手追走から直線半ばで逃げ馬を捉え、悠々押し切った」
            月見亭「まさに横綱相撲という感じの完勝。マルターズアポジーが快足を飛ばし、後ろでサトノクラウンやステファノスがマークしていても関係なかったね」
            びぜんや「他馬より先に動いて、そのまま押し切れるのがこの馬の強みだよねぇ。小回りコースでその強みがさらに生きた」
            月見亭「2着は好位から抜け出したステファノスで、これが3度目のG偽筌瓮瀬襦
            びぜんや「キタサンのような先行力はなく、まとめて面倒見るほどの決定力はなく。地力と器用さはあるから上位にこられるけれど、もうひと皮むけたいところだね」
            月見亭「3着にはヤマカツエースが突っ込んだ」
            びぜんや「自分の競馬は出来た、上位との力比べは出来た、という感じかな。枠が内枠だったら2着はあったかもしれない」
            月見亭「キミの◎アンビシャスは後方から最速上がりをマークして突っ込むも5着止まり」
            びぜんや「マークする相手を間違えたんじゃないかなぁ、という気がするな。33.6秒の上がりを使って届かないんじゃ、お話にならない。馬群が凝縮するシーンがなくて、決め手を生かしきれなかったね」
            月見亭「私の◎サトノクラウンは先行策から脚を伸ばしたけれど、最後に止まって6着」
            びぜんや「弥生賞を勝ってはいるけれど、やはりこの馬に2000mは短かったようだ。機動力のあるタイプでもなく、ここではレースを組み立てにくかったね」
            月見亭「G犠些塀蘋錙△泙困錬曳嵜裕い勝ってレースの位に相応しい結果になったのかな。7番人気が2着にきたとはいえ、おおむね上位人気が上位を占めて、力の差が素直に結果に出た印象」
            びぜんや「モンドインテロの馬券を持っててこう言うのもなんだけど、やはりG気篭い馬が勝たないとね。ただ、先週も言ったけれど牝馬の強いところや、マイルからの転戦馬も来るとレースはより難しく、面白くなるんだろうな」
            月見亭「そうなると秋の天皇賞と比肩するレースに育ってくるね」
            びぜんや「待望された春の古馬中距離G機どのように育つか、楽しみに見ていこう」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲×−)でハズレ、馬券もハズレ」
            びぜんや「僕は(○△▲)で馬連的中、馬券も大阪杯デー馬連でプレミアのついた馬連が的中。しかしどれに◎を打とうか迷った4頭の内、◎を打たなかった3頭で決まるとは……」
            月見亭「ま、馬券が当たったなら結果オーライだよね」
            びぜんや「うむ、前向きに捉えよう」
            月見亭「私は前向きに捉える要素がないけどね……」
            びぜんや「えー……。さて、来週からはいよいよ3歳クラシックがスタート。その開幕戦は阪神で桜花賞だ」


            桜花賞出走馬チェック2015 byびぜんや

            0
              今年もやって来ました、桜花賞。
              というわけで、簡単ではありますが、今年も出走全馬をチェックしてみました。
              予想の参考になるかどうかは分かりませんが、お楽しみいただければ幸いです。

              桜花賞出走馬チェック2014 byびぜんや

              0
                華のクラシック開幕戦、桜花賞。
                ということで、簡単ではありますが今年も全出走馬をチェックしてみました。
                 

                牝馬限定重賞の傾向から桜花賞の穴馬を探す

                0
                  ファンタジーSからフラワーCまで、現3歳世代の牝馬限定重賞7レースを振り返ると、堅く収まったと言えるのは、2−1−6番人気で決まったクイーンCぐらいで、
                  ファンタジーSが8−4−1番人気の組み合わせで馬連11,000円、三連単106,860円。
                  阪神JFは4−8−1番人気の組み合わせで馬連4,870円、三連単62,850円。
                  フェアリーSは3−14−5番人気の組み合わせで馬連33,120円、三連単509,720円。
                  チューリップ賞は4−3−1番人気と比較的人気サイドの決着でしたが、馬連8,070円、三連単57,290円。
                  フィリーズレビューは1−8−7番人気の組み合わせで馬連2,700円、三連単50,550円。
                  フラワーCが6−1−10番人気の組み合わせで馬連2,190円、三連単114,060円。
                  ついでにアネモネSは、1−10−15番人気の組み合わせで馬連5,590円、三連単は1,061,060円の大波乱。

                  6番人気以下の馬が連絡みする一方、1番人気が3着に沈む例も多く、馬連でも結構好配当となっている例が見られます。

                  各レースで連対し、穴を開けた馬を改めて見てみると……



                  桜花賞出走有力馬チェック?

                  0
                    ■トーセンベニザクラ
                    出世レース・赤松賞を制した関東の一番桜。混戦でこそ生きる勝負根性が持ち味だ。その名に抱く桜に憧れ再び仁川の舞台に立つ。

                    ◆かつてアパパネ、ダンスファンタジアらが勝った東京の出世レース・赤松賞で、内から極上の切れ味を発揮して勝った実績の持ち主。フェアリーSでも4頭横並びの接戦を制しており、一瞬の切れと勝負根性が生きる形になれば、ここでも手強い存在です。
                    アネモネS5着の敗因は馬場ではっきりしてますし、走っても走っても人気しないタイプだけに、今回も穴馬としての魅力があります。
                    ◇主な成績 フェアリーS優勝
                    能力★★☆ 決定力★★☆ 適性★★☆



                    桜花賞出走有力馬チェック?

                    0
                      ■オメガハートランド
                      重馬場のフラワーCを豪快に差し切り、一度は落ちた評価を取り戻した。父譲りの切れ味で、世代の中心に立つか。

                      ◆くるみ賞ではレコード決着の3着。フェアリーSでは枠順に泣かされ、タイム差なしの4着に敗れましたが、スムーズに運べたフラワーCでは、四角8番手から重馬場を豪快に突き抜け、重賞初勝利を挙げました。
                      底力勝負の阪神マイルで、1800m勝ちの実績は大きなアドヴァンテージ。スムーズなら、今回も上位争いが期待できます。
                      ◇主な成績 フラワーC優勝
                      能力★★☆ 決定力★★☆ 適性★★★



                      続きを読む >>

                      | 1/4PAGES | >>